【自転車北海道旅】 装備紹介2 バッグ【準備編】

さて、装備紹介の第2弾はバッグです。こちらは日本一周時と、それほど変わっておりません。ちょっと手抜き記事です。

STY64865

ハンドルバーバッグ

STY64872

ハンドルバーバッグはオルトリーブのアルティメイト6プラス Lサイズです。日本一周にも使用。収納量も大きく、防水加工されているので、こちらで問題なし。

アルティメイト6には、クラシックとプラスがあるのですが、違いはサイドポケットの有無と素材。現在は5L、7L、8.5Lの3サイズの呼び方に変わっていて、昔のLサイズは現在の8.5Lサイズです。

プラスのサイドポケットは、防水ではありませんし、ハンドル幅が狭いと、指にあたるので、あまりオススメしません。クラシックの方が値段的にも、オススメです。

フェデラルは、標準で補助ブレーキ(インラインレバー)が付いているので、そのままだと取り付けが難しいかもしれません。

補助ブレーキを外すか、角度を変えるか、エクステンションアダプターを利用する必要があります。私のフェデラルは、補助ブレーキを外しています。

サドルバッグ

STY64871

サドルバッグも、オルトリーブのサドルバッグMサイズです。

以前のブルックスのサドルに、うまく取り付けが出来なくて、アタッチメントの部分を外しました。その名残で、今も無理矢理くくりつけるように、取り付けています。

現在は、モデルチェンジしているようで、素材が変わっているようです。

フロントサイドバッグ

STY64866

今回、唯一新規導入したバッグです。日本一周時のフロントローラーが裂けてしまったため、同じオルトリーブのグラベルバッグを購入。

以前使っていたフロントローラー(現スポーツローラー)と違い、ショルダーベルトや中のポケットがありません。生地が薄い素材になっており、重量は軽くなっていますが、耐久性は果たしてどうか。今回の旅で、試すことになります。

フロントローラーから、中のポケットを移植しています。

リアサイドバッグ

STY64870

リアサイドバッグもオルトリーブ、バックローラーデザイン <チェーン>ブラックです。なお、このデザインはもうありません。

日本一周に使用して、それなりに傷んでいるのですが、補修済み。フロントローラーと違い、まだまだ使えそうなので、今回もがんばってもらいます。

デザインシリーズは現在、ペアの販売ではなく、シングル(1個)での販売で、割高になっています。これから買うなら、デザインシリーズでなく、普通のクラシックをオススメします。

ドラムバッグ

STY64868

リアキャリアの上に乗せるバッグは、UPPER WEST ダッフルバッグ DRY BAG DUFFEL 30L OL/BK UWT349です。こちらも防水仕様。

購入時は4,000円ほどと、なかなかコストパフォーマンスの良い、防水バッグですが、現在は販売終了しているようです。日本一周で少し穴が空きましたが、こちらも補修済み。

同じようなオルトリーブのラックパックは、ちょっと値段が高い目。

今選ぶとすれば、これなんかが良いかも。

その他

STY64867

日本一周の時には使わなかった、20Lの防水バッグ。今回は使おうかなと思ってます。北海道では、後にビニール袋をくくりつけると、カラスやトンビにやられるので、それを防ぐために使います。

STY64869

モンベルのアクアペル スタッフバッグ3L。こちらは完全防水ではありませんが、防水性の高いバッグです。自転車カバーを入れるのに使います。

STY64873

ダイソーで買ったバッグ、各種。着替えを入れたり、小物を入れたりと活躍してくれます。

STY64874

エコバッグにも使えるし、自転車からちょっと離れて歩く時に、背負える簡易的なバッグです。最近スーパーでは、ビニール袋が有料のことが多いので、スーパーでの買い物時にも活躍してくれます。

日本一周時とそれほど変わりの無い装備になります。こちらも参考にして下さい。

ブログ村へはこちら

今回の北海道旅を始めるにあたり、ブログ村に登録しました。

こちらのボタンをクリックしていただくと、順位が上がって、私のやる気もUP↑。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

よろしくお願いします。