【汚部屋整理】いらないカバンをOFF HOUSEに売ってみた【断捨離】

今回はカバンの断捨離です。

近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』では、衣類と同じカテゴリーであつかわれています。それほどカバンは持っていないと思っていたのですが、押し入れを探すとけっこうでてきました。

押入れのカバン

STY26107

合計11個の使っていないカバンです。これ以外にもう一つ、カメラバッグがでてきました。

ブランドとしては、ルイタータッセン、バブアー、サザビー、ラガシャ、アビレックス、ラゲッジレーベル(吉田カバン)。あとはユニクロとか、ノンブランド品です。

買ったはいいけど使い勝手が悪くって、あまり使わなかったものもあれば、使い倒して擦り切れているようなものもあります。

それほど高いバッグはないのですが、思い出深いものも。でも、思い切って処分することに。ただそのまま捨ててしまうのはもったいないので、リサイクルショップOFF HOUSEに売ることにしました。

リサイクルショップOFF HOUSE

CameraZOOM-20180702124458309

最近、近くにできたHARD OFF/OFF HOUSE。BOOK OFFで有名な、ハードオフコーポレーションのグループです。HARD OFFがパソコン・オーディオなどの機械系、OFF HOUSEはブランド品や衣服、インテリアなど家庭用品全般を扱ってます。

広い売り場で品揃えもたくさんありますが、平日ということもあり、人はまばら。査定にかかった時間は10分ほどです。

CameraZOOM-20180702214817335

合計12個で、904円。内訳は300円x1、150円x1、100円x3、50円x3、1円x4でした。

300円の査定がついたのは、写真1番右側のルイタータッセンの革のカバンです。購入額は10,000円ほどだったかと。

150円だったのは、左側に写るバブアーのカバン。サザビー、ラガシャ、アビレックスのカバンは、100円でした。

1円だったのは、やはり使い込んでボロボロになったものと、カメラバッグでした。ラゲッジレーベル(吉田カバン)は、使い込んで擦り切れていたので、1円でした。

ルイタータッセンとバブアーのものは、もったいないかなと思い、処分を迷ったもの。やはり安いとはいえ、値がつきました。捨てずに売れば、それなりの金額になります。捨てる前にリサイクルショップに持ち込むのが、賢い方法だと思います。

残したもの

処分しなかったものは、こちら。

STY26108

現在使っている、カバンです。仕事用ショルダーバッグとユニクロのバックパック。

STY26109

買い物に使うトートバッグ。VANのものは、本の付録でついていたもの。

STY26110

ドンケのカメラバッグ。

STY26112

ハロルズギアのタンクバッグとウエストポーチ。オートバイ用のカバンです。

ドンケとハロルズギアのカバンは、オークションに出せば、それなりに良い値段がつくかなと思い、とりあえず処分しませんでした。

オークションに関しては、今度久々に挑戦してみようかと考えています。その時は、記事を書いてみたいと思っています。

まとめ

たとえボロボロになっているものでも、捨てずにリサイクルショップに持ち込むのが良いとわかりました。自分にとって不要なものでも、それを欲しいと思う人もいるかも知れませんので。

断捨離というと、処分するというイメージで、もったいないと思うこともあります。しかし、自分の手から離れて、それを必要とする人へ、物が移動していくだけと思えば、心の負担は少なくなります。

これからも処分するものはたくさん出てくると思いますが、できるだけリサイクルショップへ持っていこうと思ったのでした。

コメント

  1. koboto より:

    以前コメントしたものです。
    リサイクルショップ売却も勿論悪くないですが、オークションだと数倍から十数倍違ってくるかもしれません。
    写真撮影・出品テキスト作成・入札チェック・落札後対応・梱包発送などに要する手間とトラブル発生等の懸念は常に付きまとい、時には安くはない「勉強代」も払わねばならないこともあるかもですが(個人的に今のところないですが、いつかは経験するのでしょうね)、それでも「こんなに競り上がるんだ!!」と驚くケースも少なくないですね。
    少ないながら自転車パーツ出品してましたが喰い付き良かったですね。そんなに高くない価格で落ち着きましたが。
    オク経験者の方なら書かれてあるようなことは承知済みでしょうが、にわか出品で今のところうまく行っているので浮かれて書き込んでしまいました(^^;

    地道に続く旅自転車関連情報、参考にさせて頂いてますよ。

    • keta-G keta-G より:

      >koboto様
      ずいぶんと昔に、ヤフオクに出品したことがあります。まだ、取引ナビもなく、メールでやり取りする頃です。
      いわゆるレア物を出したのですが、なかなか良いお金になりました。あの頃はまだヤフオクものどかな時代でした。
      おっしゃられるように、1番の厄介は手間とトラブルです。そのへんをリスクと考えた場合、リサイクルショップの気軽さが便利だなと思いました。
      また、点数が多いとそれだけでも大変ですし。
      今なら、メルカリを利用する人が多いのかもしれませんが、トラブルが多いと聞きますので、利用はためらってしまいますね。
      色々と処分するものがあるので、ブログネタとしてはヤフオクやメルカリにも挑戦するつもりです。