【おもちゃデジカメ クロニクル 30】渋い発色が特徴! アドテック LiVE RC35

さて、今回のおもちゃデジカメクロニクルは、パソコン周辺機器メーカーであるアドテックが販売したデジカメ、LiVE RC35の紹介です。

アドテック live RC35の外観

アドテック

アドテック live RC35の外観

アドテックというと、2000年当時はパソコン用増設メモリメーカーとして有名でした。2000年12月、パソコン関連メーカーとしては、高木産業に続きデジカメを販売することになりました。

アドテック、実売1万円を切る35万画素デジカメ(PC Watch 2000.12.4)

35万画素でフラッシュメモリ、ストロボ搭載というのは、同時期に販売されたカシオLV-10と似たようなスペックです。フラッシュメモリの容量が、アドテックの方が少ないといったところ。

情報も少なく、それほど売れた記録もありません。カシオLV-10に比べると、取扱店も限られそうですし、当時としてもマイナーな存在だったと思われます。

LiVE RC35仕様

アドテック live RC35の外観

  • 画像素子:35万画素CMOSイメージセンサー
  • 出力解像度と保存可能枚数:640×480 26~36枚
  • メモリ:内蔵2MBフラッシュメモリ
  • レンズ:詳細不明
  • 撮影範囲:約0.4m~∞、接写不可
  • 露出:自動
  • シャッター:1/5~1/2000秒
  • 絞り:F2.0
  • サイズ:90×70×30mm(幅×高さ×奥行き)突起部含まず
  • 重量:約100g(電池別)
  • 電源:単3形電池×2本
  • 付属品:USBケーブル、リストストラップ、ミニ三脚、ケース、CD-ROM、取扱説明書、単3形アルカリ乾電池2本
  • 製造国:中国
  • 販売価格:オープン 実売価格9,500円前後

アドテック live RC35の付属品

おもちゃデジカメを集めていると父に話したら、「こんなの持っている」と出てきたもの。

各部紹介

アドテック live RC35の外観

レンズに関しては詳細不明。絞りはF2.0固定のようです。撮影した画像から焦点距離は35ミリ版50mm相当かと思われます。

アドテック live RC35の外観

ADTECのロゴ。

アドテック live RC35の外観

背面はこのようになっています。ファインダー内にはブライトフレームがあります。

アドテック live RC35の外観

モードボタンで設定できるのは、画質選択などないので、フラッシュ、セルフタイマー、削除の機能くらい。

アドテック live RC35の外観

本体左側に、パソコン接続用のUSBタイプBコネクタがあります。ゴムカバーあり。

アドテック live RC35の外観

本体右側にはストラップ穴。

アドテック live RC35の外観

本体上面には、シャッターボタンのみ。

アドテック live RC35の外観

三脚穴あり。

アドテック live RC35の外観

単3形アルカリ乾電池2本使用。なお、私の所有しているものは、電池カバーのツメが折れてしまっています。おもちゃデジカメの弱点のひとつ。

パソコン用ソフト

アドテック live RC35のドライバーソフト

単独起動しないドライバーソフトです。

windows98・98SE、Me、2000に対応。推奨環境は、メモリ64MB以上、ハードディスク100MB以上の空き容量が必要です。

WindowsXPで起動しましたが、なぜか画像が左右反転して取り込まれます。なお、ドライバーと同時にインストールされるビデオキャプチャーソフトは、起動させようとするとブルースクリーンになってしまうので、要注意です。

実写画像

アドビ フォトショップ エレメンツ1.0でドライバー経由で取り込みました。左右反転して、高画質でJPG保存しています。

アドテック live RC35の撮影画像

アドテック live RC35の撮影画像

アドテック live RC35の撮影画像

真ん中辺りに鉄塔があるのですが、すっ飛んでしまって存在がわかりません。上の3枚ともすべて順光で撮影しています。逆光になると、もっと真っ白になってしまいます(笑)

晴れた日の屋外の撮影では、ほとんど露出オーバーかつ白飛びの激しい画像になってしまいます。絞りがF2.0で、シャッター速度が最速1/2000秒なので仕方がないのでしょう。

アドテック live RC35の撮影画像

日陰ならもう少し見られるかと思って撮影してみました。

アドテック live RC35の撮影画像

アドテック live RC35の撮影画像

アドテック live RC35の撮影画像

変に圧縮はされていない画像で、ノイズはないけど発色は非常に地味。良い言い方をすれば、渋い画像が撮れます。

まとめ

以上、アドテック LiVE RC35の紹介でした。

30万画素機としては、早い時期に販売されたものですが、同時期に販売されたカシオLV-10やマクセルWS30と比較すると、どうしても見劣りする性能です。いずれカシオLV-10と比較記事を書こうと思っています。

フラッシュメモリ搭載で、電池が切れても画像が消えない。
独特の渋い発色
晴天のものとでは、ほとんど真っ白!
おもちゃデジカメ クロニクル 目次
2000年前後に発売されたおおむね200万画素以下で、発売時の価格が1万円前後以下のデジカメをおもちゃデジカメと定義し、発売時の情報や商品を系統立てまとめていくサイトです。