バックミラーを交換する!【スーパーカブ90カスタム】

さて、今回はバックミラーを交換した話です。

購入したスーパーカブ90カスタムには、一応バックミラーはついているのですが、バイク屋にあった適当なもので、左右違うものでイマイチです。

mirror

そもそもスーパーカブ90カスタムの最初からついているバックミラーは、丸型では無く、角型です。ということで、早速交換します。

ミラー選び

2000model

純正のバックミラーはこんな感じで、角型でステーが銀色、裏面は黒です。この純正ミラーは、カブ系のパーツを扱うお店でも今は無いみたい。そこでこれと似たようなものを探すと、ありました。

さすがamazon。左右セットで、1,580円ととってもお得なお値段です。

ところで、バックミラーを選ぶ時に、気をつけることを書いておきます。

ミラーの形

ミラーの形は、丸型、角型、楕円形など様々なものがあります。どれを選ぶかは、個人の好みです。見やすさでいうと角型が見やすいように思います。

気をつけなければならないのは、平成19年(2007年)以降に製造された車両に関しては、保安基準が変更されていること。私のカブは2001年製造なので、問題は無いのですが、新しいカブ(キャブレターでは無い、FIのカブ)をお持ちの方は気をつけてください。

ミラー - Cuby(カビィ)オンラインショップ
スーパーカブを中心に、モンキー・ゴリラ、ダックス、シャリィなどのカスタムパーツを Cuby店長が実際に使って【いい!】と思った商品だけを全国に。 実際に整備しないと分からないようなかゆいところに手が届く純正パーツも満載! こだわりのCubyオリジナルパーツも続々開発中! カブのカスタムパーツオンラインストア

カブ系のパーツを販売する、Cubyのページにわかりやすく書かれています。

ネジ径、ネジ方向

バイクのバックミラーの説明には、かならずネジ径とネジ方向が書かれています。「8mm正ネジ」とか「10mm逆ネジ」といった形です。8mmはネジ径で、正ネジは取り付け時に回す方向が、右回し(時計回し)。逆ネジは左回し(反時計回し)になります。

1970~2006年のカブは8mm正ネジです。ここまではわかりやすいのですが、2007年以降のスーパーカブは要注意です。

先ほどのCubyのページに詳しくありますが、2007年よりミラー本体は左右とも逆ネジ(左ネジ)を採用し、ミラー下にアダプターを介して正ネジ(右ネジ)で車体側に装着されています(車体側は左右とも正ネジ)。ミラーがぶつかった時、緩むようになっているわけです。また、2012年以降は、本体側のネジが10mm正ネジになっています。ミラー側は10mmだったり8mmだったりしますので、お気をつけ下さい。

購入したバックミラー

STY30150

購入したバックミラーはこんな箱に入っていました。メーカーはKJTで、TAIWAN REGISTEREDとあるので、TAIWANメーカーでしょうか。

STY30151

取り出すとこのような形で入っています。amazonのコメントで、「右ミラー2本でした」とコメントをしている方がいるのですが、あわててはいけない。ミラー部分を回転させれば、左ミラーになります。

左右セットという書き方が悪くて、左右共用2本セットと書けば間違いは無いのですが、左右セットの方がわかりやすいんでしょうね。

STY30152

ここのネジで、位置調節の硬さを変更することが出来ます。

STY30154

取り付けボルトが3種類。

取り付け

STY30158

まずは取り外しから。左側はアダプターがついているので、アダプター部分を左側に回して緩めて、ステーをくるくる回して外します。

STY30159

取り付けはその逆で、ステーを右方向に回して、ちょうど良い位置のところで、取り付けボルトを右回しで締め込みます。

STY30160

左側の取り付けは完了。

STY30161

右側も同じようにしていきます。こちらはゴムのブーツがついていて、アダプターは無し。ナットを緩めて、ステーをくるくる回して外します。左側と同じように取り付けして、完了です。

STY30162

バイクにまたがり、写る範囲を調整して、位置調整のボルトを少し締め付けておきます。これにて完成。

STY30163

純正とはちょっと違いますが、丸型よりはお似合いだと思います。

以上、ミラーの交換でした。