【自転車北海道旅】 装備紹介3 アウトドア用品【準備編】

さて、装備紹介の第3弾はアウトドア用品です。自転車日本一周の経験を経て、少しは進化したかな?

STY74875

テント・グランドシート

テントは日本一周でも使用した、クロノスドーム2型です。2016年の時点で、型落ちになったモデルです。

2型なので中は一人で使うには充分広く、装備しているバッグを全部持ち込むことが可能です。また、前室も広くて、テントから出ずに調理もここでしちゃいます(本当はダメ)。

グランドシートもクロノスドーム専用のものを使ってます。ブルーシートでも問題は無いですが、やはり専用のものが収まりも良いですし、収納時はコンパクトになります。

また、グランドシートとフライシート、ポールだけで、タープ的な使い方も出来て便利です。

マット

HITOGATA キャンピングエアーマットBI-63

STY74879

マットはHITOGATA キャンピングエアーマットBI-63です。こちらも2016年に購入、現在は販売されてません。中にはスポンジが入っているので、寝心地はなかなか良くて、気に入ってます。

本体のバルブを緩めて拡げるだけ、自動で吸引→膨張していきますが、いつも口で空気を送り込んでふくらましています。ちょっとへたってきているので、どうしたものかと思案中。

OUMMET エアーマット

STY74880

HITOGATAのものがへたってきているので、エアーマットを購入しました。この前のアマゾンのセールで安くなっていましたので。

ポンプが付いているので、空気を入れるのも楽ちんですが、ちょっと時間はかかります。まだ実際に使っていないのですが、ビニールに空気を入れただけなのでちょっと頼りないかなと。

コンクリートの上でテントを立てた場合、これを敷くだけだとちょっと冷たいかもしれないと感じています。ただ、クッション性は良いので、HITOGATAのものと併用してみようかなと思ってます。

寝袋(シュラフ)

STY74881

寝袋はモンベルのダウンハガー800 #3Women’sです。

2016年と17年で、自転車日本一周した清宮くんの記事が詳しいので、参考に。

モンベルのシュラフは結局どれが一番良い!?~タイプ別におすすめシュラフを紹介~

私の経験でも、ダウンハガー800#3だと10月下旬から11月頃は結構寒かったので、日本一周なら#2の方がオススメです。

なおWomen’sを選んだのは、私の身長が小さいのと、値段が少し安かったからです。

テーブル

STY74878

テーブルは、キャプテンスタッグのアルミ ロールテーブルM-3713です。日本一周の時には使っていなくて、今回新たに追加しました。

今年に入ってからのソロキャンプで使っているのですが、やはりあると便利です。テントの中で食事する時も、やはりテーブルがあった方が食事している感があって良いですね。

蚊取り線香

STY74876

テントの時の必需品、蚊取線香です。私、蚊取線香のにおいが好きなんです。キャンプ場は虫が多いので、いつもつけています。

日本一周中は100均で買った安いのを使っていましたが、こちらは留め具とかしっかりしていて、高いだけのことはあります。

なお、北海道のキャンプ場は、虫が多くて、ヌカカやブヨに刺されると大変なので、虫除けは必須と考えています。

写真には写っていませんが、もう一つテント内の虫除けを持っています。過去に自転車日本一周していた人が、オススメしていたこちら。

ユニセーム

STY74877

テントの結露をとるのに洗車用のクロス、ユニセームを使ってます。これは本当に便利です。

吸水性が良く大量の水分を吸ってくれて、絞ればすぐに乾きまた水分を吸います。テントの撤収時に活躍してくれます。パッケージのデザインも、ちょっとレトロっぽくて、かわいいですね。

ライト

STY74882

最後に、ライトです。これは日本一周の時と同じです。どれも単4電池使用のもの。充電式の単4電池を使ってます。

LEDライト

LEDライトはGENTOSの閃 SG-305です。ずいぶん前に購入したもの。今となっては100ルーメンは暗いかもしれませんが、コンパクトながらも明るくて、懐中電灯としていろいろと使えます。現在のモデルは、250ルーメンになってますね。

ランタン

ランタンはBlack Diamond モジ BD81030。テント内で食事する時など、つるして使います。

現在では似たようなもので、USB充電・モバイルバッテリーとして使えるものがあるので、そちらの方が良いかも。ただ、乾電池式はそれはそれで便利ではありますが。

ヘッドランプ

ヘッドランプもBlack Diamond でスポットです。デザインがカッコいい。ガンダム的な。こちらも販売は終了しています。今となっては、130ルーメンと暗いですが、キャンプくらいなら実用上問題はありません。

以上、北海道旅に持って行く、アウトドア用品の紹介でした。

四十七歳の地図~2019北海道放浪編~ 目次
2019年6月、北海道を放浪すべく、旅立ちました。結局、中断することになったのですが、準備編と旅日記...