【おもちゃデジカメ クロニクル 21】機種編 11 スパーク snail poto

さて、今回は謎のおもちゃデジカメ、snail potoの紹介です。

sty200515-024

謎のおもちゃデジカメ

このカメラは2008年1月に、ヤフオクで手に入れました。当時からおもちゃデジカメについて色々調べていたのですが、このカメラに関しては全く情報がありませんでした。

唯一わかったことは、このカメラが発売されたのは、2001年8月だったことくらい。当時のデジタルガジェットを扱った情報サイトにも、全くといって良いほど情報はありませんでした。

今改めて調べたところ、スパーク株式会社は現在、ウォーターサーバーを販売している会社。事業内容を見ると、電子製品の輸入卸売とあることから、このカメラを輸入・販売していたのかもしれません。

カメラ自体は「Hudson Tech Inc.」とあるので、アメリカの「Hudson Technologies」のものか? それとも「Hudson Tech」という別の会社があったのかわかりません。パッケージはすべて英語なので、アメリカの商品ということは間違いなさそうです。

snail poto

sty200515-023

snailの名の通り、カタツムリを想像させる形になっています。カメラの機能としてはSTV680チップをつかった、この時期によくあるおもちゃデジカメといったところです。センサーの画素数は表記されていませんが、当時のヤフオクでは、タイトルに35万画素と謳われていました。

特別とりあげるほどの機能はありません。それほど高くなかったので、コレクション用として購入しました。

snail poto仕様

sty200515-003

  • 画像素子:35万画素CMOSイメージセンサー
  • 出力解像度と保存可能枚数:高解像度(640×480) 26枚、低解像度(320×240) 107枚
  • メモリ:8MB SDRAM
  • レンズ:F2.4 f=6.3mm
  • サイズ:105×64×32mm (幅×高さ×奥行き)
  • 重量:約134g(電池別)
  • 電源:単4型アルカリ電池×4本
  • カラー:オレンジ、レッド
  • 付属品:USB ケーブル、ストラップ、CD-ROM、取扱説明書
  • 製造国:韓国
  • 販売価格:不明

sty200515-022

取扱説明書がコピー用紙3枚!

各部紹介

sty200515-025

レンズはF2.4 f=6.3mm の表記があります。

sty200515-031

グリップ部分にシャッターボタンとストラップ穴。カタツムリの目にあたる意匠が取り付けられています。

sty200515-028

背面には液晶ディスプレイとMODEボタン。STV680機種の基本スタイルです。

sty200515-029

三脚穴もあります。付属のスタンドを使って、WEBカメラとして利用出来ます。

sty200515-030

電池は単4アルカリ乾電池4本使用。フラッシュもないのに、4本使うのは珍しい。画像保存時間を延ばすためか?

sty200515-032

パソコン接続用のコネクタはUSBタイプBコネクタ。通常はゴムでカバーされています。

sty200515-026

ツノは無いけど、カタツムリっぽい?

実写画像

すべて高解像度(640×480)モードで撮影、che-ez! managerで取り込み。BMPファイルをJPEGファイルに変換しています。

snail200513_01

snail200513_03

snail200513_08

snail200513_12

snail200513_13

snail200513_17

snail200513_20

ジャギーは仕方がないとして、周辺部分の描写は他のSTV680機種に比べて良いかもしれない。

まとめ

以上、スパークのsnail potoでした。

全く情報のない謎のおもちゃデジカメですが、性能的にはなかなかよさげです。データの吸い上げは「che-ez! manager」で行いました。付属のドライバーは説明書に記載がないため、パソコンへのインストールをためらっております。いずれやろうと考えている、STV680機種を比較する企画時に、ドライバーソフトは確認するつもり。こんな機種の需要はないので、今回はパスさせていただきます。

おもちゃデジカメ クロニクル 目次
2000年前後に発売されたおおむね200万画素以下で、発売時の価格が1万円前後以下のデジカメをおもちゃデジカメと定義し、発売時の情報や商品を系統立てまとめていくサイトです。

コメント