ワークマンの「AERO STRETCHクライミングパンツ」を買ってみた。




さて、最近ワークマンが熱いようです。きっかけは、ワークマンプラスの出店。

「ワークマン」がオシャレになれた本当の理由 | 専門店・ブランド・消費財
作業服のワークマンが、驚くべき変貌を遂げている。現在も主力事業は作業服に変わりはないが、その延長線上で生まれたアウトドア用やスポーツ用のPB(プライベートブランド)が爆発的に売れているのだ。しかも、購…

従来の作業服だけでなく、アウトドア用、スポーツ用など、カジュアルな方向へ進出し始めているのです!記事中には「ポストユニクロ」なんて言葉も出てきて、フリースが大ヒットして躍進した、ユニクロを想像させる勢いのようです。

そんな話題のワークマンで、AERO STRETCHクライミングパンツを買ってきました。

ワークマンのプライベートブランド

今、人気になっているのは、ワークマンのプライベートブランド商品です。ブランド別に紹介します。

イージス 絶対的な防水性があること。ワーキングウエアを越え、ワークマンの代名詞ブランドに。バイクを愛するライダー、ウィンタースポーツ・マリンレジャーを愛するアウトドア派へ。

フィールドコア アウトドアテイスト、カジュアルとしても着用できるデザインで、アウトドアブランドの定価の1/3を目指して開発。アウトドアビギナーへ。

ファインドアウト スポーツテイスト、カジュアルとしても着用できるデザインであること。スポーツ系ブランドの定価の1/3を目指して開発。タウンでジョギング、公園をウォーキング、ジムでトレーニングに加え、プリントを入れてチームユニフォームとしても。

ワークマンがカジュアル方向へ進み始めたきっかけが、イージスブランドです。

ワークマンがついにカジュアル店を出すワケ | 建設・資材
ワークマンがカジュアルウエア事業を強化する。ベイシアグループの中で作業着、特に建設技能労働者向け衣料品の専門店として知られている同社は2018年3月末現在で全国821店舗をかまえており、作業着専門店としては…

こちらの記事にあるように、2015年、屋外作業員向けに作った、イージスが突如売れだし、売り切れ店続出。疑問に思った関係者が調べてみると、バイクユーザーが防寒着として買い求めていた。圧倒的な機能性ながらも、買いやすい価格が、支持されたのでした。

そして、2016年バイクユーザーの要望を取り入れ、改良。5万着がわずか1カ月で売り切れるほどの人気商品に。それが今度は、釣り人にも人気に。

こうしてワークマンのプライベートブランドは、アウトドア方面や、スポーツ方面にも、拡大していったのでした。

そして、冒頭にも書いた、ワークマンプラスの出店。これらはカジュアルウェアを中心としたお店で、売り上げは通常店の開店セール記録を3倍近くも更新。

そんな今一番熱い、ワークマンの商品を購入してみました。

FieldCore AERO STRETCH クライミングパンツ

STY26942

今回購入したのは、AERO STRETCHクライミングパンツ。Mサイズ、色はサンド、値段は税込み2,500円。近くの店舗にて購入。本当はブラックが欲しかったのですが、売り切れでした。

アウトドア向けフィールドコアブランドの、防風防寒パンツです。特徴は、体の動きに合わせて130%伸縮するストレッチ生地を使用。しかも立体裁断で体にフィット。冷気を遮断する防風生地を使用しているので、冬場のあらゆるシーンに対応。さらに2018年モデルは静電気が起きにくい機能、AERO SPARKも追加されています。

各部分を見ていきます。

STY26948

右側にはファスナーポケットに、カラビナループもあります。

STY26944

左側は太もも部分にもファスナーポケットあり。FieldCoreのロゴは、反射プリントです。

STY26943

右股部分にもポケット。こちらはボタンでとめるタイプ。

STY26945

股を大きく広げても、つっぱらない立体構造の、クライミングカット。

STY26946

後ろポケットは左側がフラップ付き。

とりあえず履いてみた感想は、軽い!暖かい!部屋の中で履くには、オーバースペックでした。

用途としては、冬場のトレッキング用と考えていました。しかし、ふくらはぎの部分が、細身になっているので、自転車に乗るのにも使えそうです。

出かけてみた

11月中旬の、とある天気の良い日に、こちらを履いて出かけてみました。目的は、町をブラブラと写真散歩。11月にしては、気温が少し高めの日で、日中の気温は17℃くらい。

まず、履き心地が軽い。写真を撮るために、しゃがんでも、膝や股の突っ張りもなく、快適。これはなかなか良い。ただ、風はないので、防風性はわからず。

歩くこと、約2時間。結果、暑かった。しかし、汗をかいたのですが、べとつくことはなく、快適でした。

まとめ

冬になるとタイツが必須だったのですが、これならタイツを履かなくても良さそうです。

値段も2,500円とリーズナブルですし、ガンガン履いてワンシーズンで使い切りでも、いいかなと思います。

とりあえず、履き心地の軽さが良いですね。冬キャンプのテントの中で履くのも良さそうです。デザインはちょっと野暮ったいかもしれませんが、この冬のお出かけに、活躍してくれそうです。

近くに店舗がない方に

拡大が続いているワークマンですが、近くに店舗がないという方もいるでしょう。

ワークマンのホームページには、オンラインショップもあります。そちらで購入することも可能です。しかし、残念なことに、注文集中により配送に大幅な遅れが発生しているようです。発送までに時間がかかるようなので、注意してください。



コメント