【190日目】またもや雨で停滞、富江にて【2016/10/31】

さて、本日は福江島の西にある、大瀬埼灯台を目指しましたが…

フェリーターミナル近くの公園にて、朝5時半起床。わりと市街地の中の公園なので、あまりテントを張っているのもよろしくないと思い、先にテントを撤収。

まだ夜も開けきらぬ暗闇の中で、ヘッドランプをつけての朝食です。それにしても本日はすごく寒い。あまりの寒さにレインウェアを着ての朝食です。

食後はブログの作成。作成が終わる頃には、少し明るくなってきました。ただ、天気予報を確認すると、朝から雨の予報に変わっております。昨日の時点では夜から雨の予報だったので、本日はある程度進むことは可能だろうと思ってました。

しかし、今朝の予報ではそれも難しいかもと。ただ、今のところは雨は降っておらず、なんとかなるかもとも。

とりあえず8時になって、出発します。大瀬埼灯台の手前にある、キャンプ場を目指すことに。

まずは近くのコンビニで、おにぎりを購入。福江島の西から北にかけては、コンビニなどはないので、ちょっと多めに補給食を用意しておきます。

STY12673

どんよりとした空のもと走ります。晴れていればキレイだろうなと思うばかり。

STY12675

曇っていても、砂浜と海の色はなかなかキレイです。

9時45分頃、富江の町に到着。こちらには温泉があるので、とりあえず入ろうかと思いました。ただ、オープンが午前10時。しばらく待つかなとも思ったのですが、近くにキャンプ場があるので、そこを見に行くことに。というのも温泉に入っているうちに雨が降りだしたら、ここで停滞もいいかなと思ったのです。

しかしキャンプ場へ向かう途中に雨が降り始めました。しかも、結構な雨です。なんとかキャンプ場に到着。もうここで本日は終わりにすることに。

この富江の町以降は、なかなかのアップダウンがありそうなので、雨の中は止めたほうが良いと思ったのでした。本当はなんとかこのアップダウンをクリアして、終わりにしたかったのですが。

受付にて、雨を凌げる所を確認すると炊事棟にテントを張っても良いとのこと。これはちょっと嬉しい。テントを雨で濡らさずに済みます。テントを張り、テントの中でラジオを聞きながらウトウトしておりました。本日は本当に寒くて、テントの中がパラダイスです。

そんな時外から、呼ぶ声が。

なんとブログを読んでくださっている方が、会いに来てくれました。朝更新したブログを読んで、キャンプ場を探しに来ていただいたようです。

STY12681

福江島の小学校で先生をされている鯉田さんです。昨日は学校行事があって、本日は振替休日とのことで、朝から探して下さったとのことです。

お食事に誘っていただいたので、ありがたくいただくことに。車で福江の町に連れて行っていただきました。

STY12679

五島うどんと釜飯のセットです。五島うどんは日本三大うどんのひとつで、手延の細めの麺です。出汁はあご(トビウオ)だし、これがまた美味しい。細めでつるつると食べられ、讃岐うどんとはまた違った美味しさです。麺を作る時に麺同士がくっつかないように、食用椿油を使っているそうで、それも美味しさの秘密かも。

お支払は鯉田さんが出してくださいました。本当に感謝です。ありがとうございます。

そして、食後は福江島をドライブに連れて行ってもらいました。明日以降走るルートを反対側からですが、予習させていただくことに。

鯉田さんもロードバイクに乗っているとのことで、色々と注意するポイントや見どころを教えていただきます。

さすが学校の先生、知識が豊富でその土地土地のことや、歴史なども色々と説明していただきました。知れば知るほど五島列島に興味が湧いてきます。

そして、わかったことは明日走る所はかなりの強敵。本日、雨の中走らなくてよかったと。
また晴れていれば絶対に美しい景色が見られるはず。特に灯台のところは、非常に楽しみです。

そして、キャンプ場に戻り、鯉田さんとはお別れです。本当にありがとうございました。

本日は思っていた以上に強い雨、そして、風も強くて。その後はもうテントで過ごしました。

本日の走行距離25.95km/総合距離13913km

明日は晴れの予報。坂道がかなり厳しそうですが、その先には絶景が待っています。

なお、以前腰が痛いと泣きが入っておりましたが、無事痛みはなくなりました。ご心配をおかけしました。

また自転車の方も、症状が今のところ再現せず無事です。原因は未だ不明ですが、問題はなさそうなので、そのままで進みます。こちらもご心配おかけいたしました。

ではでは。

四十七歳の地図~自転車日本一周記~ 目次
2016年の自転車日本一周の記録です。出発前の準備から、旅日記、旅後のまとめまで、目次にまとめて見やすくしました。