【四国遍路旅07日目】これは自転車遍路なのか? 24-27番【2019/10/10】

さて、本日はいよいよ高知県の札所巡りになります。

STY01059

旅レポート

海の駅とろむの公園にて起床。台風の影響なのか、船の出航などは無く、静かな夜が過ごせました。

昨日の疲れから朝はちょっとゆっくりして、午前7時すぎにスタートです。

まずは昨日通過した方向に逆戻り、高知県最初の札所24番札所最御崎寺は室戸岬から歩いて登ります。約4kmほど引き返してきました。寝る場所がもっと近くにあれば良かったんですけど。

STY01060

自転車で上ろうと思えば、それなりの道もありますが、見るだけで嫌になってしまう坂なので、こちらから歩くわけです。自転車日本一周の時は、灯台を見るためにここから歩いて登りました。今回は札所巡りのため登ります。ちょっとした山登りです。自転車はすぐ横にあるトイレの駐車場に止めておきました。

STY01061

歩くこと20分くらいで、山門に到着。朝からなかなかハード。
昨日の疲れもあって、すでに脚にきています。自転車を漕いでいるときは、さほどではないのですが、坂道を歩いていると脚がガクガクです。

お参りを済ませ、境内をぶらぶらとみて歩きます。

STY01063

駐車場の方へ歩いて行くと、室戸の町がきれいに見えました。昨日より波は荒くなっているような気もします。台風の影響はどうなるのか。

STY01064

麓まで戻ると、重装備の自転車が停めてありました。パナソニックのPOSランドナーかな。ステムの位置がかなり高くて
個性的な自転車だなと。かなり旅慣れた装備のようなので、もう長いのでしょう。頑張ってください。

25番津照寺はそれほど遠くなくて、7kmほどの距離。海沿いを走るとやはり風を感じます。横からだったり、向かい風になったり、強くなったり弱くなったりと刻々と変わります。高知県への直撃はなさそうですが、風や波の影響はどれくらいになるのだろう。そんな不安も抱えながら、走ります。

STY01067

漁港の町にたたずむ津照寺(しんしょうじ)。ここは町中にあるのですが、高台に立っていて、本堂までは階段を上らなくてはなりません。

STY01068

入ってすぐに階段が待っています。途中に見える門は、鐘楼門でこちらの中に鐘があります。こちらの階段もなにげにキツい。私のあとに上ってきた老夫婦も、息を切らしながら上ってきました。バリアフリーとは無縁の世界。でも、これが修行、観光のためのお寺ではないのでしょう。

STY01069

鐘楼門から見る町の風景。こぢんまりした漁港町です。

次に目指すは26番金剛頂寺。その名の通り頂にある寺です。こちらのお寺にも自転車で上っていくことが可能ですが、それなりの坂なので、こちらも歩いて上ります。駐車場へ向かう道から、歩き遍路道があるのでそれを上ります。

STY01070

本日2回目の山歩き。この時点でもう歩くのは嫌になっていました。でも今の私では、自転車では上れない。そんな脚力、持久力が無いのです。そんなモヤモヤした思いを抱えながら歩きます。

STY01071

最後に階段を上って到着です。この時点でヘトヘト。もう歩くのは嫌だと思いつつ、お参りを済ませます。

次のお寺、27番神峯寺までは30kmほどあります。やっとしっかりと自転車に乗れる喜びと同時に、こちらのお寺も山にあるので、キツい登りになりそう。室戸岬近辺の札所は、みんな高台にあるので上るのが大変だなと。

STY01072

お寺へ行く前に腹ごしらえを。道の駅キラメッセ室戸でお弁当を購入し、ベンチで食べます。こちらの道の駅は、以前鯨のオブジェがあったのですが、無くなっていました。残念。また、売店も改装中で、10/12リニューアルオープンとのことでした。どんどん変わっていくのですね。

お弁当の横にあるのは、鰹のコロッケ。肉の代わりに鰹が入っています。かつお風味が効いています。

STY01073

神峯寺まであと3.5kmの標識のところから歩きます。舗装された道路なので、登山のような形ではありませんが、それなりの距離を歩くことになります。もちろんほぼ登りです。

標識のあったところからしばらく行くと激坂が始まります。自転車で来なくて良かったと、それが正直な思いです。はたして自転車遍路といっているのに、これで良いのかと激しい葛藤を抱えながら。

STY01074

舗装路から外れて、歩き遍路道が登場。こちらを歩く方が距離的には短くなるようですが、迷わず舗装路を選びます。山道は脚に来るから、もう嫌だ。

STY01075

やっと到着したと思ったら、本堂までにはさらに階段が待っていました。階段を上る脚はぷるぷると震えています。果たしてこのような状態で、結願できるのだろうか、そんな不安がやってきます。

お参りを済ませ下り道を歩いていると、なぜこんなことをしているのかと自問自答が始まります。やはり不安があると、
そんな考えばかりが浮かびます。始めた頃は前向きな考えばっかりだったのに。これも修行なのか。

山を下って自転車のところまできたところで、16時くらい。次のお寺28番大日寺までは38kmほど。朱印の受付時間にはたどり着けない。このあとはどうしよう。

今朝の予定では、大日寺に行けるにしろ、行けないにしろ桂浜の向かいにあるキャンプ場まで、無理してでも走ろうと考えていました。無料のキャンプ場なので、そこで1日休足日にして過ごす、そんなことを考えていました。でも、そこまで行くとしたら、45kmほどくらいになります。この時間からでは到着する頃は真っ暗でしょう。

そんなの嫌だなと。神峯寺で心が折れてしまいました。どこか近くのビジネスホテルで泊まろうとネットで検索。安芸にビジネスホテルがあるので、そちらで泊まることにしました。昨日の100km超えの走行と本日の歩きで、もう疲れてしまいました。ゆっくり風呂につかりたい、ゆっくり寝たい、そんな思いばかりです。

多少お金はかかりますが、貧乏旅というわけではないので、使うところはしっかり使って、体と心のケアをします。

STY01076

夕食も普段は使うことのない、ホテルのレストランで。ご当地グルメらしい釜揚げちりめん丼と、鰹のたたきセット。1300円。高知ではしらすのことをちりめんというようで、関西でいうところのちりめんじゃことは違います。釜揚げのしらすは大好きで、小さい頃からよく食べていました。温かいご飯に、しらすをのせて醤油をかける。それだけですが、本当においしかった。

ホテルのレストランで出される物は、さすがに上品です。ミョウガを入れてさっぱりとした風味を出しています。かけるのも醤油では無くて、だし醤油のような物です。ご飯の量が物足りませんが、しらすはこれでもかと乗っていて、おいしくいただきました。鰹のたたきは、まぁ普通です。

ホテルの大浴場でゆっくり湯船につかり、疲れをとりました。また、ホテルにはコインランドリーがあったので洗濯も済ませます。夜はゆっくりとテレビを見て過ごし、本日は終了です。

明日はちょっと観光もかねて、廻りたいなと。台風の影響で風が強いらしいのと、波に注意が必要とのこと。桂浜の向かいのキャンプ場で泊まりたいのですが、ネットカフェに泊まる方が安心かな。

本日の走行ルート

本日の走行距離52.66km

走行ルート(なぜか途中ログが取れていませんでした)

歩行ルート(神峯寺のみ)

ブログ村へはこちら

ブログ村に登録しています。

こちらのボタンをクリックしていただくと、ランキングが上がって、私のやる気もUP↑。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

1日1回で、よろしくお願いします。

コメント