TIGORA2,000円サイクルグローブは、コスパ良し!

さて、今回はサイクルグローブの話です。

STY84779

先日の琵琶湖一周ゆっくりソロキャンプツーリングの時は、ワークマンのグローブを使いました。

ワークマンの指切りグローブは、自転車用に使えるか?【find-out】
さて、今回は飛ぶ鳥を落とす勢いのワークマンから販売されている、指切りグローブを使ってみた感想です。琵...

しかし、すぐに破れてしまったため、今回の伊勢旅ツーリング用に、別のものを用意しました。今回は、TIGORAのサイクルグローブを使ってみた感想です。

TIGORA

TIGORAは、スポーツ用品販売大手アルペングループのプライベートブランド。自転車用としては、サイクルジャージ、ヘルメット、グローブを販売。機能性を追求しつつ、比較的リーズナブルな商品です。

なお、アルペングループには、「IGNIO」というブランドもありますが、こちらは価格追求型。商品クオリティは、「TIGORA」の方が上です。

バイシクル グローブ TR-4B1047GL

STY84780

今回購入したのは、夏用の指切りグローブです。値段は税込み1,999円。

ワークマンのものに比べると、高くなっていますが、その分しっかりとした作りになっています。各部分を見ていきます。

STY84784

ワークマンのものと比較して、手のひら部分のパッドがしっかりしています。

STY84785

白い部分はメッシュ、TIGORAロゴは反射プリントになっています。

STY84786

指の部分ももちろんメッシュ。素材も、吸汗速乾になっていますので、べたつきはありません。

STY84788

親指部分は、汗を拭えるパイル地。これは自転車用のグローブには、必須ですね。

STY84789

グローブを外しやすいように、指ぬきがついています。

STY84787

手首の部分をベルクロでとめるのですが、ワークマンのものと違い、空間が空いていないので、変な日焼けはしません。

4日間使った感想

伊勢旅ツーリングで、4日間使った感想ですが、全く問題なく使えました。手のひらのパッドもしっかりしているので、手のひらが痛くなることもありません。

手の甲部分はメッシュ部分もあり、それほど蒸れたりもせず。ワークマンのグローブのように、変な日焼けもしませんでした。

サイズはユニセックスで、Lサイズを購入したのですが、フィット感もよく、これが1,999円なら、かなりコストパフォーマンスは良いのではないでしょうか。

まとめ

サイクリンググローブは、amazonなどでもたくさん販売されています。値段も千円くらいから、2千円くらいまでと、選び放題です。しかし、フィット感を試すことが出来なくて、購入するのはギャンブル的なところがあります。

それに比べてTIGORAブランドのものは、実際の店舗にて試着して購入できるのが、1番の良いところ。(店舗のない地方の方には申し訳ないですが)

また実際の店舗では、パールイズミやシマノ、その他自転車小物を販売するメーカーの商品と、比較できるのもポイントです。

これらのメーカーの同じようなグローブは、3千円以上します。自分にとってフィットするものが、それらのブランドのものなのか、TIGORAのように、値段的に安くても我慢できるのか。

高いブランド品だけでなく、比較的安めのものを、並べてくれている、アルペングループには感謝です。