【109日目】日本一周している人には立ち寄って欲しい陸前高田、そして石巻へ【2016/07/29】

さて、本日は陸前高田、気仙沼を通り、石巻へ向かいます。

STY96344
朝食付きなので、ちょっとしょぼい内容ですが
朝からガッツリといただきます。

この後、ご飯のおかわりをして、久々に納豆を食べました。
朝食の提供は午前7時からです。

STY96346
特徴的なこのパチンコ屋の建物、
ここはクレヨンシティと言う施設のようです。
まさしく峠のオアシスでした。

食後も少しゆっくりして、午前8時のスタートです。

峠の上に建物があるということは、
出発するとすぐに下りとなります。
下り始めると、すぐに陸前高田に入ります。
昨日、たっぷり登ってきた分、陸前高田の町までは、ずっと下りです。

STY96347
陸前高田の町も津波の被害の大きかったところです。
巨大な防潮堤を作っておりました。

そして、今は営業していない道の駅「陸前高田」に到着です。

STY96350
道の駅の建物は、そのまま残されております。
もともと、津波時に避難できるように頑丈に作られていたそうです。
ただ、増築された部分は綺麗に流されてしまったそう。

STY96355
道の駅の敷地には陸前高田復興まちづくり情報館というのがあります。

この中には津波前後の町の比較写真や、
災害後の取り組み、今後の復興プランなど、
かなり詳しくパネルで説明されております。

STY96354
被災した松の根も保存されています。

STY96353
道の駅向かいにあるガソリンスタンド。
看板が津波の高さを示しております。

STY96358
道の駅建物内部はそのままの状態で残されております。
松の木や漁具その他諸々、津波によって流されたものが…

STY96359
松の根も屋外にたくさん保管されております。

そして、道の駅から少し進んだ所に、
奇跡の一本松と名付けられた松の木があります。

STY96361
ここ陸前高田の海岸には、高田松原として約7万本の松の木があり、
その中で唯一残った1本。
後ろに見える建物は、ユースホステルの建物。
この建物が防波堤の役目を果たしたよう。

実を言いますとこの奇跡の一本松のことは報道で知っておりまして、
陸前高田の町はもう復興しているのだろうと思っていました。

しかし、来てみると全く違っておりました。
一本松の周りだけは綺麗になっておりましたが、
そこに行くには工事現場の中の歩道を歩いていきます。

町はとにかく工事中だらけ。
道の駅の建物を見た時、情報館のパネルを読んだ時、
この奇跡の一本松への道を歩いている時、
なんだか涙が溢れてきました。

東日本大震災から5年がたちました。
日本一周を始める時、三陸海岸沿いを走る時は
震災遺産を見て回るつもりでした。
ほんの軽い気持ちだったように思います。

山田の町の状況を見て、そして本日、
陸前高田の状況を見ました。

町の人はある程度の生活を取り戻して入るでしょうが、
町は全然復興されていません。

たぶんテレビや新聞は奇跡の一本松のような
美談的なものだけを伝えるだけです。
見るべきは奇跡の一本松ではなく、その周りの工事中の風景です。
日本全国から集められたトラックや重機です。

たぶん今は瓦礫を撤去したあと、整地され、
その上に物を作っている段階なのでしょう。
どんなにお金を投入しても、最低限の時間はかかります。
5年たっても、ここまでしか進んでいないということです。

今、日本一周をされている方には、ぜひこの町に立ち寄って欲しいのです。
そして、今のこの状況を見ておいて欲しい。
震災後すぐではなく、復興された後でもない、今現在の姿を是非見て欲しい。

ただ、地震や津波にトラウマのある人は無理はしなくていい。

そして、周りの人に自分が見て感じたことを伝えて欲しいのです。

STY96364
奇跡の一本松は高田松原の代わりの観光資源として、
保存活用されていくようです。

STY96365
ナーバスな気分で陸前高田から離れるのですが、
最後には被災した中学校の校舎が。

走りながら、今日のブログはどうしようと。
今日ほど、ブログを書くのが辛いと思ったことはありません。

しばらくは頭の中を色々なことが駆け巡り、
その後の景色は覚えておりません。

気仙沼の町もやはり工事中の所が多く。
昨日の段階では「続・思えば遠くへ来たもんだ」の舞台だったなぁとか、
それほど遠くじゃないなぁとか、考えていたのですが、
そんなことは飛んでしまっていました。

道の駅「大谷海岸」に到着です。

STY96369
気仙沼カレー。肉のかわりにカジキを使っているそうです。

この道の駅はJR大谷海岸駅のあったところですが、
駅の機能はなくなっております。

STY96370

STY96371
道の駅裏手には線路が残っております。
もう、この線路が使われることはないのでしょう。
(バスを使ったBRT方式で”仮復旧”中です)

その後、幾つものアップダウンを越え、
幾つもの工事現場を目にし、北上川沿いへ。

STY96378
北上川沿いを内陸方面に登っていきます。

これで三陸海岸ともお別れです。
本日は坂道よりも、
最初に見た陸前高田の町で精神的にまいってしまいました。

加えて本日はとても暑くて。
何度も休憩を取り水分補給、コンビニに寄ってはアイスを食べました。

そんなこんなで道の駅「上品の郷」に到着。
こちらは巨大な道の駅で、コンビニあり、温泉あり、足湯ありです。

STY96379
夕食はコンビニで冷たいものを買いました。
流石に熱い食べ物は無理かなぁと。

STY96381
なぜかガラナが売られていたので、つい買ってしまいました。

本日はここでテン泊です。

本日の走行距離108.90km/総合距離7808.6km
明日は石巻市街、塩釜を通り仙台へ。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. waka より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お久しぶりです。南下してきましたね♪
    以前石ノ森萬画館に行った時、この道の駅上品の郷で車中泊しました。震災前2009年です。
    見て知った街の津波映像は心を痛めました。