【おもちゃデジカメ クロニクル 13】機種編 03 ブレイブ ねぇ~写してョ!ガーコ

さて、今回のおもちゃデジカメクロニクルは、ちょっと色物デジカメの紹介です。

sty200505-002

ガーコとは

gako3

wikioediaによると、「コナミトイ&ホビー事業部のブランド「von Traumer」(トロイマー)のキャラクター。1996年生まれのメスのアヒル。兄弟キャラにケロタンというカエルのキャラクターが存在する。」とのこと。

現在は「ガーコ」「von Traumer」などで検索しても、情報がありません。おもちゃメーカーが独自に作ったキャラクターといったところでしょうか。「ガーコ」で画像検索すると、色々な雑貨商品が見ることが出来ました。

両腕を腰に当てたポーズが特徴のようです。

ねぇ~写してョ!ガーコ

sty200505-001

ガーコを使ったデジカメ「ねぇ~写してョ!ガーコ」が販売されたのは、2000年と思われます。詳細は不明ですが、パッケージに1996,2000とあること、CDに収録されているプログラムの日付に2000年11月のものがあることからの推測です。2000年12月くらいのクリスマス商戦に投入されたかもしれません。定価はパッケージの囲み数字から7800円です。

パッケージに共同企画発売:株式会社トロイマー・株式会社ブレイブとあります。キャラクターがトロイマーのもので、デジカメとしての開発は株式会社ブレイブということでしょう。サポートセンターもブレイブとなっています。なお現在、検索すると出てくる株式会社ブレイブは派遣関連の会社のようで、この商品を販売した会社とは全くの別物のようです。

カメラ仕様

sty200505-006

  • 画像素子:2万5000画素
  • 保存メモリ:フラッシュメモリ
  • 撮影枚数:24枚
  • 電源:単4型アルカリ電池×1本
  • 付属品:スタンド付きパソコン接続ケーブル(パラレル)、CD-ROM、説明書

sty200505-010

中古品購入のため、取扱説明書なし。詳細不明です。

各部紹介

sty200505-003

胸にあるカメラのレンズ部分がそのままレンズになっています。

sty200505-004

帽子がシャッターボタン。

sty200505-005

帽子横の青いのが、素通しのファインダー。電池蓋はネジ止めされています。子供が間違って開けてしまわないようにしているのでしょう。なお、フラッシュメモリが採用されていますので、電池を外しても撮影したデータは消去されません。

sty200505-012

電池ぶたを開けたところ。単4アルカリ乾電池を1本使用します。

sty200505-008

パソコン接続用のスタンドと接続するためのコネクタが足の裏にあります。スライド式のフタがされています。写真はフタを開けたところ。

sty200505-009

パソコンとの接続はパラレルポートを使用します。

パソコン用ソフト

付属するソフトはwindows95・98専用で、windowsNT、MACは非対応。推奨環境は、CPUがPentium166MHz、メモリ32MB以上、ハードディスク200MB以上の空き容量が必要です。

windows7でインストールできました。ただ、残念ながら画像の転送はできず。

実写画像

入手時から撮影不可状態でした。

パッケージ

gako1

gako2

おもちゃデジカメ クロニクル 目次
2000年前後に発売されたおおむね200万画素以下で、発売時の価格が1万円前後以下のデジカメをおもちゃデジカメと定義し、発売時の情報や商品を系統立てまとめていくサイトです。