【報告】写真企画展「日本一周チャリダーズ!心に残る3枚の写真」【感謝】

さて、写真展が終わってから、時間が経ってしまいました。燃え尽きた感もあり、なかなかブログを書く気持ちが起きませんでした。申し訳ないです。

あらためて写真展の報告をさせていただきます。ご来場いただいた皆様には、本当に感謝です。

STY66750-crop

写真展について

開催した場所は大阪市南船場にあるギャラリー・アビィ
2018年10月3日(水)~10月7日(日)の5日間の開催でした。
参加メンバーは、

あつしくん、カズオくん、かすてらくん、清宮健太くん、佐竹昇くん、清水颯一郎くん、たいりくくん、tamaploたまぷろくん、原田龍之介くん、ひろなおくん、28りょーへーくん、そして私の計12人。

過去の自転車日本一周中に撮った、数多くの写真の中から、自身にとって心に残る3枚を選んでいただきました。

展示風景

STY66762-crop

STY66761

STY66760

STY66759

心に残る3枚の”写真”ということで、風景だけでなく、いろいろな写真が集まりました。

企画について

twitterにも書いたのですが、この企画を考えたきっかけは、火野正平さんの「日本縦断こころ旅」秋編に、応募してみようと考えたことから。

この番組は視聴者から、心に残る風景を募集して、そこを火野正平さんが自転車で訪れるというものです。

日本一周中に見た景色の中で、これに応募してみようかなと。日本一周の中で、心に残っているところを思い出して、そのストーリーを考えました。心に残っている場所というのは、その前後を含めて、明確に覚えているもの。

ただ、思いついた場所は、何処も坂道をヒイコラと登っていったところばかりで。今の正平さんには厳しそうで、採用されないよなぁと思い、応募はしないことにしました。

そんな事を考えていたとき、これを写真展にすれば面白いのではと、ひらめきました。自転車日本一周した人の、心に残る風景を、です。

ただ、風景という縛りにしてしまうと面白くない。もう少しバラエティに富んだものにしたい。だからあえて、心に残る3枚の”写真”にしました。

それでも、思いつきやすい、絵になる風景の写真が集まるのかと考えていました。北海道の富良野や美瑛、山口の角島大橋などです。

しかし、送られてきた写真を見ると、まさしく十人十色。さらに話を聞くと、それらが選ばれた理由にも、いろいろあって、非常に楽しかったです。

自転車日本一周をした人でも、心に残っているものは、こんなにも違うものだなとあらためて感じさせられました。

ご来場者様

ご来場いただいた方と撮った写真です。

STY36739_01

STY66772

STY76788

出展いただいたメンバーの方に加え、元日本一周チャリダー、現日本一周チャリダーもご来場いただきました。

そして名前は出しませんが、日本一周勢にはおなじみの方もかけつけていただきました。

来場者はのべ105名でした。多謝。

Mr.Bicycleさんへ

日本一周チャリダーにおなじみの、Mr.Bicycle。自転車日本一周している人は、無料で髪を切っていただける、北海道の理髪店です。

私が訪れたときの、ブログはこちら

ここを訪れた人は、Tシャツをいただけます。このTシャツを持っている方には、着て(持って)来場いただけるように、呼びかけました。

STY36732 (1)

STY36749 (1)

STY66769

STY76781

私を含め、11名のバイシクルTシャツが集まりました。

「いつかどこかで」というマスターの思いを、世界のどこかではなくて、日本の大阪でですが、すこしは叶えられたのかなと思ってます。

なお、これらの写真はプリントして、Mr.Bicycleさんへ送らさせていただきました。少しばかりのエールになればと思いをこめて。

地震があって、お店のある札幌市清田区は液状化現象が起こり、大変な状況かもしれませんが、私ができることはこれくらいのことです。

さて、来年は

写真展の準備が終わったころ、来年はどうしようという思いが浮かびました。

今回、自転車日本一周を終えた人に限定したことで、日本一周中の方や日本縦断の方はお断りしました。

日本一周を終えられた方が感じるものを、大切にしたいという、私のこだわりだったのです。でも、次はそんなこだわりを捨てても良いかなと思いました。

そんな中思い浮かんだのが、「旅と自転車~積載自転車の魅力」というテーマです。

日本一周に限らず、沢山の荷物を積んだ自転車が、美しい景色の中にある、そんな写真を集めた写真展を考えました。

みんなそれぞれに、看板やマスコットがあり、荷物の積み方にも個性が現れます。また、最近流行りのロードバイクとは、全く違った自転車の魅力があるのではと。

twitterでハッシュタグをつけてもらって、アップしていただければ、それをこちらでプリントする。

今回よりさらに簡単に参加できるようにして、俺の自転車を見てくれっ!というような写真をいっぱい集めて展示できたら、そんな事を考えました。

でも、写真展が始まり、いろいろな旅人、元旅人と話をしていると、また旅をしたくなりました。

ひょっとしたら来年は、日本一周とは言わないまでも、北海道一周くらいには行きたいなと思い始めました。もちろん自転車で、です。

なのでひょっとしたら来年は、写真展をするかもしれないし、しないかもしれません。時間的な問題と、予算的な問題、両方ありますので。

でももし、写真展を開催する場合は、また、twitterで募集しますので、その時はよろしくお願いします。

最後に

写真展がどうこうというより、元日本一周チャリダーがこんなに集まることはあまりないと思うので、そんな場を作れたことが今回の一番の喜びです。

いろいろと協力していただいた方、遠方よりご来場いただいた方、皆様方に本当に感謝です。

写真展に作品を出していただいた方には、展示したパネルと特製フォトブックを送る予定です。頑張って作りたいと思ってますので、もうしばしお待ちを。

以上、写真企画展「日本一周チャリダーズ!心に残る3枚の写真」の報告でした。

本当にありがとうございました。それでは、また。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする