【34日目】暑さにやられながら、氷見へ【2016/05/15】

さて、本日は富山県氷見市を目指します。

昨日はポケットパーク海岸桟敷のと七見の東屋に泊まったのですが、一緒の東屋にいたのが、放浪のアーティスト喜多村琢さんです。旅をしながら、絵や書、文章を描(書)かれています。

STY53166

すごい人に出会ってしまった!

昨日の夜と今朝、たっぷりお話させていただきました。すごく重い言葉や、考えさせられる言葉をいただきました。喜多村さんは本日・明日とここにいるとのことで、私だけ出発します。

午前8時前に出発。本日も良い天気です。

喜多村さんとの会話を思い浮かべ、頭の中を色々な言葉・考えがめぐります。自問自答しながら運転するのはよくあるのですが、今日はちょっと考え過ぎか。運転に集中しないと危ないと思い、できるだけ考えないように。

そんなこんなで、ひと山越えて、海沿いに出ます。

STY53171

ボラ待ちやぐらです。ひたすら待つだけの漁法に使われていました。今はもう使われていなくて、現存するのは二つだけとのことです。

次に向かったのは、能登大仏。

STY53175

2003年に作られた新しい大仏です。周辺もすごく綺麗なところですが、こちらはお寺ではないのです。どういった経緯で建立されたのでしょうか。

STY53180

もう一つのボラ待ちやぐら。

このあとから、気温が上昇。坂道を登ると汗がダラダラ。朝5時ころはすごく寒かったのですが。この気温の差に、体がちょっとやられたみたいです。頻繁に水を飲んで、補給食も取ります。

STY53181

道の駅 なかじまロマン峠にて、中島菜入りざるうどん+ごはん小。中島菜はそれほど苦味とかはなく、わりとアッサリでした。ただ、うどんのモッチリ感はありませんでしたが。

その後は能登島に向かいます。

STY53182

ツインブリッジのと。

本当は能登島を回ろうと思っていたのですが、体調を考え、止めておきました。
とりあえず能登島に渡っただけです。

STY53184

能登島大橋をベタ踏み坂風に撮ってみました。もっと車があれば良かったのですが。

この後は体調が思わしくなって来たので、あまり写真も撮れず。普段はなくなることのない、900mlペットボトル2本の水が、残り少なくなります。

とりあえず、七尾にある能登食祭市場に。

STY53185

焼きイカ。本当はご飯物を食べたかったのですが、高いのしかなかったので。

この後も、コンビニでアイスを食べたり、持っていた補給食を食べたり。ヒイコラ言いながら、やっと氷見の道の駅に。

STY53186

着いたのが17時くらいだったので、終了しているお店や売り切れている商品もあり、無難なカレーを。氷見牛カレーです。ご飯を食べたら、少しは体調も良くなりました。

そして、ここ氷見は藤子不二雄A先生の出身地。

STY53187

道の駅には怪物くんバスが。

STY53191

近くにマンガロードというのがあって、そこには像がたくさん。

STY53193

潮風ギャラリーは実質、藤子不二雄Aミュージアムです。ただ、営業時間は終了していたので、入れませんでした。

実は何年か前に氷見には来たことがあって、ある程度は知っているので、中に入れなくても、それほど残念感はないのです。

STY53198

以前来た時はなかった。ハットリくん。

STY53204

近くにからくり時計があって、17時30分から始まりました。ドラマ仕立てで、噴水が上がるのです。結構凝った作りで、よく出来ています。

この後は、本日の寝床、雨晴海岸にあるキャンプ場へ。こちらは無料のキャンプ場で、なかなか快適そうです。

本日の走行距離102.25km/総合距離2457.0km

明日は雨が降るかも。出来るだけ進みたい。

ではでは。

四十七歳の地図~自転車日本一周記~ 目次
日本一周の定義とルート・・・この旅の定義とルートの説明 日本一周装備紹介 自転車/バ...

コメント

  1. 用務員のおじさんおじさん(1号) より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんち(^_^)
    能登島大橋あんな坂とは(゚▽゚)/
    分かってるだけに写真の取り方で変わるとは
    本格的に北上、寄りいっそう安全運転で楽しんでよ~

  2. keta-G(けたじぃ) より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >変なおじさん1号様
    写真は真実を写すものではないのですよね。
    安全第一で楽しみます。