GVRのヘルメットを購入

日本一周に向けて、ヘルメットを新調しました。今まではOGK KABUTOのENTRAを使っていましたが、今回はGVRのG-306Vというのを買いました。

GVRって聞いたことのないメーカーだったのですが、台湾のメーカーのようです。

GVR Sport Helmet是一家專門製造自行車專用安全帽的公司 我們以台灣師傅高規格技術生產平價的產品 請各位車友多給一些我們指導

アマゾンで買ったのですが、NEO RIDERSというところが販売しています。このNEO RIDERSを運営している株式会社ESTが日本の代理店のようです。

パッケージも日本語で作られているし、きちんと日本語の説明書もついてきました。

これを選んだのは、写真にあるようにシールドを付けられるからです。メガネをかけていてサングラスを使えないので、これがありがたいのです。

最初に付属しているのはクリアシールドなので、一緒にスモークシールドも買いました。デザインも派手でなく、後頭部もカバーしてくれます。なかなか良いのではないかと思っています。

風船を使って、写真を撮ってみました。上がENTRA、下がG-306Vです。


見ていただきたいのが、後ろ側あご紐の出ている位置です。

ENTRAが頭頂部やや後ろから出ているのに対し、G-306Vは後頭部から出ています。ENTRAは耳たぶ後ろ側あたりに当たる形です。眼鏡のツルに当たるので、ちょっと気になります。

対してG-306Vは首に巻き付くような感じがします。これは好みの分かれるところではないかと思います。試着もせずに買うのはちょっとためらいがあったのですが、届いてかぶってみると装着感に問題はありません。

アマゾンの商品説明にもあるように日本人に合わせた幅広設計とのことです。アジャストホルダーで調整も出来るので、しっかりとフィットさせることが可能です。この辺はヨーロッパのメーカーと違い、アジア人向けなのかなと思います。

あえて問題点を上げるとすれば、内装パッドが横側にないこと、あご紐が長いことでしょうか。

内装パッドの比較です。上がENTRA、下がG-306Vです。


ちょっとわかりづらいですが、ENTRAには横側にも赤いパッドが見えます。アジャストホルダーで締め付けることになるので、パッドはあったほうが良いかなと思うのです。

で、ないならつけてしまえということで、ENTRAについていた予備のパッドを付けることにしました。100円ショップで粘着式のマジックテープを買ってきました。


コレを適当な大きさに切って、貼り付けます。


で、パッドを取り付けて終わりです。


もともとマジックテープでつけるようになっているので、すごく簡単です。

もう一つの問題点、あご紐の長さです。


余っている部分が長いです。

長いなら切ってしまえということで、切ってしまいました。ちなみに切ってしまうと後戻りができませんので、この記事を見て同じことをされる場合は自己責任でお願いします。


切りっぱなしだと、ほつれてくるので、ライターの火でちょっと炙って、紐の端を溶かします。ナイロン製の場合はこうすることで、ほつれなくなります。


以上、GVRのG-306Vの紹介でした。

実はまだコレを使って走りに行ってません。実際の使用感はまた今度報告します。


追記:2017/01/12
日本一周へは、スモークシールドではなく、クリアタイプで行きました。やっぱりトンネルとかでスモーク付きだといちいち外さないといけないかもしれないですし。

日本一周後の記事はこちら。

【Tips】メガネサイクリストには、シールド付きヘルメットがオススメ
さて、本日はヘルメットの話です。 日本一周準備編で、GVRのG-306Vというヘルメットを購入した話を書きました。 こち...

ただ、このG-306Vは製造中止になったのか、アマゾンでの取扱は終了しております。残念。同じメーカーからシールド付きのものとして、G-307VとG-203Vがあります。

GVRのシールド付きを検討されている方は、この2種類で考えてください。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする