【おもちゃデジカメ クロニクル 31】意外と普通 AXIA iX-20

さて、今回のおもちゃデジカメクロニクルは、富士フイルムの廉価ブランドAXIAから販売されたiX-20の紹介です。

AXIA iX-20の外観

AXIAブランド第2弾 iX-20

AXIA iX-20の外観

AXIAが低価格デジカメiX-1を販売したのは、2001年4月。

【おもちゃデジカメ クロニクル 17】機種編 07 AXIA iX-1
さて、今回のおもちゃデジカメクロニクルは富士フイルムの廉価ブランドAXIAから販売されたiX-1の紹...

ユニークな形状が特徴的な低価格デジカメでした。そのわずか3ヶ月後の2001年7月、iX-20を発売します。

富士フイルムアクシアが、エントリークラスのコンパクトデジタルカメラを発売 @xia iX-20(Ascii.jp 2001.6.21)
アクシア、35万画素のコンパクトデジカメ「@xia iX-20」(ケータイwatch 2001.06.21)

iX-1とはうって変わって、普通の見た目のデジカメです。持つ部分はラバーを使った滑り止め加工がされています。サイズは少し大きいですが、わりと高級感のあるデザインです。

そして、機能的にもずいぶんと進化していました。画素数はそれほど変わりませんが、フラッシュが付き、ビデオ出力、スマートメディアにも対応しています。こちらがマクセルWS30やカシオLV-10の対抗機種といって良いでしょう。

内蔵メモリは持たず、スマートメディアにデータを保存することから、8MBスマートメディアが付属するのが特徴です。

iX-20仕様

AXIA iX-20のパッケージ

  • 画像素子:35万画素CMOSイメージセンサー
  • 出力解像度と保存可能枚数:高解像度(640×480) 約133枚、低解像度(320×240) 約530枚、保存可能枚数は付属8MBスマートメディアの場合
  • メモリ:スマートメディア(3.3V、4~64MB、8MB同梱)
  • レンズ:F2.2 f=6.4mm
  • シャッタースピード:自動、1/30~1/1500秒
  • 撮影範囲:0.7m~∞
  • ファインダー:実像式光学ファインダー
  • 内蔵フラッシュ:撮影可能距離 1.2~2.5m
  • サイズ:105×63×37mm(幅×高さ×奥行き)突起部含まず
  • 重量:約120g(電池、スマートメディア含まず)
  • 電源:単3形アルカリ電池×2本
  • 本体カラー:ゴールド、ブルー
  • 付属品:USBケーブル、ストラップ、CD-ROM、ソフトケース、取扱説明書、単3形アルカリ乾電池2本、ビデオケーブル、スマートメディア(8MB)
  • 製造国:中国
  • 販売価格:オープン

AXIA iX-20の付属品

ヤフオクで手に入れましたが、ケーブルや説明書が欠品していました。

各部紹介

AXIA iX-20の外観

レンズはF2.2 f=6.4mmです。レンズの前に透明レンズカバーが付いています。取扱説明書がないため、このフィルターに何か意味があるのかわかりません。ただ、レンズを保護するだけのものなのでしょうか。

AXIA iX-20の外観

レンズ下のスイッチにより、レンズカバーは開きます。

AXIA iX-20の外観

背面はこのようになっています。

AXIA iX-20の外観

右側に電源スイッチとシャッターボタン。電源ONの状態でも、3分間何もしないと自動的にオフになります。その場合は一度電源をOFFに戻してから、ONにしなければなりません。ちょっと面倒です。

AXIA iX-20の外観

ストロボ/エンターボタンの意味がわかりづらいです。ファインダーにはブライトフレームがあります。

AXIA iX-20の外観

本体右側に、ストラップ穴とスマートメディアスロット。グリップ部分はラバー製で、経年劣化でねちゃついています。

AXIA iX-20の外観

メディアスロットを開けたところ。

AXIA iX-20の外観

スマートメディアはスロットというより、隙間に差し込む感じです。

AXIA iX-20の外観

本体左側は、パソコン接続用のコネクタとビデオ出力端子。パソコンとの接続は専用コネクタです。

AXIA iX-20の外観

本体下部は電池カバーと三脚穴。

AXIA iX-20の外観

単3形アルカリ乾電池2本使用します。

パソコン用ソフト

スマートメディアにデータを保存しますが、スマートメディアリーダーを持っていない人のために、ドライバーソフトも付属しています。マスストレージクラス対応ではないので、ドライバーが必要なのです。要はケーブルを接続しても、カメラの中のスマートメディアの内容がそのままでは扱えないということです。

この辺は現在の感覚では理解しがたいところですね。USB規格自体が、まだまだ発展途上でした。

実写画像

残念なことに、入手したカメラはまともに写りませんでした。

DSC_0002

センサーがおかしくなっているようです。ピントは合わないし、謎のトンネル効果も出ています。

iX-20を購入した人のサイトを見る限り、写りはなかなか良いようです。

まとめ

以上、AXIA iX-20の紹介でした。実写画像がなくて申し訳ないところです。

先に発売したおもちゃっぽいiX-1とは違い、わりと普通のデジカメになっています。デザイン的にも高級感があって良いのではないかと。

スマートメディア対応。
高級感のあるデザイン。
スマートメディアへの書き込みに少し時間がかかる。
オートパワーオフからの復帰が面倒。
おもちゃデジカメ クロニクル 目次
2000年前後に発売されたおおむね200万画素以下で、発売時の価格が1万円前後以下のデジカメをおもちゃデジカメと定義し、発売時の情報や商品を系統立てまとめていくサイトです。
【おもちゃデジカメ クロニクル 9】メーカー編 07 富士フイルムアクシア
さて、メーカー編第7回目は、富士フイルムの低価格デジカメブランド、AXIA(アクシア)。 ...