【2021年】日本一周自転車旅にオススメ! ツーリング自転車11選

2016年におこなった自転車日本一周の経験を活かして、オススメの日本一周用自転車を紹介する記事、2021年バージョンです。

自転車日本一周は、どんな自転車でも出来ます。実際にママチャリやロードバイク、クロスバイク、ミニベロなどの自転車でされている方もいます。

自転車日本一周ブログ リンク集 2013年~2019年
過去の自転車日本一周ブログのまとめです。 選んだ基準は、基本的に毎日の記事で構成されるもので、...

上記記事では過去の自転車日本一周のブログをまとめています。使用した自転車も記載してあるので、見ていただければわかりますが、皆さん色々な自転車で日本一周されています。

ただ、やはり自転車日本一周をするならば、ツーリング用に作られた自転車の方が、楽に、そしてリスクも少なく出来るのでは無いかと考えています。実際に自転車日本一周をした経験から、この自転車なら日本一周するのに良いんじゃないかと思われるものを、紹介します。

2021年ツーリング自転車の傾向

2021年の状況としては、2020年からさらに、グラベルロードが定着してきたこと。自転車関連サイトなどでも、グラベルロードが取り上げられることが多くなってきました。

また、キャンプブームもあって、グラベルロード+キャンプを語られる方も多くいます。キャリア無しで直接(専用の)大容量バッグを取り付ける、バイクパッキングもますます進化していますので、この流れはますます大きくなっていくのではないかと思います。

そんな中、従来ながらのツーリング自転車は減少傾向。アラヤが長年販売続けてきたスワローランドナーがカタログ落ちしました。日本一周用としてはオススメはしていなかったものの、アラヤの象徴的モデルだったのでこれは予想外で非常に残念です。

ただツーリング自転車は減っているものの、グラベルロードが多様化しているので、長期ツーリングにむいているモデルを探してみました。

なお、今年からディスクブレーキについて、機械式を明記するようにしました。ロードバイクでもディスクブレーキが増えてきて、主流は油圧式です。ツーリング用としては、整備しやすい機械式がメインなので、機械式であることをはっきりとさせておくためです。また、本体カラーも明記するようにしました。意外と年によって本体カラーも変わり、モデルの生産年が色で判別出来るのではないかと思ってのことです。

ツーリング自転車の特徴

紹介の前に、まずは私の考えるツーリング車に必要な特徴です。

  • ドロップハンドルであること
  • タイヤが太い目
  • キャリア・泥除けがつけられるダボ穴がある
  • それなりの変速性能があり、低ギア比があること、リアは9速まで
  • 丈夫であること

ドロップハンドルであること

ドロップハンドルは握る場所を変えることにより、体を動かすことが出来ます。長時間同じ姿勢で自転車に乗っていると体も疲れてきますので、ポジションを変えられるドロップハンドルはメリットであります。

タイヤが太い目

ロードバイクのタイヤ幅は23mmや25mmが標準です。それに比べツーリング自転車のタイヤ幅は、35mm以上が採用されています。ツーリング自転車は速く走ることを主たる目的としていません。たくさんの荷物を積んで走る日本一周のような場合は、安定性を重視した太めのタイヤが良いと思います。

キャリア・泥除けがつけられるダボ穴がある

荷物をたくさん積むためには、キャリアを付けるのが必須です。そのためにはダボ穴と呼ばれるネジ穴がフレームにある必要があります。またキャリアだけでなく、泥よけも付けられるように複数のダボ穴があるものがよいでしょう。ツーリング自転車の必須条件ですが、カタログのスペックには載らなくて、写真をよく見ないとわからない場合も多いです。

ダボ穴がないロードバイクの場合、アダプターを使えばキャリア取り付けも可能です。ただし、アダプターの強度的な不安や、キャリア取り付けを想定していないフレームへの不安があります。

それなりの変速性能があり、低ギア比があること、リアは9速まで

ママチャリなどでは変速機能の無いものがあります。それで日本一周をしている人もいますが、坂道など大変です。日本一周をある種の苦行として行いたい場合は良いのですが、それなりに快適にしたい場合は、変速機能は必須です。スポーツ自転車の場合は、ほとんどが変速機能を持っています。

ここで重要なのが、低ギア比です。坂道を上る際に足への負担を減らしてくれます。ロードバイクの場合は荷物満載を想定していないので、低ギア比は高めです。より軽く坂を上るためのギアを持っていた方が良いでしょう。

リアが9速までとしているのは、チェーンの問題です。段数が多くなるとチェーンも細くなるので、耐久性の面からリアギアは9速くらいまでが良いと思います。9速でもチェーン切れやスプロケットの摩耗のリスクはあります。8速が無難と思いますが、海外メーカーのツーリング自転車は9速が多いです。

丈夫であること

ロードバイクは軽さが命ということで、最近はカーボン素材のものが増えています。昔のカーボンと違い強度は高いようですが、想定外の荷物を満載にした時には不安があります。

やはり昔ながらの鉄素材(クロモリが多い)が、強度的には安心感があります。同時に振動吸収性も優れているので、疲れにくいといわれています。たくさんの荷物を積むことを前提とされたカーボンのツーリング自転車が作られるまでは、鉄素材のものを選ぶのが無難と思われます。

まとめ

以上が私が考えるツーリング自転車の特徴です。

ランドナーでも低ギア比が無かったり、リア10速のものがあります。それらは省き、グラベルロードでツーリング自転車的なものをチョイスしました。これらで無くてはダメなわけではありませんが、日本一周の経験から、これなら良いかもという自転車を紹介します。

アラヤ フェデラル

フレーム/フォーク素材クロモリ/クロモリ
シフターWレバー(ダウンチューブレバー)
フロント/リアギア28/38/48T / 12-32T 8s
タイヤ・スポーク数650×38B(40-584) 36h
ブレーキカンチブレーキ
フレームサイズ450/500/550
本体カラーダークモスグリーン、スチールグレー
標準価格¥62,000(税抜価格)
付属品泥除け

最近の自転車日本一周でもよく使われている定番のツーリング車ですが、2021年モデルで大幅に変わりました。従来ながら必要最低限の機能は持ちつつ低価格なオススメの自転車ですが、過去のノウハウが利用できないことも考えられますので、若干注意が必要です。

【アラヤ フェデラル】2021年モデルについて、20年モデルからの変更点など
さて、今回はフェデラルの2021年モデルについての話です。発売開始から11年目を迎えて、今回は大きな...

昨年までとは違いタイヤが650B(27.5)という、近年MTBで多く利用されているタイヤに変わっています。今までのような入手性にすぐれるママチャリと同じタイヤではありません。そこが若干のデメリットになります。

またランドナー全体に言えることですが、Wレバーはデュアルコントロールレバーに比べ、操作性は劣ります。荷物満載の自転車では、片手を離して変速するというのは、意外とバランスを崩しやすいと感じました。もちろん慣れればそれほど問題はないといえますが、暗いトンネルや斜度のきつい上りではデュアルコントロールレバーの方が良いと思います。そこが少しだけマイナスポイントでしょう。

フェデラルに関しては、私の持っている2010年モデルを、日本一周用にカスタムした記事があるので、参考にしてください。ただし2021年モデルは大幅に変わっていますので、記事と同じように出来ない場合があります。

【アラヤ フェデラル】日本一周用にもオススメ カスタムまとめ
さて、今回はフェデラルのまとめ記事になります。 こちらでも紹介した、アラヤのフェデラル...
FED / ARAYA Federal / アラヤ・フェデラル
アラヤは1903年に日本で初めて自転車のリムを生産し、1946年から高い品質を誇る”ツバメ自転車”を生産・発売し、現在に至るまで長く日本の自転車を見続けてきた”日本の自転車ブランド”です。

アラヤ ツーリスト

フレーム/フォーク素材クロモリ/クロモリ
シフターWレバー(ダウンチューブレバー)
フロント/リアギア28/38/48T / 11-32T 8s
タイヤ・スポーク数26×1-3/8(37-590) 36h
ブレーキカンチブレーキ
フレームサイズ490/530
本体カラーボルドーレッド, ナチュラルカーキ
標準価格¥99,000(税抜価格)
付属品泥除け、フロントキャリア、フレームポンプ

フェデラルの質感を上げたツーリング車です。フェデラルよりランドナーらしいツーリング車です。

昨年まではミドルグレードのモデルでしたが、スワローランドナーが廃盤になったので、結果的にアラヤのツーリング自転車の最上位モデルになりまりました。こちらは昨年と変更ありません。

こちらはママチャリと同じタイヤサイズ(26×1-3/8)なので、タイヤの入手性ではすぐれています。フロントキャリアはついておりますが、サイドバッグは付けられないので、フロントにサイドバッグを付けるのであれば、フロントキャリアを交換する必要があります。

TUR / ARAYA Touriste / アラヤ・ツーリスト
アラヤは1903年に日本で初めて自転車のリムを生産し、1946年から高い品質を誇る”ツバメ自転車”を生産・発売し、現在に至るまで長く日本の自転車を見続けてきた”日本の自転車ブランド”です。

マルイシ エンペラー ツーリングプレイヤー

フレーム/フォーク素材クロモリ/クロモリ
シフターWレバー(ダウンチューブレバー)
フロント/リアギア28/38/48T / 11-32T 8s
タイヤ・スポーク数26×1-3/8(37-590) 36h
ブレーキカンチブレーキ
フレームサイズ520/550
本体カラーエンジ、エイビー
標準価格¥89,800(税抜価格)
付属品泥除け

2018年から登場したこちらのモデルは、丸石版フェデラルといったところ。

丸石が誇るエンペラーシリーズの廉価版ですが、リアスプロケットが11-32T、スポーク数36本で、分割式泥よけや各パーツにこだわりがなければ、日本一周用としては他のエンペラーシリーズより、こちらのほうが良いと思います。

エンペラー ツーリングプレイヤー
エンペラー ツーリングプレイヤー

マルイシ エンペラー ツーリングマスター

フレーム/フォーク素材クロモリ/クロモリ
シフターWレバー(ダウンチューブレバー)
フロント/リアギア28/38/48T / 13-26T 8s
タイヤ・スポーク数650x38A(40-590) 32h
ブレーキカンチブレーキ
フレームサイズ490/520/550
本体カラーオレンジ、グリーン
標準価格¥130,000(税抜価格)
付属品分割式泥除け、トゥークリップ

丸石のランドナーです。2018年からタイヤが650x38A、スポーク数が32hになっています。

昔ながらのランドナーらしいランドナーといえますが、リアスプロケットが26tまでということもあり、荷物満載の日本一周ならツーリングプレイヤーの方がオススメです。もちろん見た目の高級感と言うことであれば、こちらがオススメ。

エンペラー ツーリングマスター
エンペラー ツーリングマスター

マルイシ エンペラー ツーリングコンダクター

フレーム/フォーク素材クロモリ/クロモリ
シフターWレバー(ダウンチューブレバー)
フロント/リアギア28/38/48T / 11-30T 8s
タイヤ・スポーク数700×35C(35-622) 32h
ブレーキカンチブレーキ
フレームサイズ510/540/560
本体カラーネイビー、ホワイト
標準価格¥130,000(税抜価格)
付属品分割式泥除け、トゥークリップ

こちらはちょっと珍しい700cランドナーです。この呼び名が正しいかどうかは別として、スポルティーフと呼ぶのはちょっと違う気がします。700cのタイヤを採用している以外は、正統派ランドナースタイルと言って良いでしょう。

ツーリングマスターと違い、リアスプロケットは11-30Tです。こっちのほうが安心です。こちらも2018年から、タイヤが32Cから35Cへと太くなり、ハブがラージフランジハブ、スポーク数が32本になってます。

見た目の高級感や分割式泥よけ、700Cのタイヤサイズにこだわりがないのであれば、ツーリングプレイヤーの方がオススメです。

エンペラー ツーリングコンダクター
エンペラー ツーリングコンダクター

TREK 520

フレーム/フォーク素材クロモリ/アルミ?
シフターデュアルコントロールレバー
フロント/リアギア26/36/48T / 11-36T 9s
タイヤ・スポーク数700×38C(38-622) 36h
ブレーキ機械式ディスクブレーキ
フレームサイズ480/510/540/570
本体カラーレッド
標準価格¥145,000(税抜価格)
付属品リアキャリア、フロントキャリア、トゥークリップ

昨年から継続です。ただ、日本語サイトでは「520disc」から「520」と名称が変更になっています。

昨年は気がつかなかったのですが、「主なテクノロジー」内の説明に「アルミディスクツーリングフォーク」の記載あり。今までクロモリではないものの、鉄のフォークだと思っていたのですが、アルミなのかもしれません。スペック欄には520 alloy(昨年もこの記載)とあり、合金なのは確かですが、アルミの表記はないのでやや疑問です。なお英語サイトの説明の記載では「alloy disc touring, rack mounts」です。フォークだけアルミにするメリットはあまりないと思うのですが、どうなのでしょう。

低ギア比はフロント26Txリア36Tで0.72、これなら荷物満載でも激坂を上れるでしょう。むしろ使うことは無いかもしれないくらいです。ちょっとしたリスクとしては、リア9速ということでチェーンとリアスプロケットの耐久性くらいでしょうか。2019年に日本一周にこちらを利用している人で、チェーンが切れた人がました。

ただ、海外製のツーリング車はどれも9速になっています。メーカーとしては9速でも、耐久性は大丈夫という判断なのでしょう。切れる前に3000~5000kmくらいでチェーンは交換した方が良いと思います。

なお、今年からディスクブレーキについて、機械式を明記するようにしました。ロードバイクでもディスクブレーキが増えてきて、主流は油圧式です。ツーリング用としては、整備しやすい機械式がメインなので、機械式であることをはっきりとさせておくためです。

520 | Trek Bikes (JP)
520に乗って最高のライドで最高の一日を。最寄りのトレック正規販売店で最適な一台を見つけよう。

CINELLI Hobootleg Easy Travel

フレーム/フォーク素材クロモリ/クロモリ
シフターデュアルコントロールレバー
フロント/リアギア30/39/50T / 11-34T 9s
タイヤ・スポーク数700×37C(37-622) 36h
ブレーキカンチブレーキ
フレームサイズ46/49/53/56
本体カラーオンザビーチ
標準価格¥185,000(税抜価格)
付属品泥除け、フロントキャリア、リアキャリア

昨年から継続です。チネリのSTIレバーのツーリング車です。TREK520に比べると、ブレーキがカンチブレーキなのが大きく違うところでしょうか。ちょっと値段が高いです。

本体カラーは「オンザビーチ」で、写真にある青系の色です。

Hobootleg Easy Travel – Cinelli Japan

KHS TR101

フレーム/フォーク素材クロモリ/クロモリ
シフターデュアルコントロールレバー
フロント/リアギア30/39/50T / 11-36T 9s
タイヤ・スポーク数700×40C(-622) 36h
ブレーキ機械式ディスクブレーキ
フレームサイズ490、520、550、580
本体カラーグレー
標準価格日本未発売?
付属品リアキャリア

KHS JAPANのサイトには2021年モデルの記載がないので、日本には輸入されないのかもしれません。よって価格の記載はしていません。

一応、本国サイトには2021年モデルとして記載があるので、参考までに掲載しておきます。

デュアルコントロールレバーにディスクブレーキ、ダボ穴がたくさんある鉄フレームとTREK 520とにたコンセプトのモデルになります。こちらよりもフロントキャリア、ペダルの追加が必要の無いTREK520の方がオススメです。

TOURING Archives - KHS Bicycles

MARIN  FOUR CORNERS

フレーム/フォーク素材クロモリ/クロモリ
シフターデュアルコントロールレバー
フロント/リアギア30/39/50T / 11-34T 9s
タイヤ・スポーク数650B(?-584)/700×42C(42-622) 32h
ブレーキ機械式ディスクブレーキ
フレームサイズS/M
本体カラーサテンブラック、グロスグリーン
標準価格¥120,000(税抜価格)
付属品

フロントギアが3枚で、ツーリング車よりのグラベルロード。タイヤはフレームサイズによって変わり、Sサイズは650B、Mサイズは700x42cのタイヤです。

リスク面で言うと、スポークが32本のところ。積載量が多くなってくると、スポーク折れのリスクが少し高くなります。

FOUR CORNERS | MARIN JAPAN

MASI  CXGR

フレーム/フォーク素材クロモリ/クロモリ
シフターデュアルコントロールレバー
フロント/リアギア30/46T / 11-32T 8s
タイヤ・スポーク数700×38C(38-622) 32h
ブレーキ機械式ディスクブレーキ
フレームサイズ49/51/53/56
本体カラーブラックサンド
標準価格¥119,000(税抜価格)
付属品

昨年のモデルが継続です。グラベルロードでフロントは2速ながらインナーギアが30tになっていて、荷物満載のツーリングでも使えると思います。8速モデルなので、チェーンやスプロケットの消耗リスクが少ないのも良さそうです。

こちらもリスク面で言うと、スポークが32本のところ。積載量が多くなってくると、スポーク折れのリスクが少し高くなります。

CXGR | MASI | Lineup:取扱いブランド | 東商会
東京都台東区。cerveloやmasiなど欧州製自転車のほか、フレームなどパーツの取扱商品の紹介。

コーダーブルーム KESIKI Touring

フレーム/フォーク素材アルミ/スチール
シフターデュアルコントロールレバー
フロント/リアギア30/46T / 11-32T 8s
タイヤ・スポーク数27.5×1.75(44-584) 32h
ブレーキ機械式ディスクブレーキ
フレームサイズ420/460/500
本体カラーダークグリーン
標準価格¥69,000(税抜価格)
付属品ベル、リフレクター、フラットペダル

KhodaaBloomは日本の自転車メーカー、ホダカ株式会社のスポーツ自転車ブランドです。コストパフォーマンスにすぐれたロードバイクやクロスバイクをラインナップしています。

今年度から販売開始のKESIKI Touringはグラベルロードではなく、走る場所を選ばないオールロードバイクと説明されています。厳密に何が違うのかはわかりませんが、名前からもツーリング向けの自転車として企画されていると思います。

ツーリング自転車としては少なくなった、フレームがアルミなのが特徴です。GIANTの名車グレートジャーニーもアルミフレームでしたので、アルミフレームだからダメというつもりはないですが、オススメするかというとやや不安です。

MAJIのCXGRと同じく、フロント2速ですがインナーギア30Tとそれなりの低ギア比があります。タイヤが27.5x1.75でETRTOでいうと44-584、いわゆる650Bと同じリム径でタイヤ幅が少し太くなっています。このあたりもツーリング向けです。

そして注目するのは価格で、STIレバーで税別69,000円はかなりのコストパフォーマンスといえます。発売が2021年5月以降となっているので、実際に購入できるのは少し先になりそうです。

KESIKI Touring|KESIKI|自転車|コーダーブルーム
日本人による日本人のためのスポーツバイク、KhodaaBloom の公式ホームページです。製品情報や取扱い店舗、スポーツバイクをこれから始めたい人のためのお役立ち情報を発信しています。

まとめ

以上、2021年版、日本一周自転車旅用ツーリング自転車11選です。

昨年取り上げた「FUJI JARI2.3」がカタログ落ちになりました。JARIはアルミフレーム・クロモリフォークの「JARI1.7」があるのですが、ややレーシーなイメージなので今回は取り上げませんでした。

グラベルロードが多様化して、掲載を検討したモデルがあります。ここでは取り上げなかった理由とモデル名を書いておきます。

低ギア比がネックとなって取り上げなかったのが、「ライトウェイ SONOMA ADVENTURE」と「FUJI FEATHER CX+」。フロント2速でインナーギアが、それぞれ34Tと36T。リアが32Tで、ギア比が1.0を越えます。荷物満載で激坂を上るのが厳しいと思います。

ホイールのスポーク数が少ないため取り上げなかったのが、「GIOS MITO CLARIS」と「GIANT ESCAPE R DROP」。GIOSの方は前後28h、GIANTは前24h後28hです。ダメというわけではないですが、荷物満載時にスポーク折れのリスクが高くなります。やっぱり32h以上が良いと思います。

とりわけ「GIANT ESCAPE R DROP」は往年のグレートジャーニーを思い浮かべさせてくれるモデルで、価格も税別66,000円とお手頃、かなり掲載を迷いました。ただスポーク数やタイヤの太さ(700x30C)、ダボ穴が少ないなど、デメリットが多いので今回は見送りました。

ギア板やホイールなどのパーツを交換すれば、よりツーリング向けには出来るので、素材としては良いのじゃないかと思い、名前挙げ、リンクを貼っておきます。

最後に、自身の自転車日本一周の経験から、デュアルコントロールレバーのものをオススメします。今回取りあげたものの中では、毎年言ってますが「TREK 520」が良いかなと思ってます。

コスト面でいえば、やはりアラヤのフェデラルがオススメです。今年のモデルで大幅な変更があったため、過去のノウハウがどこまで通用するかはわかりません。しかし、キャリアをつけても10万円くらいなので、日本一周など他に予算がかかる場合は、オススメしやすいです。

2020年からの新型コロナウィルスの拡大で、世界的に自転車が見直されているようです。それもあってか自転車パーツの欠品が続き、自転車自体の生産もずいぶん滞っているよう。欲しいと思ってもなかなか手に入れることが出来ない可能性がありますので、ご注意ください。


過去のアーカイブ記事はこちら。

【2020年】日本一周自転車旅にオススメ! ツーリング自転車11選【archive】
2021年版を書きました。 こちらの記事は生産終了モデルが含まれています。資料の意味で...
【2019年】日本一周自転車旅にオススメ! ツーリング自転車12選【archive】
2020年版を書きました。 こちらの記事は生産終了モデルが含まれています。資料...
【2018年版】日本一周自転車旅にオススメ! ツーリング自転車12選【archive】
2020年版を書きました。 こちらの記事は生産終了モデルが含まれています。資料...
【2017年版】日本一周自転車旅にオススメ! ツーリング自転車15選【archive】
2020年版を書きました。 こちらの記事には生産終了モデルが含まれています。資...

コメント

  1. koboto より:

    日本一周車、わたしも検討中ですが辿りつくのはやはりグレジャニ、ルイガノになっちゃいますね。
    前回記事も含めほぼ全面的に同意することしきり。
    他の関連ブログはまだ全部見切ってませんが個人的なグレジャニの問題点として後方写真のデレーンとした異様なサイドバッグ膨らみが気になりますね。
    容量が大きいのと生地の柔らかさが原因かなと推測してますが、もし購入したら背面側に切りぬいたプラ段ボール板をがっちり貼り付け、
    バッグ側面には登山ザックのようなコンプレッションベルトを3-5か所位縫いつけようかなと考えてますね。
    前側は縁石ぶつけで破れ報告が多いので10-15センチくらいロールアップで巻き上げ固定。
    防水性はほぼないようなので厚手ビニール袋で対処。
    そんな感じで考えてます。
    でも手持ちのクロモリクロスバイク改造も捨てがたい選択肢なので悩むところ。
    こちらの記事といい他の方のブログといいとても参考になりますよ。
    長々失礼しました。

    • keta-Gketa-G より:

      >kobotoさま
      グレジャニのバッグは防水面でも強度面でも、評判は良くないですね。
      個人的には予算が許すなら、オルトリーブのものに交換するのが、一番良いと思います。

      クロモリクロスバイクの改造に関してですが、どういう自転車なのかわからないので
      なんとも言えないのですが、愛着のある自転車で日本一周というのは、いいものです。

      • koboto より:

        そうですねバッグはオルトリブ買い替えがベストなのかもしれませんね。実際旅の途中で買い替えている方も複数いらしたようなので
        クロモリはレイノルズ520の700c、10年選手でどちらにしろホイール・パーツ全交換なのでそれならいっそ。
        前後ダボ穴・フォーク中間ビスもありまさしく旅用に打って付け。
        バッグ買い増しとなるとグレジャニの旨味も多少薄まるのでクロスバイク改造にググッと傾いてますね。
        アルミクロス700c改の方のブログではスポーク折れとパンクが多発してましたが、28c幅が主因と思われるので32cまたは36cを想定。
        平地高速性・ダウンヒルは無視し、山岳・リアス海岸用に8速トリプル42-30-22、
        スプロケはクロスかワイドか迷いましたが、ギア比0.8以下は不要という以前のこちらの記事を見てクロスでいいかなと。

        まだ10位しかブログ見てませんが(何しろ1ブログ見切るのが大変なので)バイク形式が違ってもトラブル発生状況・頻度・対処法など生報告は非常に価値ありますね。

        最新記事拝見しましたが薄々感じいていたことをズバッ!ですね笑
        彼らも色々必死なのかなと思わないでもありません。
        旅報告自体は青年のはつらつさや葛藤を感じさせてくれるものもあるので悪くないんですが、検索ヒット狙いがあからさまだとやっぱひいてしまいますよね。

        またまた長くなって申し訳ありません

        • keta-Gketa-G より:

          >kobotoさま
          私も旅用自転車で高速性を捨てて、クロスレシオにするのは理想的だと思います。
          市販の自転車に求めるのは厳しいですが、自分で組むなら理想的なものが作れますね。
          以前、私はフェデラルをフロントMTB用の42-32-22T、リア13-26Tのスプロケで組んでいました。
          日本一周ではDEORE DXコンポでという、こだわりがあったので採用しませんでしたが。
          のんびりとした自転車旅なら、十分だと思います。

          最新記事に関しては、大人気なくて恥ずかしいと思ったりもするのですが、
          自分の意見を書ける場所としてのブログですので、こんなのもいいかなと。

  2. Otama より:

    はじめまして、たまたま見かけたのでコメントです。
    私は日本一周とかは考えていないですが、普段JamisのBosanovaに荷物をのせてキャンプにいっている観点からの考えを書きますね。実際に日本一周をした人間ではないので参考程度にどうぞ。

    グレジャやランドナーの多くがカンチブレーキを採用していますが、制動力に不安があります。
    ツーリング車にはギア比より制動力を重視の考えから、荷物を積んでの下り坂を考えると最低でもVブレーキ、悪天候などを考慮すればディスクブレーキがより良いのではと思っています。(登り坂は最悪押してあがればいいので)
    ただディスクブレーキはホイールの取り外しには向いていないので、いざというときに輪行でトラブル回避というのがしにくいです。
    そんなわけでグレジャやランドナーよりもTernのVorgeTourが日本一周には向いているのでは?と思います。
    ただお値段がずっとお高いのが欠点ですかね~
    それでは、失礼します。

    • keta-Gketa-G より:

      >Otamaさま
      文中のソノマ アドベンチャーやMASI CXのところに書いたように、
      私も今後のツーリング車としては、ディスクブレーキが主流になっても良いかなと思ってます。
      日本一周では輪行はあまりしないので、輪行は前提にしなくて良いかなと。
      それよりも旅中のメンテナンス面がちょっとどうかなとも思います。
      そして今の時点では選択肢が少ないのが、ネックです。

      TernのVorgeTourに関しては小径車ということで、私は疑問です。
      荷物の積載量やタイヤの持ちとか、折りたたみによるフレームの強度も。
      ハンドルバーもドロップハンドルではないので、ポジションを変えられないかなと。
      もちろん日本一周をすることは可能でしょうが、グレジャニよりデメリットが多いかなと思います。
      また、最大のネックはおっしゃるように、値段かなと。

  3. HAMA より:

    初めまして。いつも楽しくブログ読ませて頂いております。自転車はド素人なのですが(自転車持ってません)、将来日本一周したいので旅用自転車の購入を考えています。今回の記事を読ませて頂きましてTREK520にしようと思うのですが、一点だけ教えて頂けますでしょうか。写真を見る限り前後輪に泥除けは無いタイプのようですが、雨天の走行時など不都合は無いのでしょうか?

    • keta-Gketa-G より:

      >HAMA様
      ブログ読んでいただきありがとうございます。
      TREK520、ツーリング自転車として、性能は申し分ないのではないかと思います。

      泥よけに関しては、無くてもなんとかなるけど、あった方が良いとは思います。
      未舗装の道を走らない限りは、それほどひどいことにはならないですが、前輪が跳ね上げる水しぶきがうっとうしいときがありますかね。
      しかし実際に泥よけ無しで、日本一周している人もいます。
      この辺は予算の関係もありますので、購入時にお店に相談していただくとよろしいかと思います。
      泥よけを取り付けるダボ穴はあるので、あとはタイヤの幅に合わせて、泥よけを選ぶ必要があります。

      • HAMA より:

        ご返事ありがとうございます。なるほど、泥よけなしで日本一周された方もいらっしゃるんですね。でも私は多分水しぶきとか気になってしまう性格だと思いますので、泥よけは付けたいなと思います。泥よけを取り付けれるダボ穴があると聞いて大変安心しました。そんなことも全く知りませんでした。通える距離にTREKストアがありますので、行ってみる決心がつきました。ありがとうございます!

        • keta-Gketa-G より:

          まだ、TREK520 2019年モデルを使って、日本一周をされている人をブログやTwitterで見たことがありません。
          ぜひ日本一周の際はブログやTwitterで、レポートしてくれると、今後の旅人の参考になると思うので、よろしくお願いします。

          • HAMA より:

            実は…出発は15年後の予定です(笑)。今すぐにでも行きたくてたまらないのですがそういう訳にもいかなくて…、定年後に出発します。この度、通勤で自転車が必要になりそうなのでどうせなら高額ですが奮発して憧れの旅用自転車を購入して、今は近場のツーリングしか出来ませんが楽しもうと思っています。出発まではるか先ですが、それまでは先輩チャリダーの方々のブログで旅の疑似体験をさせてもらいます(笑)。keta-Gさんの来月からの北海道の旅も楽しみにしています。思いっきり楽しんできてください。