【26日目】2日連続雨中走行、丸岡城へ【2016/05/07】

さて、本日は日本最古の天守、丸岡城を目指します。

STY72868

敦賀の朝はやはり曇りで。

午前6時位にスタート。とりあえず、敦賀市内を自転車でブラブラします。

STY72871

赤レンガ倉庫。現在は鉄道ジオラマとカフェとして利用されてます。朝早いので、もちろん開いていません。中はどうなんだろう。ただ、2棟しかないので、ちょっと寂しい。

JR敦賀駅前から氣比神宮に至る道には、松本零士キャラの銅像が。敦賀と松本零士は特に関係がないのですが、「鉄道」「港」「科学」をキーワードとして、松本零士作品が選ばれたようです。

STY72878

メーテル。

STY72875

こちらはエメラルダス。

中学生の頃、松本零士作品にはまっていた時期がありました。「わが青春のアルカディア」「無限軌道SSX」の頃です。松本零士作品は最終的に、ハーロックがでてきたり、エメラルダス、トチローとワンパターンで、飽きてきますけどね。

1時間ほどブラブラして、いよいよ峠を登ります。国道476号をひたすら登ります。途中から雨が降ってきまして、2日連続で雨の中を走ることに。

木ノ芽峠トンネルが最高地点になるのですが、なんとか到着。トンネルは約1.8km、歩道部分が狭いので、押していくことにしました。

トンネルを抜けると、雨は止んでいましたが、その後降ったりやんだりです。ここからは基本下り坂なので、楽ちんです。

途中の今庄にて。

STY72883

D51です。昨日の長浜鉄道スクエアにて、D51は1100台くらい製造されていたと知りました。
だもんで、結構保存もされているんですね。

そして、本日の第1目的地、武生です。こちらのご当地グルメ、ボルガライス。

STY72885

カフェド伊万里というお店に。こちらの喫茶店には、池上遼一氏の絵がたくさん飾られています。池上遼一氏は武生出身で、こちらのお店は妹さんが、経営されているらしいです。

STY72886

個人的には「舞」がいい。こちらは高校生の頃、少年サンデーで連載されていました。あとは「星雲児」も好きでした。少年サンデーの黄金期です。ただ、池上作品で一番好きなのは「スパイダーマン」です。

で、こちらがボルガライス。

STY72887

オムライスにとんかつを乗せて、デミグラスソースをかけたものです。オムライスの中はチキンライスです。卵がふわっとしていて、意図的かどうかわからないですが、とんかつが卵とじ風になっているところもあり、なかなか面白い味でした。

ある種お子様ランチ的ではありますが、この手のものは各地にあるので、いろいろと食べてみたいのです。トルコライス、エスカロップ、シシリアンライスなどなど。

ちなみに武生の町は結構古い建物とかが残っていて、じっくり見ると楽しそうな町でした。
雨が降っていたので、ゆっくり見られなくて、残念。

お腹を満たした後は、福井市街地を目指します。特に目的はなかったのですが、当地にて街案内の地図を見ていると、見つけました。

STY72890

福井大仏です。元は戦国時代に朝倉氏が一乗谷に建てた石仏が元になってます。移転と震災を経て、今の場所に再建されたようです。大仏は色々とチェックしていたのですが、昨日の長浜大仏やこの福井大仏はノーマークでした。

この後はいよいよ丸岡城に向かいます。現存12天守の中でも、最古の天守と言われています。(犬山城との説もあるようですが)

そして、この頃よりやっと晴れてきました。

STY72902

到着です。今回は珍しく入場料を払って中にはいります。

STY72892

すごくこぢんまりとした、天守です。中にはすごい急な階段がありまして、子供や女性がキャーキャー言いながら登ってました。人がたくさんいたので、中の写真は撮ってません。

現存天守と言われているのですが、地震で一度倒壊しているようです。倒壊した材料で組み直しているとはいえ、再建しているのであれば、現存天守というのは、ちょっと違和感を感じました。

STY72899

こちらで久々のソフトクリーム。コシヒカリソフト。塩をふりかけているので、ちょっとしょっぱい。でも、割と普通でした。

この後は本日の宿泊予定地、道の駅みくに へ。で、こちらへ向かうまでが、また向かい風で。

なんとかたどり着いて、何か食べようと。ホントは越前おろしそばとか食べたかったのですが、道の駅の食事処はもうやっていなくて、物産館にて。

STY72904

半額の海鮮寿司と謎の飲み物「ローヤルさわやか」です。「ローヤルさわやか」はいわゆるご当地ドリンクで、味はメロンソーダみたいなもの。クリームソーダのクリーム無しだと思いました。

本日はここまでです。

本日の走行距離97.17km/総合距離1982.6km

明日で2000km突破、そしてちょっと楽しみなところへ。

ではでは。

四十七歳の地図~自転車日本一周記~ 目次
日本一周の定義とルート・・・この旅の定義とルートの説明 日本一周装備紹介 自転車/バ...