【キャンプレポ】キャンプ場ではないですが… 湖岸緑地 姉川河口【ソロキャンプ】

さて、今回のキャンプレポは、琵琶湖一周2日目(2019/04/18)に利用した、湖岸緑地 姉川河口です。琵琶湖周辺での、ソロキャンプを考えている方の参考になればと思います。

そもそも湖岸緑地でキャンプが出来ることを知ったのは、HATINOSUというキャンプ場やライダーハウスの口コミサイト。滋賀県の無料キャンプ場として、紹介されていたことによります。サイトでは中主吉川、帰帆島1号公園、そして今回紹介する姉川河口公園が紹介されています。

でも、ここは中主吉川のような、キャンプ場ではないのです。あくまでも24時間以内なら、テントを張って良いという公園です。

湖岸緑地とは

湖岸緑地は、平成8年度に完成した琵琶湖総合開発計画に基づき、湖水位の低下による湖周辺の自然環境の悪化を防止するため、整備された公園。

琵琶湖周辺にたくさんあるのですが、管理は地域によってまちまち。場所によって、キャンプ可能のところや、バーベキュー可能のところがあります。

管理が統一されていなくて、分からないことも多いのですが、琵琶湖の湖東湖北地域・南湖東岸地域は、ホームページもしっかりしており、キャンプ・バーベキューの可否がわかりやすくなっております。

施設紹介 – 都市公園湖岸緑地
滋賀県の湖岸緑地のWEBサイトです。公園案内やイベント情報を掲載しています。

こちらの地域では、24時間以内であれば、基本的にテントを張ってもOK。バーベキューは場所によります。利用はもちろん無料。詳しいルールをホームページより引用します。

■バーベキュー利用でのご注意
  • バーベキューは指定された公園内またはエリア内で行ってください。
  • 直火は禁止です。芝生などを傷めないようにバーベキューグリル等を使用してください。
  • 残り火の始末は完全に行い、消し炭は持ち帰ってください。
  • ゴミは持ち帰ってください。
  • バーベキュー用の洗い場、水道はありません。
■キャンプ利用でのご注意
  • 24時間以内の利用に限ります。
  • 中主吉川公園はキャンプ利用できるエリアが決まっていますので、そのエリア内で行ってください。
  • トイレの出入口付近や、駐車場内等、他の利用者の迷惑になる場所にテントを張らないでください。
  • ほとんどの公園で電気が通っておりませんので、夜間の安全については各自ご確認の上、ご注意ください。
  • 夜間の大声での会話、大ボリュームの音楽等はご遠慮ください。

これらはあくまでも、湖東湖北地域・南湖東岸地域の湖岸緑地のルールですので、他の場所はこれらは適用されませんので、ご注意ください。

大津市管理の湖岸緑地については、こちらを参考にしてください。

湖岸緑地 | 大津市の県営公園

テントに関しては記載なし、バーベキュー可能なのは、堅田雄琴地区 天神川河口のみです。

湖岸緑地 姉川河口

今回利用した、湖岸緑地 姉川河口は、長浜市街の北側を流れる、姉川の河口付近にあります。

anegawa_02

公園としては、3カ所に分かれており、西側はデルタと呼ばれています。中央のエリアには大きな休憩所と東屋、きれいなトイレがあり、東側には小さな東屋がありますが、トイレがありません。すべてのエリアでバーベキュー禁止です。

中央エリア

今回テントを張ったのが、中央のエリア。大きな休憩所と、小さな東屋があり、東屋の近くにテントを張りました。駐車場からの通路になっているところを避けて、平らなところを探すと、ここらあたりかなと。湖側は釣り人が行き来するので、避けた方が良いと判断しました。

STY84206

あたりはこんな感じです。

STY84197

STY84198

ここを選択した理由は、きれいなトイレが近くにあること。

STY84195

蜻蛉荘という宿泊施設の隣、舗装されていない駐車場のところに、きれいなトイレがあります。多目的トイレあり、男性用の大トイレは洋式です。

そして、大きな休憩所もあり、雨が降ってきたときのテントの撤収などにも、便利かと思います。

STY84194

こちらで寝袋だけで寝るのも、可能かなと思います。

STY84208

HATINOSUの口コミには、水場無しとありましたが、休憩所裏に水場がありました。プッシュすると一定時間水が出るタイプです。トイレの水でなくて、こちらで水を補給しました。

東側エリア

蜻蛉荘を挟んで東側のエリアには、松の木が多く、松ぼっくりがたくさん落ちていて、テントは張りにくそうでした。

STY84193

小さな東屋がありますが、トイレは近くになし。利用するとすれば、中央エリアのところへ行くしかありません。

STY84192

どうしてもこちらにテントを張る理由は、特にありません。交通量はそれほどありませんが、道路がすぐ横というのも、マイナスです。

デルタ

西側のエリアはデルタと呼ばれているところです。

STY84199

入り口のところにトイレがありますが、あまりきれいではありませんでした。

駐車場が手前にあって、奥が公園というか、草っ原になってました。トイレからは少し距離があります。

STY84200

STY84201

東屋が2カ所ありますが、水場はありません。草はぼうぼうで、テントを張るには向いていないかなと。時期的なものかもしれませんが、草の手入れがされていれば、良かったのになぁと思います。

デルタ側には釣り客もあまり来ないので、ゆっくり過ごせるかもしれません。

まとめ

今回は中央エリアにテントを張ったわけですが、快適に利用できました。日が暮れるまでは、釣りの人、ゴルフの練習をする人がいましたが、夜はほとんど人は訪れず。

湖岸道路から少し離れているので、それほど車の音も気になりませんでした。時々、うるさい車の音はしましたが、これは何処も同じでしょう。夜中の3時頃に、漁船のエンジン音が、朝方は鳥の声が、それぞれうるさかったかなと言う程度です。

何にしろ無料でテントを張っても良いというのは、うれしい限りです。きれいなトイレもありますし、とりあえず寝るだけで良いなら、快適に過ごせます。