【写真展への道 その2】ダイレクトメール!【自転車日本一周写真展】

6月7日から11日まで行われた写真展「チャリダーズ! 2016年日本一周の旅」に、たくさんの方に来ていただき、改めましてお礼を申し上げます。

写真展は終わりましたが、写真展開催に至るまでの過程を書きたいと思います。忘備録としての意味もありますし、写真展を開催したいと思っている方へ参考になるかと思います。

その1ではプレスリリースを作成しました。

【写真展への道 その1】 プレスリリース!【自転車日本一周写真展】
以前、こんな記事を書きました。 これ以降、写真展に関することはブログには書いておりませ...

STY84658

そして今回は、ダイレクトメール(DM)の作成です。DMとは、言ってしまえば写真展告知のはがきです。

作成にあたり、今回はデザインから印刷依頼までギャラリーの方におまかせしました。もちろんおまかせと言っても、使う写真や文言、レイアウトは、私達の意見を取り入れていただいております。

作成を始めたのは写真展開催の2ヶ月前、4月に入ってすぐのことです。

写真面

作成にあたり、まずは使う写真を決めます。が、これは写真展にさたちゃんを誘った時点で、実は決めておりました。さたちゃんたちが北海道の宗谷丘陵で自転車を並べて撮った写真。ブログにも掲載されていた、この写真がすごくいいと思っていたのです。

実際の写真展のメンバーとは違いますが、自転車乗りが集まっている感じが、たまらなく良いと思っていたのでした。

誘った時点でこの写真を使わせてほしいとお願いしていたので、ひろなおくんの意見は聞かずに決めていました。ごめんね、ひろなおくん。

使う文言はプレスリリースのものを流用します。それ以外の希望としては、写真がさたちゃんのものとわかるように、キャプションを入れてほしいということぐらいです。

これらの希望をギャラリーの方へ伝えて出来上がってきたのが、こちら。

sample1-1
sample1-1 フチなし

sample1-2
sample1-2 フチあり

sample1-3
sample1-3 縦位置

以上の3点が最初の案です。3人でやり取りして、まずは縦位置は却下となりました。

そこでフチの有無が問題となりますが、その前に横位置の2つには作家名がありません。そこで作家名を入れたいということになったのです。

私はただ単純に、右下に小さくでもいいので、入れるといいのではと思ったのですが、ここでひろなおくんが消印風のデザインで名前を入れたらいいのではという、ナイスアイデアを出してくれました。

もう一つフチありの案で気になったのが、中央に配置されたタイトル。これが少し樹木の緑にかかっているので、フチなしのように右寄せに出来ないかということです。

これらをギャラリーの方に伝えました。

結果、右下に小さく名前を入れるのは、小さすぎるのでやめておいたほうが良い。ひろなおくんのアイデアの消印風のデザインが良いのではと。

ただ、消印風のデザインで入れるとしたら、タイトルを右寄せにすると、消印とかぶってしまう。それならタイトルは中央合わせが良い。もし、タイトルを右寄せにして、名前を入れるのなら、吹き出し風に入れる方法もあるよとアイデアをいただきました。

sample2-2-a
タイトル右寄せ、吹き出しで作家名を入れたもの

sample2-2-b
吹き出しの色違いバージョン

sample2-3
タイトル中央合わせの吹き出しバージョン

sample2-4
フチなしで吹き出しバージョン

sample3-1
フチあり消印バージョン

結局、一番最後のフチあり消印バージョンに決まりました。ちなみにフチなしバージョンだと、さたちゃん自転車が切れてしまうので、フチありのほうが良いという考えです。

宛名面

これはギャラリーの方におまかせで、3パターンの提案をいただきました。

sample4-1
sample1

sample4-2
sample2

sample4-3
sample3

こちらは3人とも意見が一致で、3番目を採用することに。

これでDM版下データの完成です。

印刷、そして配布

その後ギャラリーへ行って、印刷を依頼するために、紙質や印刷枚数の打ち合わせを。

こちらもほぼギャラリーの方におまかせで、あまりお金のかからないものを、1000枚印刷することにしました。

2週間もかからず4月の末日に、印刷は出来上がってきました。それをギャラリーに取りに行き、600枚もらって帰ります。

実際に出来上がってきたものを手にすると、ついに写真展が形となって動き出してきたのだと実感します。いよいよだなというドキドキと本当にうまく開催できるのかという、プレッシャーを感じるのでした。

ちなみに残りの400枚は、ギャラリーの方で大阪市内の他のギャラリーなどに、配っていただくことになってます。

さたちゃんとひろなおくんに必要枚数を送り、残りは私がバラ撒きます!

写真展の内容から、自転車に興味を持っている方に来ていただけたらと思い、大阪市内の自転車店などをピックアップして、DMを置いていただけるようにお願いして回りました。

今回DMを置いていただいたお店です。
スタンダードブックストア Nu茶屋町
バイシクルショップtubi
スポーツサイクルショップ ベックオン
ローロ サイクルワークス
Hutte 8to8
スタンダードブックストア 心斎橋店
FOLK OLD BOOKSTORE

スタンダードブックストアは本屋と雑貨屋と喫茶店が一体化した、ユニークな本屋さんです。
以前はヴィレッジヴァンガードもお店によっては、DMを置くスペースがあったと思うのですが、今回訪れたお店にはありませんでした。

また、大阪の大手サイクルショップのシルベストサイクルやワイズロード、ウエムラパーツショップは、置いていただけそうなスペースがなかったのと、店員さんが忙しそうだったので、依頼しませんでした。

本当はもっと他にも置いていただけるように、お店を訪れる予定でしたが、個人的にちょっとアクシデントがあったり、作品作りに追われたりで、すべて配りきることは出来ませんでした。

このあたりは働きながらだと、どうしても自由になる時間が限られるので、難しいところです。

まとめ

以上がDMの作成から配布までの過程です。

で最後に気になる費用ですが、デザイン料と印刷代合わせて7,290円でした。版下を作るソフトを持っている方やデザインの知識・ノウハウがある方なら、印刷代だけで済むところですが、今回はほぼギャラリーにおまかせでしたので。

今の時代はブログやtwitterで告知すれば、それなりに広まります。ただ、ネットの情報という形の無いものではなく、ハガキという”モノ”として出来上がってくるのは嬉しいものです。

このDMを受け取って頂いた方に、感謝申し上げます。

ではでは。

コメント