旅に出たくなる日本地図


日本一周に思いを馳せて、こんな本を買ってみました。

日本一周をするときにはぜひ、道路地図を持って行きたいと思ってます。走った道を塗っていき、訪れた街のことや情報を書き込んでいきたいのです。そこで持っていく道路地図をどれにしようか考えました。

参考に自転車日本一周をしている人のブログを調べたところ、地図を持っている人は少なそう。

スマホでグーグルマップを見ている人が多いみたいです。道路地図を持っていくのは、たしかに重そうですし。そんな中、ツーリングマップルを持っている人が何人かいました。

ツーリングライダー向けの情報が詰まった道路地図です。内容としてはこれがいいなと思ったのですが、本屋さんで見てみるとサイズが小さくて、字が読みにくいではありませんか。(これは、私が老眼になりつつあるということもあるのですが。)

ツーリングマップルRというのもあって、こちらは少し大きくこれはいいと思ったのですが、全国版がないようでした。

いろんな出版社からいろいろな道路地図が出ています。編集者の考えによるのでしょうが、同じ地図と言っても色々なものがあります。見比べて、最終的に選んだのがタイトルに有る本ではなく、昭文社から出ているマックスマップル全日本道路地図です。昔からマップルの道路地図は好きですし。

そういえば四国一周をした時はGIGAマップル四国版でした。大きくて重いけど見やすさという点で言うと、これくらいの縮尺・大きさがベストとは言わないけど、ベターかなと。

ということで、マックスマップル全日本道路地図を買ったのです。

そんな中、横に並んでいた「旅に出たくなる日本地図」という本が、気になったのでこちらも買ってみました。これは地図にプラスアルファとして、いろいろな情報が載っています。

ツーリングマップルがツーリングライダー向けの実用的な情報を載せているのに対して、こちらは家で旅を妄想する人向けの情報を、視覚的に工夫して載せているなと。

有名観光地的な情報はそんなに興味が無いのですが、細かい情報が意外と面白いのです。これを読んでいると、行ってみたいなと思うところが多々あります。地図としては地形が繋がっておらずページが飛んでしまうので、道路地図のような実用性がありません。でも、読み物として、これはこれでいいと思うのです。

そしてこの情報を持って行く予定の道路地図に反映させればいいのかなと。これを読んでまず日本一周に思いを馳せ、気になったところをマックスマップルに書き込んでいこうかなと思うのです。