【旅10日目・最終回】突然の旅の終わり。羽幌-天塩【2019/06/12】

さて、タイトルにあるように、今回がこの旅の最終回です。家庭の事情により、家に帰ることになりました。昨日は天売島・焼尻島に行くと書いたのですが、予定を変更して天塩に向かいます。

STY254731

旅レポート

昨日の夕方、兄から母に癌の症状が見つかったとの連絡がありました。すぐにでも手術が必要とのこと。最初はどうしようと思いました。電話のすぐあとはこの旅を続けるつもりでした。ここまで来て、行きたいと思っていた島々やオロロンラインの最後を走らずに終わらせられないと。

でも、夜になって寝ようとしたのですが、なかなか眠れません。色々な思いが頭をよぎりました。そして、導かれた結論が、旅をやめることです。続けるにしても、やめるにしてもどちらを選んでも、後悔は残りそうです。ただ、旅は今後また出来るかもしれないということで。

午前6時頃起床。朝食を食べ、テントを片し、午前7時半頃のスタートです。

宿泊した羽幌の朝日公園キャンプ場は、花の咲くきれいなキャンプ場でしたが、朝、鳥の鳴き声がうるさくて、何度か目が覚めました。あと、トイレ大が和式のボットン便所なのが、マイナスポイントか。でも、無料のキャンプ場としては、良い方だと思います。閉鎖してしまうのは残念。

STY25469

しばらく走って、オロロン鳥のモニュメントが見送ってくれます。

奈良へ戻るとすればどうすれば良いのか、走りながら考えていました。色々考えた結果、とりあえず天塩に行くことでした。これには理由があって、異音の発生しているボトムブラケットを交換すべく、アマゾンで注文していました。これの受け取りを、天塩のヤマト運輸の支社にしていました。商品の到着は本日。これをとりあえず受け取って、その後を決めようと。

稚内まで行けば、電車なり夜行バスなりで札幌まで行って、飛行機に乗れそう。もしくは時間の猶予があるなら、苫小牧まで自転車で戻って、フェリーで帰ろうかとか、いろんなことが頭に浮かんでました。

そのうちにヤマトから自転車と荷物を送って、自分は天塩からバスで札幌へ行けば良いと思いつきました。稚内まで行かないと、札幌へのアクセスが無いと思い込んでいたのですが、調べてみれば1日に数本高速バスが出ていたのでした。

STY25470

色々考えながら走っていますが、本日もアップダウンの激しい道です。下りはいらないから、登りをなくしてほしいと切実に願います。

STY25472

2時間ほど走って、初山別の道の駅に到着。前回の旅では、こちらのキャンプ場に泊まりました。ここも夕日がきれいに見えるポイントで、今回も天売島・焼尻島のあとに、ここに泊まる予定でしたが、予定で終わりました。前回は見ていなかった、海沿いにあるほこらと海に立つ鳥居だけを見ておきます。

STY25473

潮が引いていると、ちょっとイマイチですね。天気も悪いですし。まぁ、こんな状態で何を見ても感動はしないのですが。鳥居を見たあとは、すぐに出発。相変わらずのアップダウンの道を走り、2時間ほどで道の駅富士見へ。

STY25474

時間的にちょうどお昼頃だったので、食事をしたいと思うも、道の駅のレストランはイマイチ。少し先に進むと、昔ながらの町のレストランがあるということで、そちらへ向かうことに。

STY25475

昔ながらの町のレストラン メルヘンです。

STY25476

昔ながらの内装。レストランとか喫茶店とか、昔はこんな感じでしたよね。

STY25477

ステーキ定食、1620円。若干、やけくそ気味に高いものを注文しました。昨日の甘エビ丼より、はるかにおいしい。お肉なら1000円以上出しても良いなと。

食後は、またひたすら進みます。そして、天塩の町に到着。羽幌、初山別、富士見、天塩と約20km間隔で道の駅があって、休みつつ進めるので順調に来ました。午後2時過ぎです。

とりあえずヤマト運輸天塩センターに行き、ボトムブラケットの受け取りを済ませます。この時に自転車の輸送について、質問してみました。バッグはそのまま、もしくは箱に詰めて2個1にする形で大丈夫とのこと。

問題はやはり自転車。そのままはちょっと無理。自転車自体を傷つけるかもしれないし、ほかの荷物を傷つけるかもしれないと。それなら箱に入れたら良いですかということになり、車輪をはずして、輪行スタイルで箱に入れるなら大丈夫だろうと。箱は用意してくれる(有料)とのことで、なんとか自転車を送る目処がつきました。

親身になって相談に乗ってくれたヤマト運輸の方々に感謝です。とりあえず本日は天塩のライダーハウスに泊まるので、自転車を送るのは明日の朝にということで。

STY25478

ちょっと早いですが、ライダーハウスの受付に。キャンプ場が500円で、ライダーハウスが200円という、非常に素晴らしいところです。

STY25479

前回と同じく、ライダーハウス2に泊まります。この時は、1も2も誰もいませんでした。

後ろの荷物だけをライダーハウスに残し、町を自転車でぶらぶらします。ひとつは明日のバスの時間を調べるため、もう一つがお風呂に入るためです。

とりあえず道の駅に行き、町の情報を入手。バスターミナルの位置を確認。すぐ近くなので、行ってみます。札幌行きのバスは1日5本ほど出ているようで、どれも予約制になっていました。ヤマトで自転車を送ってからなので、午前11時15分のバスを予約しました。

その後はライダーハウスの近くにある、温泉施設に行きお湯につかってまったり。夕食はセイコーマートでお弁当を買って、ライダーハウスで食べます。ライダーハウスは火気厳禁なので自炊はしません。

なお、お風呂を出たあと、少しですが雨が降ってきました。今回の旅はこれまでほとんど雨に遭わず、気持ち良く走れましたが最後に雨になりました。旅の終わりに雨というのもふさわしいのかも。

さて、これで自転車日本一周補完旅、北海道編は終了です。というか昨日のブログで実質終わっております。今日のブログは残りかすのようなもので、作業的に書いています。

本日は気持ち的に、もう楽しく旅している気持ちでは無かったというのが本当のところです。母の状態が心配なことと、旅を終わらせなければならないこと、色々な感情が渦巻いておりました。

明日から家に帰るのは旅ではないので、ブログにも書きません。こんな形で終わるとは、全く想像していませんでした。ブログに関しては、しばらくお休みさせていただきます。またいつか、お目にかかれればと思います。

本日の走行ルート

本日の走行距離 71.07km / 総合距離 646.6km

四十七歳の地図~2019北海道放浪編~ 目次
2019年6月、北海道を放浪すべく、旅立ちました。結局、中断することになったのですが、準備編と旅日記...