【134日目】ラスボス紀伊半島に向け、津へ【2016/08/23】

さて、本日は紀伊半島に向かいます。

紀伊半島はどこからか調べてみたら、
広義では名古屋市の南西部からすでに紀伊半島とのことです。
狭義では、紀ノ川と櫛田川を結ぶ中央構造線以南を指すとのことで、
こちらのほうがしっくりきます。
なので、本日は紀伊半島一歩手前までとなります。

午前5時起床。
はじめて自遊空間というネットカフェを利用したのですが、設備が若干…
フラットシートでパソコンのキーボードの位置が座って使えない高さって…

午前6時半にはお店を出て、近くの公園で出発準備をします。
午前7時にスタートです。

名古屋市の東部はアップダウンが激しかったのですが、
西部はフラットで走りやすい。
ただ、交通量が多いので、歩道を走ります。

三重に行くには国道1号線と23号線があるのですが、
国道1号線を走ります。

STY37384
なぜか灯台風の広告塔が。

STY37385
尾張大橋の途中で、三重県に突入です。

桑名にある七里の渡し公園駐車場の休憩室で、しばらく休憩。
本日も日差しが強く、体力の消耗が激しいようです。

休憩後は桑名の町をぶらぶら。

STY37387
長良川河口堰がよく見えます。

STY37390
伊勢神宮の一の鳥居がここにあります。

STY37392
桑名宗社(春日神社)の鳥居は青銅製。

ちょっと面白い公園が。

STY37394
「歴史を語る公園」は、東海道五十三次をモチーフにした公園。
日本橋から始まります。

STY37395
富士山があります。

STY37398
最後は三条大橋です。

桑名はこの辺にして、先に進みます。
じっくり見て回れば、面白い町なんですけどね、桑名って。

しばらく走って、四日市へ。ここで昼食です。

STY37400
こちらの店に来てみました。ラーメンちゃんneo。

STY37399
食べたのはトンテキ定食。
日本一周を始める前、今年の2月に四日市に来て、
別の店でトンテキを食べているのですが、その時より美味しく感じました。
ただ、もうちょっと肉の量が欲しいです。

ご飯、味噌汁、キャベツはおかわり無料なのですが、
肉が少ないので、おかわりは無しです。

四日市を過ぎると後は走るだけとなりました。

STY37401
ちょっとバテ気味になってきたので、アイスを。
練乳がかかっているのが好きです。

途中、あまりにも暑いので、イオンで休憩。
ベンチに座っていたら、少し寝てしまいました。

出発するのですが、体調がイマイチ。
ミニストップがあったので、ハロハロ休憩です。

STY37402
少しの贅沢です。ただ、クリームの量が少ないような。

この後も頑張って走り続けて、津市香良洲にある浜風公園キャンプ場に。
こちらは無料のキャンプ場です。
ただ、事前に予約して、受付が必要です。
受付をすると水道を使用できる鍵が渡される仕組みとなってます。

STY37403
樹の下にテントを張ろうかと思ったのですが、
地面がいまいちだったので、芝生の真ん中に張ることに。

STY37404
夕食は昨日お会いした元同僚のOさんからいただいた、
スガキヤラーメンです。
和風とんこつとのことですが、
あっさり目で魚介系スープっぽい感じでした。おいしい。

本日、キャンプ場は他に1名いるだけで、静かに眠れそうです。

本日の走行距離92.96km/総合距離9922.1km
明日はいよいよ紀伊半島に突入です。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nori より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちはー!
    北海道で何度か会ったハーレー女子です!
    私は無事家まで帰りましたよ~(^_^)v
    楽しい旅が続きますように!!

  2. 岐阜マグナ(クリオネ) より:

    SECRET: 0
    PASS:
    うち寄るの忘れてないですよね?
    ハーレーさんは無事帰ったんですね^^

  3. keta-G(けたじぃ) より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >nori様
    お久しぶりです。
    無事に旅を終えられたとのこと、お疲れさまです。
    私の旅はまだまだ続きます。
    また広島に着いた時にお会い出来ると
    うれしいですね。
    まだまだ先になりますが。

  4. keta-G(けたじぃ) より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >岐阜マグナ様
    ごめんなさい。岐阜は華麗にスルーしました。
    基本、海岸線沿いを回ってますので
    申し訳ないです。
    いつか電車で伺います。