【Tips】戦略的自転車日本一周ブログのススメ!「自転車で日本一周した人」で終わらないために

さて、今回は自転車日本一周する人は、ブログを絶対に書いた方が良いよという話です。

STY51804

2016-17年で、自転車日本一周をした清宮さんがそれに関して、素晴らしい記事を書いています。

日本一周するならブログを書かなきゃ損をする!?旅人にブログをすすめる3つの理由
日本一周する人は毎年かなりの人数に上りますが、その中でブログを書いている人の割合と言うのは、意外な程に多くありません。さらに「将来的にブログを続けていきたい、ブログを自分の資産にしたい」と、考えている人はかなりの少数派のようです。 日本一周したい(する)けども、ブログをどうしようか悩み中・・・と言う方は多いと思いますの...

日記的に書いて、日本一周終了と同時に更新終了というのはもったいないと思うのです。

日本一周後のことまで考えて、ブログを作っていくべきじゃないかと。ブログは資産です。今の世の中、ブログから収益を得るというのは、一般的になってきています。

日本一周が終わったあとも、ブログを続け収益化していくことで、心と生活にゆとりを持てるようにしていこうというのが、今回の提案です。

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

STY02428

仕事を辞めて自転車日本一周をするのは、勇気がいることだと思います。その決断をした時は、まだ良いのです。多分、貯金などもあって勢いがありますから。

でも、日本一周も終盤に近づくにつれ、日本一周後のお金・仕事のことで不安になってくると思います。私もそうでした。

今回は『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』という本を読んだことで、この不安を払拭できる道筋が見えた気がしました。

好きなことをやって、そのことを発信していくと、好きなことが得意になり、さらには強みにしていくことができます。
そして、その強みをずっと発信していくと、あなたのもとに「人」と「情報」と「お金」と「感謝」が集まってくるようになります。

出典:「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる P.70より

興味が湧いた方は、本を読んでいただくとして、要はブログで発信を続けて「セルフブランディング」していこうということです。

そのための手順として、日記でも良いので、ブログでまず発信していく。好きなことを発信し続けていくことで、それが得意になり、得意なことを尖らせていくことにより、それが強みになる。

最終的にに「自分ブランド」を確立して、ブログからの収益につなげていくわけです。その後はネットから離れて、リアルのセミナーやイベントなどについても書かれています。

この本を読んで、この考え方は自転車日本一周ブログと相性が良いのではないかと思いました。

自転車日本一周ブログにあてはめて考える

STY52663

日本一周出発前

ブログやツイッターなどの登録。アマゾンアソシエイトやグーグルアドセンス、ブログランキングへの登録など、まずはブログ・SNSの下準備。

記事の内容としては、日本一周するぞ宣言から始まり、ルートや定義など。そして、準備編として使う自転車やアウトドア商品の紹介を。このときにアマゾンアソシエイトを利用しておくとよい。道具選びに関しては、自分の迷ったことをそのまま記事にしておくと、次に続く人の参考になるので、なおよいかと。

ブログ開設に関しては無料ブログは後のことを考えると、やめておいたほうがよい。多少の投資が必要ですが、独自ドメインをとってサーバーをかりて、ワードプレスで運営するように。
ブログからの収益を考えるなら、必ず必要です。

私はこれで失敗しました。続くかどうかわからないし、初期投資をケチったわけです。ブログを育てるということは、自身のドメインを育てるということです。最初から独自ドメインをとって、旅しながらドメインを育てていくべきでした。

また、アマゾンアソシエイトやグーグルアドセンスは審査があって、申し込んでから時間がかかります。審査を受かるにはそれなりに記事数と、定期的な更新がないと駄目です。

これらは日本一周宣言やルートの検討、日本一周の定義などを書くことで、記事を増やすことができます。また、退職にかかわる手続きなども、ノウハウ記事としては良いはずです。

日本一周中

旅日記でよいので、ひたすら更新。できれば、毎日更新。ブログを続けることが最重要課題。

この時点では収益化のことは考えないほうがよい。旅日記というのは、検索流入を期待できません。そんなことよりも、自分の”好き”を発信することで、定期的に訪れてくれるファンをつくることです。ブログ村などのランキングサイトを意識したほうがよいと思います。

また、旅中に収益を意識しすぎる記事は、旅ブログ好きな方からは、敬遠されるのではないかと。鼻につくと言いますか。

この旅日記の部分で、ある程度のセルフブランディングが出来上がっていきます。その人の趣味・嗜好や人間性が見えてくるのです。キャンプが好きな人、山登りが好きな人、城が好きとか灯台が好きなどなど。グルメに関しても、一家言を持てるようになってくるかと。(B級グルメとか貧乏飯とかも)

もし旅中に余裕があれば、検索流入を意識した個別記事を書くのもよいかもしれません。訪れたスポットや食べたグルメについてなど、今後旅する方が参考にできるような内容で、です。

この旅中で”好き”なことが”得意”になっていくはずです。これは日本一周をすることで、知識が増えていくから当然です。日本一周中は素晴らしきインプット期間でもあります。

もしそれが、旅中にうまく発信できないとしても、旅後にはうまく発信できるようになるはずと前向きに考えましょう。これは毎日のブログ更新で、文章を書く力が鍛えられていくからです。

日本一周後

この時点で、自転車日本一周をした人という、とりあえずのセルフブランディングは完了です。日本一周中の記事は、記録として資産として、残っていきます。

ただ、これで終わってしまうのはもったいない。自転車日本一周した経験とその記録をうまく使っていきましょう。ここがポイントです。

ここからは本格的にブログからの収益を考えていきます。多分、旅前からグーグルアドセンスを導入していれば、それだけでそこそこの収益がでているかと思います。この後はアフィリエイトを使った収益を考えていくのが、良いかと。

まずはまとめ記事です。ルートやかかった費用、使った道具のインプレッション、訪れたスポットなど、書こうと思えばいくらでも書けるはずです。

これらの記事は検索流入を意識した、SEOライティングを心がけるようにします。自転車日本一周をした人間が発信する情報です。それなりに説得力のある内容になるはずです。特に自転車関連用品やキャンプ道具の使い心地は、非常に役立つ記事になるのではないでしょうか。

アマゾンだけでなく、その他のアフィリエイトも利用して、役立つ情報とそれの出口としての商品リンクをはればよいのです。

まとめ記事を書いている時点で、”得意”が”強み”になっているはずです。得意の分野で日本一周を経験した人が、発信する情報はそれなりの価値があります。

まとめ記事のネタが尽きるころには、ドメインパワーもそれなりについていることでしょう。
その後は自転車日本一周記事を柱として、ブログをふくらませていけばよいのです。

「自転車で日本一周した人」だけで終わらない、セルフブランディングはここからです。

ただ、仮に日本一周後に仕事についたとしても、これらの記事はそれなりに収益を生み出してくれるはずです。放りっぱなしにしておくと、いずれは駄目になりますが、毎月のお小遣いとしては良いのではと思っています。

フリーランスでやっていこうと考える人は、土台作りはすでにできているということです。

日本一周後に仕事につくにしても、フリーランスでやっていくにしても、この少しばかりの収益が心と生活にゆとりを与えてくれるのではと思います。

ブログでいちばん重要なことは続けること

STY43151

ブログやアフィリエイトの教科書的な本やサイトを読むと、必ずでてくるのがブログを続けることの重要性です。

ブログアフィリエイトでは、最低100記事は必要とか、収益が出始めるのは約半年後とか書かれています。ほとんどの人は収益が出るまでに、継続することに耐えられなくてやめていくと言われています。

なぜ続かないかというと、”書くことがない”からです。なので、好きなことを書きましょうとよく書かれています。

自転車日本一周を始めるに当たりブログをスタートさせるというのは、絶好のタイミングです。なにせ書くネタはたくさんありますので。また、過去の自転車日本一周の記事を参考にして、自分に当てはめて書いていけるので、参考書がたくさんあるという考え方もできます。もちろんパクリはいけませんが。

旅中は毎日が非日常の連続で、書くに困ることはありません。むしろ、書く体力が必要です。キチンと書き続ければ、準備編と旅日記で最低200記事くらいは書けるのではないかと思います。

旅日記を書き続けるのはそれなりに大変ですが、日本一周後のことまで考えれば乗り越えられるはずです。

書くのが大変でやめてしまう人もたくさんおりますが、とりあえずブログにおける最難関、”書くことがない”ということはありません。自転車日本一周の期間で、この最難関を突破しましょう。

まとめ

STY71038

以上、自転車日本一周ブログをセルフブランディングのきっかけとして、そして資産として、書き上げていくのが良いのではと考えます。それによって日本一周後の不安を少しは払拭できるのではないかと。

お金儲けなんてとんでもないという方は、日本一周が終わればそれで終了で良いと思います。
その日本一周の記録は、その後に日本一周を考える方の参考になるので、共有の資産になるかとは思います。

ただ、日本一周後の人生の方が長い方は、資産を活かすことを考えていくべきだと思います。タンス預金より株式投資です。しかも、リスク0のです。このご時世ですから、自身の能力だけで、お金を稼ぐことが出来るというのは、素晴らしいことだと思います。

ネットが発達する前に、自転車で日本一周した人がそのことを発信しようと思ったら、書籍を出版するか、講演会を開くかくらいしかありませんでした。どちらにしてもハードルは高かったと思います。

しかし、今現在では誰もが手軽に発信することができます。これをチャンスと言わずして、何がチャンスかと。

というわけで自転車日本一周を考えている方は、ぜひともブログを書いてください。若い方は特にです。パソコンの準備やスキル習得に先行投資は必要ですが、長い人生を考えたときに、絶対にやっておいたほうが良いです。少しの収益かもしれませんが、それは大きな自信につながっていくと思います。

わたくしは50歳を目前にして、仕事をやめて、ブログで食べていくことを妄想しています。若くはないし、うまくいくかどうかはわかりませんが、そんな夢を見られるのも、2016年の自転車日本一周とそれを書いたブログのおかげです。

みなさまも良い夢が見られますように。

私が利用したドメイン取得とレンタルサーバーはこちらです。最初は手軽なところからで、良いと思います。