【自転車日本一周の準備 4】日本一周に持って行くもの【自転車日本一周のためのガイド 8】

もし、あなたがある日、自転車で日本一周をしてみたいと思ったとしたら、どのように進めていけば良いのでしょうか? この【自転車日本一周のためのガイド 】では、過去に自転車日本一周をおこなったサイト管理人が、改めて計画の進め方や準備するものを解説していきたいと思います。

第8回目は日本一周に持って行くものについて考えます。

STY83292

準備 4 日本一周に持って行くもの

自転車日本一周に持って行くものは、宿泊施設を利用するのか、食事は自炊するのかなど、旅のスタイルによって大きく変わります。自身が日本一周で何がしたいのかによって、持って行くものを取捨選択すれば良いでしょう。ここではどういったものが必要かを、「宿泊に関わるもの」「食事に関わるもの」「記録を残すもの」「衛生に関わるもの」「メンテナンスに関わるもの」「趣味に関わるもの」「必需品」「日本一周勢ならでは」の、8つの項目に分けて挙げていきたいと思います。

宿泊に関わるもの

宿泊をどうするのかによって、持って行くものは大きく変わります。宿泊施設を利用しないなら、テント、シュラフ、マット、ランタンあたりが必需品となります。

テント

キャンプ場や公園、海岸、橋の下などで寝泊まりするのであれば、必須といえるでしょう。最近のキャンプブームで様々な商品が販売されており、選択肢も多いです。値段はピンキリ。

注意するのは、地面がコンクリートでも使える自立式を選ぶこと。オシャレなテントということでワンポールテントとか、超軽量という言葉につられて、非自立式テントを選んでしまわないように。

またテントの下に敷くグランドシートを利用すると、テントの底面の傷みを軽減できます。

シュラフ

地方の無人駅や公園のベンチなど、テントを貼らずに野宿する人でも、シュラフはあった方が良いでしょう。

あわせてシュラフカバーがあれば防水の役に立ったり、シュラフだと暑すぎる時にシュラフカバーで寝ることも出来ます。

マット

寝る時に敷くマットです。地面の凸凹を吸収して寝心地を高めるだけで無く、断熱の意味もあります。

安い銀マット、ウレタンマット、エアマット、インフレーターマットなどがあり、睡眠の質を高めるためには、それなりによいものを選ぶのが良いでしょう。

ランタン

テント内で使うライトです。最近は小型のLEDランタンが、2~3,000円で販売されているので、あれば便利です。

食事に関わるもの

自炊するかしないかによって、大きく変わります。特に自炊にこだわりだすと道具だけで無く、食材や調味料など持ち物は増えていきます。

ガスバーナー

自炊するだけで無く、コーヒーを沸かしたりも出来るので、あれば便利です。使用するガスカートリッジに種類があるので、使うシーンにあわせてバーナーを選ぶ必要があります。あわせてガスカートリッジも必要です。

クッカー

ガスバーナーを持つならあわせて必要です。凝った料理とはいかないまでも、インスタントラーメンやパスタなど簡単に作れます。

スキレットやホットサンドメーカーなど、料理に合わせて色々と持って行く方もいます。

マグカップ

暖かいコーヒーやお茶など飲むためにあると便利です。

カトラリー

箸やスプーン、フォークなど。最近は100均などで、キャンプ用のものが売られていたりします。

ナイフ・まな板

最近のソロキャン飯とか見ると、みなさん凝った料理をしてらっしゃいます。魚をさばいたり、肉を切ったりと必要になってきます。

食材・調味料

食材はその都度購入するとしても、一気にすべて使ってしまうわけではないので、残った食材や調味料は持ち運ぶことになります。緊急用として、インスタントラーメンや缶詰は持っておくと便利です。

米を炊くなら、2kg単位でしか売られていないことが多いので、その重さに覚悟が必要です。

洗剤・スポンジ

料理を作るからには、食後に食器など洗う必要があります。

記録を残すもの

記録を残すものとしては、古くは日記がありました。この場合はノートと筆記用具ということになります。

最近では写真を撮る、動画を撮るなどがあります。また、それらを編集したり、ネットにアップするためにパソコンを持ち運ぶことも。すべてをスマホでおこなうことも可能ですが、付随するものとして、モバイルバッテリーやケーブル、バックアップ用のメディアなどが必要になってきます。

ある種趣味的なものではありますが、自身の旅をどう記録して、どう発信していくかによって大きく変わります。

衛生に関わるもの

顔を洗ったり、歯を磨いたり、ツメを切ったりと細々としたものが必要です。最近ではボディシートが進化して、風呂には入れない時はそれで済ますことも可能です。

シャンプーやボディーソープはスーパー銭湯などでは用意されていますが、昔ながらの銭湯だと用意されていないので、その都度買うか、あらかじめ用意しておく必要があります。日焼け止めクリームもあった方が良いでしょう。

コインランドリーを利用しないなら、洗濯するための道具も必要です。先人の知恵に従うと保冷バッグを使えば良いようです。洗剤やロープも必要。

それ以外にも薬や絆創膏など。キャンプするなら虫除けなども。

メンテナンスに関わるもの

どこまで自身でメンテナンスするか、出来るかによってこちらも大きく変わるでしょう。

最低限、パンク修理道具(パッチやのり、タイヤレバー)、予備チューブ、携帯空気入れ、携帯工具、チェーン油あたりは持っておきたいところ。

自身で自転車メンテができる人は、心配であれもこれもと考えると、どんどん道具が増えていくことになるので、ある程度の割り切りが必要です。

趣味に関わるもの

ここは各人の個性が1番出るところです。過去には釣りをしながら、登山しながら、それら道具を持って行くという人もいました。それ以外にも中華鍋を持っている人、ギターを持っている人など、様々です。

最近ではキャンプブームですから、キャンプ場でゆっくりするために椅子やテーブル、焚き火台など持って行っても良いでしょう。自転車日本一周といっても、ただ日本各地を走るだけでは悲しいので、それなりの楽しみが必要です。

必需品

必需品はまずお金、現金をたくさん持ち運ぶわけにはいきませんのでキャッシュカード、クレジットカードなど。なお、キャッシュカードは郵便貯金が最強です。手数料無料で、小さな町にも郵便局はありますから。

それ以外には衣服や雨具です。服もこだわりだすと大変です。何日分の着替えを持つか、コインランドリーを利用するかどうかでその量も変わるでしょう。

そして重要なのが自転車用ロック(鍵)。コンビニ利用時などの簡易的なものと、宿泊時利用のためのしっかりとしたもの2つ持っておくと良いでしょう。

最後にスマホ。写真や動画も撮れますし、地図が見られるだけで無くナビもしてくれます。もちろん電話やメールは通信手段として必要ですし、ネットで情報を調べられるし、暇つぶしにゲームも出来ます。現代ではこれが無いと困る人も多いでしょう。それゆえに壊れた場合や紛失した場合は、大変なことになるかもしれません。

日本一周勢ならでは

最後に日本一周している人がよく持っている? ものです。それは日本一周看板やマスコット、名刺です。

日本一周看板の是非については、いずれ記事にしたいと思っていますが、あれば自己アピールや職質除けになります。最近はマスコットを持つ人は少なくなりましたが、旅の相棒としてぬいぐるみなどを持つ人も多いです。

名刺は旅人同士で交換したり、お世話になった人に渡したりなど、コミュニケーションツールの役割をしてくれます。

どれも必要ないといえばそれまでですが、あればあったで何かのきっかけになるかもしれません。

私が日本一周に持って行ったもの

最終的に持って行くものを判断するのは自分です。しかし、他の人がどんなものを持っていたのかを知ることは、非常に参考になります。このあたりは自身のスタイルに近い、過去の自転車日本一周ブログを参考にするのが1番良いでしょう。

私が持って行ったものは、各項目に分けてまとめております。よろしければ参考にしてください。

自転車日本一周 装備紹介3 カメラ関連
装備紹介の第3弾はカメラ関連です。 カメラは2台持って行きます。2台ともオリンパスのカ...
自転車日本一周 装備紹介4 アウトドア用品
装備紹介の第4弾はアウトドア用品です。 まずはテントから。モンベルのクロノスドーム2型...
自転車日本一周 装備紹介5 調理用品
装備紹介の第5弾は調理用品です。 バーナーはイワタニのジュニアバーナーです。昨日のクロ...
自転車日本一周 装備紹介6 自転車整備用品
装備紹介の第6弾は自転車整備用品です。 結構いっぱい持って行きます。 左上から、予備...
自転車日本一周 装備紹介7 電子機器
装備紹介の第7弾は電子機器です。 今回も結構多いです。 タブレットはレノボのYO...
自転車日本一周 装備紹介8 衣服
装備紹介の第8弾は衣服などです。 着るものに関しては4日分を用意しました。 半袖サイ...
自転車日本一周 装備紹介9 マスコット/看板/名刺
装備紹介の第9弾はマスコット/看板/名刺です。 まずはマスコットから。コイツです。 ...
自転車日本一周 装備紹介10 その他諸々
装備紹介の最後はその他諸々です。 まずはタオル。 メインは手ぬぐいとなります。これを...
【Tips】自転車日本一周にオススメの小物 7選
さて、ひさびさの自転車日本一周Tipsです。今回は私が日本一周に持って行ってよかったなと思った小物を...

まとめ

自転車日本一周に持って行くものは、旅のスタイルによって大きく変わるので、自身にあったものを取捨選択すれば良いでしょう。

宿泊に関わるもの…テント、シュラフ、マット、ランタンなど

食事に関わるもの…ガスバーナー、クッカー、マグカップ、カトラリー、ナイフ・まな板、食材・調味料、洗剤・スポンジなど。

記録を残すもの…ノートと筆記用具、カメラ、アクションカメラ、パソコン、モバイルバッテリー、ケーブルなど。

衛生に関わるもの…洗顔剤、歯ブラシ、爪切り、ボディーシート、シャンプー、ボディーソープ、薬など。

メンテナンスに関わるもの…パンク修理道具(パッチやのり、タイヤレバー)、予備チューブ、携帯空気入れ、携帯工具、チェーン油など。

趣味に関わるもの…釣り用具、登山用品、キャンプ道具など。

必需品…お金、キャッシュカード・クレジットカード、自転車用ロック、スマホなど。

日本一周勢ならでは…日本一周看板、マスコット、名刺。

以上、思いついたものを挙げてみました。自身で必要と思うものをリスト化して、装備品を準備していくと良いと思います。

<次の記事【自転車日本一周の準備 5】日本一周用のバッグと積み方

前の記事【自転車日本一周の準備 3】日本一周用ママチャリを考える>

この記事を書いた人の自転車旅遍歴

こういう自転車日本一周の記事を検索すると、本当に自転車で日本一周したの? と思われる方の記事を見かけます。というわけで、この記事を書いたサイト管理人の自転車旅遍歴を書いておきます。

2009年、自転車で初めての100km越え。

再録【折りたたみ】ちょっと海を見に行こう【自転車で】
さて、本日はちょっと昔の話です。 本日、パソコンのハードディスクを整理していたところ、初めて自...

2010年、自転車で四国一周10日間の旅。

2016年、自転車で日本一周。

四十七歳の地図~自転車日本一周記~ 目次
2016年の自転車日本一周の記録です。出発前の準備から、旅日記、旅後のまとめまで、目次にまとめて見やすくしました。

2019年6月、自転車で北海道旅(途中で、打ち切り)

四十七歳の地図~2019北海道放浪編~ 目次
2019年6月、北海道を放浪すべく、旅立ちました。結局、中断することになったのですが、準備編と旅日記...

2019年10月、自転車四国遍路旅

2019年 自転車四国お遍路旅 目次
2019年10月4日スタート、自転車による四国八十八ヵ所お遍路の旅。事前の準備や旅中の日記、帰宅後にまとめた記事など。自転車やオートバイ、徒歩によるお遍路を考えている方の参考になればと思います。

自身での旅にくわえて、自転車日本一周ブログが大好き。たくさんのブログを読んで、自転車旅の知識を補強しています。過去の自転車日本一周ブログのリンク集も作ってますので、そちらも参考にしてください。

自転車日本一周ブログ リンク集 2013年~2019年
過去の自転車日本一周ブログのまとめです。 選んだ基準は、基本的に毎日の記事で構成されるもので、...

40歳くらいで自転車に目覚めて約11年。現在は腰痛で苦しんでいます。今後、自転車旅は難しいかなと思いつつ、自転車旅に思いをはせてこの記事を書いています。