DEORE DXについて

日本一周旅用自転車のディレイラー等にはDEORE DXを使うつもりと書いたのですが、
今回はそのDEORE DXについてのことです。


きっかけはフェデラルの改造を考えていた時のこと、
リアディレイラーは何にしようかとヤフオクをあさっておりました。
そこで見つけたのがDEORE DXのリアディレイラー RD-M650でした。
スタート金額は380円だったと思います。

その頃は自転車のパーツの事なんてあまりわかっていなくって、
ちょっと古い感じのちょっといいパーツがほしいと思っていたのでした。
とりあえずDEOREグレードであれば、それなりのものだろうと
安易に考えて入札し、競り合うこともなく落札出来ました。
そこからこのDEORE DXにハマっていきました。

このDEORE DXは90年から93年位まで作られていたグレードで、
DEORE XTにつぐ2番めの上位グレードでありました。
その後XTRというグレードが出来たために3番目のグレードとなりましたが、
当時としてはちょっといいものだったと思われます。

そして、XTR・XT・LX(これはDXの一つ下のグレード)が
今も続いているのに対し、DXは90年代前半で終了しているというのが、
私の琴線に触れました。

なにか”知る人ぞ知る”といった感じが、好きなのです。
生産されていた期間が短いためパーツの種類も少なく、
これなら集めることが出来るかもなんて思い始めたのでした。
そして今こんな感じです。


これ以外にも、フェデラルにフロント/リアディレイラー・ペダルがついております。

そして色々とネットで調べて辿り着いたのがこのページ
ADFC Fachausschuss Technik – Gruppenubersicht 1990-1999
DXグレードとしてはM650とMT60番台の型番を持つものがあるようです。
そしてこんなカタログ画像も手に入れました。

ということで、この集めたパーツたちを活かしてあげたいと思っております。
自転車も90年代前半のものですし、ちょうどいいかなぁと。

ちょっとしたこだわりのパーツ選びです。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする