【旅8日目】ゆっくりと北上。 留萌-古丹別【2019/06/10】

さて、本日は留萌を出発し、苫前を目指します。日本一周の時のルートとほぼ同じですが、最後がちょっと違います。

STY053221

旅レポート

STY05316

午前5時起床。本日も寒い。トイレに行って、その後は寝袋にまた入ります。そういえばライダーの方は、もういなくなってました。すごく早い出発ですね。午前6時になって、朝食を作り食す。本日のルートや、立ち寄るところを確認し、テントの撤収にかかります。

午前7時45分頃に、スタートします。

STY05322

出発したといっても、留萌駅近くの公園で、ちょっとストップ。キャンプ場は電波が弱く、ルートのアップができなかったので、こちらでルートをアップして、ブログの更新予約。それにしてもこの公園、なかなか停滞にも良さそうな感じです。wifiあり、休憩室あり、時間が来たら東屋へ移動して、テントを張ればよさそう。

STY05325

テントを張るにもよさげな東屋。まぁ、黄金岬キャンプ場が無料なので、そちらの方が無難ですが。

STY05323

こういう輩もいたようなので。

さて、ブログの更新もしたことだし、頑張って走ります。苫前まではほぼ平坦、距離も50kmほどで、頑張らなくても良いくらいです。日本一周の時のブログでは、とままえだベアーまで、あっさりとついた記事になっています。

【66日目】ベアーな一日、苫前へ【2016/06/16】
さて、本日は留萌から北上、天気の具合を見ながら、停滞できる場所を求めて進みます。 本日は曇のち...

この時は、追い風だったようで。今回はちょっと頑張らなければなりません。なぜなら、本日は完全向かい風、風速3mなので、めちゃくちゃ強いわけではありませんが、それなりに大変です。

STY05327

まずはあっさりと小平町に突入。首長竜がお出迎えです。

STY05329

前回は通り過ぎるだけだったのですが、今回は文化交流センターに立ち寄りました。こちらには首長竜の全身骨格模型が展示されています。これ以外にも、アンモナイトの化石など色々と展示されていました。でも、訪れたときは、電気が消えていて、こちらから言うまで、電気すらつけてもらえない状態でした。

STY05333

訪れたスターのサインが飾られているのですが、アニソンレジェンドのサインがありました。

軽く見学したあとは、いよいよ本番。向かい風の中、北上していきます。

STY05338

朝は曇りがちだったのですが、時間が経つと晴れてきました。最近はこのパターンばかりです。

走っていて遠くから見たときから、なんか違和感があったのですが、わかるでしょうか。風車の羽がないのです。取り壊すのか、メンテナンス中なのか。

STY05339

この辺りを走っているときに、目についたのがこういった廃屋。こういう潰れ方は、雪の重みで潰れるのでしょうかね。

STY05340

これなんかも、もう訳わからん壊れ方です。

STY05343

頑張って道の駅に到着。前回も来ているので、新鮮さはないのですが、ちょっと寄っていきます。

STY05346

本日は観光交流センター以外は定休日。特産品コーナーで、鮭とばを購入。お酒のあてみたいなものですが、試食したらおいしかったもので。ちょっとしたおつまみにと思い。

STY05348

2回にも展示室というのがあって、昔の民具などが展示されています。

STY05350

旧花田家番屋は今回も外から見るだけ。それにしてもでかい。それだけニシン漁のもうけがすごかったのだろうと。

STY05351

閉店した何かのお店。今回の旅では、ロードサイドのドライブインの廃墟など、積極的に撮っていきたいと思ってます。発展していく道の駅と、寂れゆくドライブイン、そんな対比が見られるのでは無いかと。

STY05355

ようやく苫前町に入りました。苫前といえば熊。日本史上最大の獣害といわれる「三毛別ヒグマ事件」のあったところです。それなのにカントリーサインには、かわいらしい熊が。

ここからが辛かったところ。向かい風を遮るものは何も無く、ひたすら風を浴び続けながら進みます。平坦な道路のはずなのに、ずっと坂道を上っている気分です。本当に向かい風だけは、勘弁してもらいたいものです。

STY05357

39基の風車がある、上平グリーンヒルウインドファームが見えてきました。目的地まであと少しです。

しばらく進むと、国道232号を離れ、内陸に進む国道239号線に入っていきます。とままえだベアーや道の駅 風Wとままえは、また明日。東に向いて進むことになったので、向かい風とはおさらばです。

たとえ同じ風速でも、風の向きによって消耗度がこれほど違うとは。と思うくらい、楽になりました。

STY05362

5kmほど内陸に走って、古丹別へ到着。こちらにはライダーハウス バンクハウス(NPO しんきんハウス)です。昨年までは、ふれあいハウスという、ライダーハウスがあったのですが、諸事情で無くなり、こちらが新たに用意されたようです。1泊1,000円以上の募金という形です。

STY05370

こちらがリビング。テレビもあります。手前側がキッチン。

STY05367

3部屋あって、それぞれに2人泊まれるようになってます。本日は連泊しているライダーさんと2人なので、それぞれ個室状態です。布団もあるので、ライダーハウスと言うよりは、ゲストハウスに近いと思います。

風呂(湯船)、シャワー、洗濯機、wifi、トイレ、キッチン、冷蔵庫と設備は完璧です。

こちらについたのが、14時頃。お昼ご飯を食べるべく、出かけます。目をつけている店がありました。

STY05364

「釣りキチ三平」の作者、矢口高雄が名付け親のお店、三平。手打ちそばのお店なのですが、本日は売り切れとの貼り紙あり。仕方が無く、ほかの店を探すも、よさげなところは見つからず、結局セイコーマートでお弁当。

STY05371

ホットシェフの無い、セイコーマートだったので、選択肢が少なくて。とり天弁当。

食後は歩きで、町をぶらぶらします。

STY05365

とりあえず気になったのが、古丹別神社。

STY05383

 

斬新な賽銭投入口。これなら賽銭泥棒にもあいませんね。北海道の神社は、雪対策がされているので、建物としての魅力はイマイチ。

STY05391

なかなか立派な作りの倉庫。古丹別には、なぜか立派な倉庫が多い。

STY05397

こちらはレンガ造りの倉庫。農協が管理しているようです。作物とかを保存するのかな?

色々と古丹別の町を見て回ったのですが、これといって面白いものを見つけることができず残念。

最後に近くのスーパーで、カップ麺とおにぎりを購入。

STY05399

キッチン道具とかそろっているので、料理もできるのですが、後片付けとか面倒なので、簡単に済ませます。

その後はシャワーを浴びて、ブログを執筆です!

古丹別に来たのは、意味があります。お気づきの方も多いと思いますが、ここが三毛別ヒグマ事件跡地(再現地)の、1番近い町になります。ということで、明日は三毛別ヒグマ事件跡地(再現地)へ、行きます!

Not even justice,I want get truth.

本日の走行ルート

本日の走行距離 48.55km

総合距離 509.3km

ブログ村へはこちら

ブログ村に登録しています。

こちらのボタンをクリックしていただくと、ランキングが上がって、私のやる気もUP↑。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

1日1回で、よろしくお願いします。

コメント