【文房具】スーパーカー消しゴムを弾き飛ばしたパッチンボールペン!BOXYはまだ生産されている

元自転車日本一周サイクリストで、アラフィフにしてブログ飯を目指す、keta-Gです。

現在、文具店に勤めております。今回は、アラフィフにとって、ちょっと懐かしいネタです。

STY45956

私が小学生のころ、スーパーカーブームが巻き起こりました。そして、いつの頃からか、スーパーカー消しゴムが販売されるようになりました。

そのスーパーカー消しゴムを使った遊びに利用されていたのが、今回紹介するBOXYボールペンなのです。

BOXYとは

BOXYは、三菱鉛筆(株)が1975年に発売し、若い男女や男子小学生に人気のあった文具シリーズです。

女性向けのファンシー文具が主流の中、余計な装飾などを一切排した非常にシンプルなデザインを採用。色もブラック、またはそれに準ずるグレーやシルバーなどを基調とし、ジーンズ地などを採用したスタイリッシュな感覚が新鮮であり、注目を浴びました。

商品アイテムは、筆記具各種はもちろん、ハサミやホチキス、ペンケース、書類キャリーケースやファイル、リーズリーフ、バッグ、財布など。

80年代に入ってからも、ラインナップを増やしつつ生産されていましたが、80年半ばには生産が終了。

そして2006年、BOXYシリーズ生誕30周年をむかえ、限定復刻版が生産されました。

『BOXY ステーショナリーシリーズ 限定復刻版』 出典:三菱鉛筆株式会社プレスリリースより

限定生産とのことだったのですが、実はボールペンだけは、少しロゴを変えて今も生産されているのです。

BOXY100

STY45961

現行のBOXYボールペンの正式名称は、BOXY100。昔のものはBOXYのロゴだけでしたが、現在販売されているのものは、オレンジ色の線も入っています。

昔と変わらず、1本100円+税で販売されております。といっても、あつかっているお店はかなり少ないです。

ただ三菱鉛筆の商品をあつかっているお店であれば、10本単位でなら取り寄せは可能かと思います。

ちなみに、うちの近くのコーナンホームセンターでは、販売しておりました。これは担当者の好みじゃないかなと想像。多分、アラフィフ男子には、思い入れのある人が多いと想うのです。

使い方としては、ノックして芯を出し、オレンジ色のボタンを押すことにより、芯がしまわれます。この芯が戻るときに、ノック部分もいきよいよく戻るわけです。

この機構がキモになっています。

BOXYとスーパーカー消しゴム

現在、アラフィフの男子が小学生のころ、スーパーカーブームがありました。漫画「サーキットの狼」がキッカケと言われています。町を走るスーパーカーを見かけたら、走って追いかけたものです。

そんな中、文房具屋や駄菓子屋で販売、もしくはガチャガチャの中に入っていたのが、スーパーカー消しゴムでした。今から思うと大した出来ではなかったのですが、ブームに乗って大ヒットしました。

小学校では、スーパーカー消しゴムをBOXYボールペンで弾いて、レースをしたり、机から落とし合いをするわけです。

競い合いの中から、色々な考えがでてきました。ボールペンの中のバネを伸ばしたり、バネを2本入れたり。また、スーパーカー消しゴムも、タイヤ部分に接着剤を塗ったり、シンナーに漬け込んだりです。

スーパーカーブームは1976年から78年頃までと言われています。アラフィフにとっては、このスーパーカーブームの、消しゴムとBOXYは切っても切り離せない、思い出なのです。

まとめ

というわけで、アラフィフにとって、思い入れの大きい、このBOXYボールペン。今でも、販売されています。

ただ、三菱鉛筆といえば、今ジェットストリームという、大ヒット商品があります。

ボールペンは今後、ジェットストリームインクのものが増えていきそう。BOXYボールペンもいつ生産終了になってもおかしくはありません。

興味のある方は、今のうちに手に入れておくのがよろしいかと。

この記事を書くためにネットを検索していたら、漫画でも取り上げられていました。

文野さんの文具な日常
【コミックス第②巻 好評発売中!!】   離れ小島の二人席。牧田主任のとなりには、鉄壁対応で恐れられる新入社員の文野さんがいる。 しかし、彼女には懐かしい文具で遊ぶ趣味があり…。 文具×OLコメディ開幕♪