【鉄道遺産】鉄道車両で泊まれる施設【北海道】

さて、今年の夏は北海道を旅したいと思ってます。

北海道ツーリングの定番といえばこれ。

ツーリングマップル 北海道
昭文社 地図 編集部
¥ 1,980(2019/11/19 15:04時点)

こちらを使って、北海道へ行く前に、行きたいところを調べていきます。

今回は、鉄道車両や旧駅舎を使った宿泊施設です。北海道には結構あります。行ったことがあるところも含めて、情報をまとめておきます。今度の旅では、すべてを訪れたいなと。

ライダーハウス旧萱野駅

三笠市にある、旧駅舎を使ったライダーハウス。1泊1,000円。

【鉄道遺産】廃線になった幌内線萱野駅の駅舎に泊まれる、ライダーハウス旧萱野駅【北海道】
さて、6月に近づいてくると、北海道に上陸する日本一周チャリダーも増えてくるはずです。2016年自転車...

道の駅おこっぺ ルゴーサエクスプレス

最北端の町、稚内からオホーツク海側を南に下って行き、流氷の町として有名な紋別の手前にある興部(おこっぺ)町。そこの道の駅にあるのが、ルゴーサエクスプレスです。無料で宿泊することが可能です。

【鉄道遺産】無料で列車に泊まれる、道の駅おこっぺのルゴーサエクスプレス【北海道】
さて、6月に近づいてくると、北海道に上陸する日本一周チャリダーも増えてくるはずです。2016年自転車...

五鹿山(ごかざん)公園キャンプ場

キャンプ場のHPにもくわしい記載がないのですが、キャンプ場に列車があり、それに宿泊できるようです。(2019年8月25日追加)

五鹿山公園キャンプ場|施設情報|湧別町
北海道湧別町(ゆうべつちょう)公式ホームページ。行政情報や観光情報などを発信しています。

計呂地交通公園

北海道の東北部、湧別町にある計呂地交通公園。SLに連結された「客車」と元保線区詰所であった「駅長の家」に宿泊することが可能。

駅長の家が大人500円、客車が大人300円です。

【鉄道遺産】SLに泊まれる!?客車と駅長の家が選べる、計呂地交通公園【北海道】
さて、6月に近づいてくると、北海道に上陸する日本一周チャリダーも増えてくるはずです。2016年自転車...

相生鉄道公園

北海道網走郡津別町にある国道240号の道の駅あいおい。旧相生線北見相生駅跡に設置されています。併設されている相生鉄道公園には、当時の駅舎・ホーム・鉄道車両が保存されていて、この中の車両の一つが、ライダーハウスとして利用できます。無料。

つべつ 緑のふるさと 愛林のまち津別町 道の駅
暮らしの情報、施設の案内、工業・農林業の紹介、広報誌、観光情報等を掲載しています。

下川町気動車

下川町バスターミナル合同センター西側、にぎわい広場にある無料宿泊施設。

気動車 | しもかわ観光協会
しもかわガイド「ものづくり」

富内銀河ステーション

勇払郡むかわ町にある、旧富内駅。駅構内・客車がそのまま残され「銀河ステーション」と呼ばれ保存されています。客車はライダーハウスになっているようですが、料金等詳細不明。

振内鉄道記念館ライダーハウス

沙流郡平取町振内町にある、振内鉄道記念館の客車ライダーハウス。大人600円、洗面、トイレ、コインシャワーあり(シャワー200円/10分)。

http://www.town.biratori.hokkaido.jp/kankou/bunka/bunka7/

旅人の宿 とまってけや

北見市常呂町にあり、列車ハウスがあるとのこと。ところ昆虫の家という、施設の一部のようです。詳細不明。

虫夢(ムームー)ところ昆虫の家 <昆虫の家の施設 右側>

さいごに

以上、9件ありました。探せばまだ出てくるのかな。実際、今も泊まれるのか分からないところもあるので、すべて周ってみたいなと思ってます。

(2019年8月25日、五鹿山公園キャンプ場の情報を追加しました)