スーパーカブ90カスタム、変遷をたどる

さて、今回は私の購入した、スーパーカブ90カスタムの歴史を見ていきたいと思います。

60th_history

スーパーカブの歴史に関する本は多数販売されておりますが、多岐に渡りすぎていてわかりづらい。そこで、90ccモデルに関することのみをピックアップしようかなと。

あまりに古いモデルからを取りあげても、長くなるだけなので、90カスタムの歴史をたどるという形で、1982年モデルから始めていきます。

購入を検討されている方に、モデルの違いを確認する参考にしてください。ホンダのニュースリリースを元に、各種サイトや本を参考にさせていただいています。

Honda | バイク製品アーカイブ 「スーパーカブ 90」
Hondaのホームページです。4輪製品、2輪製品、汎用製品、モータースポーツ、テクノロジー

1982年 角目のスーパーカブ登場

sc_1982

スーパーカブのカスタムというグレードの特徴と言えば、なんと言っても角型ライト・ウィンカー・ミラー。

従来のスーパーカブが丸目で曲線的なデザインだったのと違い、全体的に直線的なデザインをされています。

このような角型ライトを初めて搭載されたスーパーカブ90 SDX(スーパーデラックス)が登場したのは、1982年のこと。

セルなしモデルと、セル付きモデルがあり、カラーはライトカッパーメタリックのみ。標準価格は、セルなし 160,000円、セル付 171,000円

超低燃費リッター当り150kmを実現 新型ホンダスーパーカブ50を発売
本田技研工業の広報発表ニュース - 本田技研工業(株)は、すぐれた経済性や耐久性、扱い易さで好評のビジネス車「スーパーカブ50」に驚異的な超低燃費(150km/L:30km/h定地走行テスト値)と出力向上を実現した新設計エンジンを搭載し、扱い易さもより向上させて4月12日より発売する。

1986年 12V化、ハロゲンヘッドライト採用

sc_1986

1986年、スーパーカブ全車の電装系が、6Vから12Vになりました。それ以外にも、ハロゲンヘッドライト、キー付タンクキャップが採用。カスタム以外では、大型リア・キャリアを採用。

また、90ccラインナップが、一般型(丸目)ボディでセル無しのデラックスと、角型ボディでセル付きのカスタムに。これ以降、モデル終了までこのラインナップは変わらず。

カラーはカノープスレッドメタリック、アドベンチャーブルーメタリック。90カスタムで赤色のボディは、この時期のモデルのみ。標準価格は180,000円。

ビジネスバイク「ホンダ・スーパーカブ」シリーズの装備をより充実して発売
本田技研工業の広報発表ニュース - 本田技研工業(株)は、昭和33年の発売以来生産累計1,650万台(昭和61年3月末現在。KDを含む。自工会調べ。)を記録、世界中の人々に最も愛されているオートバイ「ホンダ・スーパーカブ」シリーズの装備をより充実させ発売する。

1991年 エンブレム、ストライプのデザイン変更

sc_1991

1991年には、フロントカバー・エンブレムとストライプのデザインを変更。DXは右ミラーのみだったのが、左ミラーが装備されるように。

本体カラーはカノープスレッドメタリックが無くなり、アドベンチャーブルーメタリックとカニンガムグリーンメタリックに。標準価格は188,000円。

ビジネスバイク「ホンダ スーパーカブ」シリーズの細部を変更し発売
本田技研工業の広報発表ニュース - 本田技研工業(株)は、1958年の発売以来生産累計1,964万台以上を記録し、世界中の人々に最も愛されているオートバイ「ホンダ スーパーカブ」シリーズ、4機種10タイプの細部を変更し、10月22日より発売する。

1993年 エンブレム変更

sc_1993

1993年はエンブレムの変更のみ。実質の値上げか。

本体カラーはアドベンチャーブルーメタリックとカニンガムグリーンメタリックと変わらず。標準価格は194,000円。

ロングセラーのビジネスバイク「ホンダ スーパーカブ」シリーズの細部を変更し発売
本田技研工業の広報発表ニュース - 本田技研工業(株)は、1958年の発売以来生産累計2,000万台以上を記録し、世界中の人々に愛用されているロングセラーのビジネスバイク「ホンダ スーパーカブ」シリーズ、4機種10タイプの細部を変更し、「スーパーカブ 70/90」シリーズを4月7日より、「スーパーカブ 50」シリーズを...

1995年 シート底板が樹脂化

sc_1995

1995年は、シート底板の材質をスチールから樹脂製にし、センタースタンドの形状を変更。サイドカバー部のエンブレムを立体化し、シート下側車体両サイドのストライプを変更。

本体カラーはアドベンチャーブルーメタリックとカニンガムグリーンメタリックと変わらず。標準価格は197,000円。

ロングセラーのビジネスバイク「ホンダ スーパーカブ」シリーズの細部の変更とタイ製ビジネスバイク「スーパーカブ 100」のカラーリングを変更し発売
本田技研工業の広報発表ニュース - 本田技研工業(株)は、1958年の発売以来生産累計2,200万台以上を記録し、世界中の人々に愛用されているロングセラーのビジネスバイク「ホンダ スーパーカブ」シリーズ(50cc、70cc、90cc)の細部を変更し、2月10日より発売する。また、'88年、'89年、'94年と輸入販売し...

1996年 タフアップチューブ採用

sc_1996

1996年には、パンク防止液を封入した、新開発の「TUFF UPチューブ」を採用。

本体カラーが刷新。アドベンチャーブルーメタリックが無くなり、ムーンストーンシルバーメタリックとタスマニアグリーンメタリックに。標準価格は変わらず、197,000円。

ロングセラーのビジネスバイク「ホンダスーパーカブ」シリーズにパンクの防止に効果的な「TUFFUP(タフアップ)チューブ」を標準装備し発売
本田技研工業の広報発表ニュース - 本田技研工業(株)は、1958年の発売以来生産累計2,500万台※以上を記録し、多くの人々に愛用されているロングセラーのビジネスバイク「ホンダスーパーカブ」シリーズ(50cc、70cc、90cc)に、パンクの防止に優れた効果を発揮する新開発の「TUFFUPチューブ」を標準装備し、12...

1998年 マフラーガード装着、ドラム径が130mmに

sc_1998

1998年には、マフラーガードが装着され、フロントブレーキのドラム径が110mmから130mmに。

本体カラーはムーンストーンシルバーメタリックとタスマニアグリーンメタリックに加え、アドベンチャーブルーメタリックが復活。標準価格は変わらず、197,000円。

ロングセラーのビジネスバイク「ホンダ スーパーカブ」シリーズの細部を熟成し発売
本田技研工業の広報発表ニュース - 本田技研工業(株)は、1958年に初代モデルを発売以来、生産累計2,700万台※以上を記録し、多くの人々に愛用されているロングセラーのビジネスバイク「ホンダ スーパーカブ」シリーズ(50cc、70cc、90cc)の細部を熟成し、スーパーカブ50、プレスカブシリーズは12月12日より、...

2000年 排出ガス規制対応

sc_2000

2000年は、排出ガス規制に対応させるため、キャブレターのセッティング変更などを。エアクリーナーのエレメントの形状が変更されている。

本体カラーはムーンストーンシルバーメタリック、タスマニアグリーンメタリック、アドベンチャーブルーメタリック。標準価格は変わらず、197,000円。

ロングセラーのビジネスバイク「ホンダ スーパーカブ90」の細部を変更し発売
本田技研工業の広報発表ニュース -  本田技研工業(株)は、1958年に初代モデルを発売以来、生産累計約2,850万台を記録し、多くの人々に愛用されているロングセラービジネスバイク「ホンダ スーパーカブシリーズ」の「ホンダ スーパーカブ90」について細部を変更し、国内の排出ガス規制に適合させ9月14日より発売する。

2002年 90カスタム、ラストモデル

sc_2002

2002年は最後のマイナーチェンジ。2009年に110ccモデルが販売されるまで継続販売され、これがラストモデルに。

トップカバーエンブレム、ボディーステッカーが変更、レッグシールドのエンブレムが無くなり、盗難抑止システムとして別売のアラームキットが装着できる配線を装備。

本体カラーはタスマニアグリーンメタリックが無くなり、ムーンストーンシルバーメタリックとアドベンチャーブルーメタリックに。標準価格は205,000円。

ロングセラーのビジネスバイク「スーパーカブ」シリーズをマイナーチェンジし発売
本田技研工業の広報発表ニュース - Hondaは、1958年に初代モデル「スーパーカブC100」を発売以来、多くの人々に愛用されているロングセラービジネスバイク「スーパーカブ」シリーズをマイナーチェンジし、2月13日(水)より発売する。

スーパーカブ90カスタムについて

以上、スーパーカブ90カスタムの変遷を見てきました。1986年の12V化、および90ccラインナップが固定されてからは、マイナーチェンジのみ。

スーパーカブ90カスタムは、登場からそれほど大きな変更はないモデルといって良いでしょう。ポイントとしては、1986年の12V化、1998年のマフラーガード装着とブレーキドラム径の大型化、2000年の排出ガス規制対応。

もし中古で購入する際、年式不明の場合、サイドカバーのエンブレムやマフラーガードの有る無しで大体の年式は分かります。

本体カラーはブルー系、グリーン系が昔からあるモデルで、シルバー系は1996年から。唯一のカノープスレッドメタリックは、めったに見かけることはなく、レアといえるでしょう。

参考サイト・文献

最後に参考にさせていただいた、サイトと文献を。

Honda | バイク製品アーカイブ 「スーパーカブ 90」
Hondaのホームページです。4輪製品、2輪製品、汎用製品、モータースポーツ、テクノロジー
スーパーカブ大全・スーパーカブ全史1958-2011・1
ホンダ (HONDA) スーパーカブ90 | Super Cub 90
スーパーカブシリーズの最大排気量モデルとして、1960年代半ばからおよそ40年間も販売されてきたスーパーカブ90。2000年代まで生産されたのち、スーパーカブ110に大排気量スーパーカブとしての役目を譲った。
ホンダスーパーカブ大百科―カラー写真満載
スタジオタッククリエイティブ
¥ 2,052(2019/09/27 05:57時点)