自転車組みました。

今回は、日本一周用自転車の組立の話です。

と、その前に2014年5月28日時点の自転車です。


これは1泊2日で奈良県吉野方面のダムへツーリングに行った時のもので、記事に書こうとして挫折したのが、ブログの放置となった原因です。ツーリングレポートは難しいです…

その後、依頼していたホイルが完成したので、いよいよ日本一周に向けた自転車の組立をはじめました。これが6月中旬の話です。

で、自転車屋さんにホイルを貰いに行くまでに、クランクやディレイラーを外した状態がこの写真です。


この状態で自転車屋さんまで押して行き、ホイルを変えて(もちろんタイヤ・チューブは自分で付け替え)押して戻ってきました。古いリムとスポークは処分してもらいました。

それで、組んでもらったホイルは、前ハブがシマノLX DH-T675シルバー。これDISCブレーキ用なんですけど、その時ズグにシルバーで手に入るのがこれしかなかったので。


後ろハブはdeoreDX FH-M650で、スプロケットは7速仕様12-28Tであります。リムは前後ともに、アラヤのVP-20 36Hです。


前ハブがハブダイナモなのは以前も書いたように、ReeCharge Power Packを使用する想定です。そして交換するパーツ類を取り払った状態がこちら。


ボトムブラケットはRPMのBB-7420。詳しいことはわからないですが、以前買ったものです。左ワンが金属製なので、シマノの安いものよりもちょっとだけ高級感があるかも。


内側の赤色がちょっと良いと思う。クランクつけると見えないけど…


前ギアは26-36-46tと貧脚仕様。クランクはシマノ EXAGE400LX FC-M400 165mmです。


ディレイラーは前後ともdeoreDXです。もちろん。


シフトレバーはSL-6400。シマノ600アルテグラグレードの7段用ダブルレバーです。サイクリーにて中古で買いました。


以前ブレーキレバーはテクトロのR100でと書いたのですが、思うところあって、変更しました。

というのもケーブルをハンドルバーに這わせてバーテープを巻くとケーブルに何かあった場合、バーテープを外さなくてはならない可能性があると思ったからです。旅先でこれは厳しいです。

なので、この自転車に最初からついていたダイアコンペのブレーキレバーを使うことにしました。これだとケーブルは上出しになるので、ケーブルに何かあったとしても修理などしやすいかなと考えてます。



ブラケットカバーはちょっとネチャネチャしていたため、新しく購入しました。

ケーブル類やチェーンは旅に出る前に交換する予定なので、今回は特に記しません。普通のシマノのものを使用してます。

バーテープは使い込んでいい味を出してくれるかもしれないということで、革製のものを使いたいと考えました。革のバーテープといえば、真っ先に出てくるのがブルックスのもの。というかそれ以外の選択肢はなさそう。

しかし、調べるうちにフジトシというメーカーが出していると判明。自転車屋さんに取り寄せてもらおうとしたのですが、フジトシはもう廃業して取り寄せ不可とのこと。なので、ネットで色々調べて、在庫を持っているところから取り寄せました。取り寄せたのが7月の時点なので、今はもうないかもしれません。


最終的にバーテープを巻いたのがいつだったか忘れたのですが、写真を撮るのも忘れてしまいました。いつもは自転車屋さんに巻いてもらっていたのですが、今回は自分で巻きました。

左右で幅が違ったりと、お見せできるようなものではないです。で、組み上がった自転車で9月の終わりに日帰りツーリングに行きました。その時の写真がこちらです。


これで一応自転車の完成です。

あと変えたいと思っているのはクイックレバーくらいでしょうか。消耗品のタイヤ・ケーブル類・チェーンは出発前に新しいのにするつもりです。

コメント