【91日目】ポロトコタンに立ち寄り、チキウ岬へ【2016/07/11】

さて、本日はチキウ岬のある室蘭を目指します。

STY15776

こんな感じで、テントを張っていました。

こちらの道の駅、車中泊の人がホント多い。多分、50台近くあったのでは。フェリー乗り場である苫小牧と、札幌をつなぐ道路沿いにあるからでしょうか。

ここでアクシデント発生です。昨日荷物を外すときに気がついていましたが。

STY15777

フロントキャリアが壊れてしまいました。まさかここが割れるとは想定外。パイプが折れるなら分かるのですが。今すぐ使えないというわけではないので、とりあえずそのままにしておきます。タブレットPCを入れた重い方側だったので、左右を入れ替え軽い荷物を取り付けることに。

朝はちょっと曇っておりましたが、本日は晴れの予報。室蘭までは約80km。道の駅なので、あまりテントを張っているのも良くないので、早めに撤収。午前6時すぎスタートです。

とりあえず、キャリアの応急処置を考え、ホームセンターでもあればと思いながら走ります。

しばらく走ると24時間営業のトライアルがありました。

STY15778

瞬間接着剤を購入。

STY15779

接着剤で着けて、パワーテープで巻いてみました。とりあえずこれで様子を見てみます。

苫小牧から室蘭までは、国道36号線を走るのですが、トラックも多くて走りづらいです。

STY15783

途中、キレイな小学校がありました。白老町立社台小学校、残念なことに廃校になっているようです。

STY15781

窓の中にステンドグラスが見えます。もったいないですね。調べたら。今年の3月で廃校になったようです。

そして本日の第一目的地、ポロトコタンに到着です。

STY15784

ポロトコタンとは「大きい湖の集落」という意味らしいです。

STY15786

入り口にある売店では、熊の毛皮がありました。脚立に乗せている姿が面白い。

STY15787

入るとすぐにコタンコロクル(むらおさ)の像がお出迎えです。

STY15790

ポロト湖をバックに記念撮影です。博物館ではアイヌの文化をわかりやすく展示・解説しております。また、復元された建物もあり、アイヌ文化に触れる入り口としては良い所でした。

STY15795

登別の手前には、自転車日本一周ブログではおなじみ、クマとサケとカニの像があります。カニの像の下の部分が工事中でした。

STY15796

途中の道路にトラックが転がっておりました。

東室蘭の駅辺りを過ぎると、アップダウンが激しくなってきます。

STY15798

サッカーボール模様のガスタンクが。

チキウ岬へは母恋の駅前から坂道を上がっていきます。最初はそれほどの坂ではないのですが、チキウ岬まで1.2kmの看板があるところからが斜度が強くなってます。トッカリショ岬とチキウ岬との分岐点までなので、それほど距離はないのですが、ちょっときついです。

STY15800

チキウ岬に到着です。ちなみに看板などは地球岬となっておりますが、チキウ岬が本来の呼び名とのことで、このブログではチキウ岬で統一してます。

STY15801

灯台がキレイです。天気の良い日の灯台はいつ以来でしょうか。気持ちいい。水平線も丸く見えました。

DSC_0021

パノラマでも撮ってみます。

STY15811

こんな電話ボックスもありました。

そして一度母恋駅前まで来た道を戻り、室蘭駅方面へ食事に向かいます。

STY15813

味の大王という有名なお店です。

STY15812

食べるのはもちろん、カレーラーメン。正統派と言いましょうか、カレーうどんのラーメン版ですね。スパイシーなスープに自家製の縮れ麺が絡み、カレーをより味わえます。

そして、本日の宿泊予定地、道の駅 みたら室蘭 に向かいます。

STY15814

途中、旧室蘭駅舎、築100年とのことです。現在は観光案内所として、使われております。

道の駅 みたら室蘭 はちょっと小ぶりな道の駅ですが、横に公園がありまして、そちらで寝ることにします。近くの温泉に入り、テントを張って本日は終了です。

本日の走行距離94.60km/総合距離6773.4km

明日はちょっと寄り道して、洞爺湖に行こうと思ってます。

ではでは。

四十七歳の地図~自転車日本一周記~ 目次
日本一周の定義とルート・・・この旅の定義とルートの説明 日本一周装備紹介 自転車/バ...