【耳鳴り日記 その1】耳鳴りになってしまった。

耳鳴りになってしまった話、第1回目です。

耳鳴り発生!!

それは、2018年12月31日、大晦日の朝のことでした。5時頃、目が覚めました。

左耳からピーというか、キーンというか、耳障りな高い音が聞こえました。何かの音かと思い、あたりを見回すのですが、周囲に音を発しているようなものはありません。

耳の中で音がなっているようでした。とりあえず、トイレに行きます。音は静かなはずのトイレに入っても、変わることなく聞こえております。この音から逃げることができないようです。

耳をふさいでみても聞こえるのです。恐ろしくなりました。しばらくしたら、治まるのではと思っていたのですが、時間が立っても変わりません。

以前から静かなところで、音がなっているような気がしたことがありましたが、結構大きめの音で鳴っているようになったのは初めてです。

これはどういったことなんだと、タブレットで調べることにします。こういうのを耳鳴りというのは、知識として知っていました。ただ、それに当てはまるのか、確かめます。

耳鳴りとは

実際にない音が聞こえるものが、耳鳴りといわれるものです。人によってその音は様々で、高い音であったり、低い音であったりします。実際にない音といっても、それが”人の話声”、”笑い声”というような場合は幻聴とよび、耳鳴りとは区別するようです。

ということで、私の症状は耳鳴りで間違いなさそうです。

耳鳴りそのものは、健康な人にもよく起こるありふれた症状で、全人口の10%~20%の人が、経験しているとのこと。その中で耳鳴りに悩まされている人は、男性の約2.6%、女性の約3.4%。(数字は「図解でわかる 耳鳴りの原因と治療法/渡辺 繁」より)

わりと誰でもなりうる症状のようですが、耳鳴りは治らないと書かれていることも多く、不安が高まります。

耳鳴りをとめる簡単な方法

色々と調べてみると、すぐに医者に行ったほうが良いと書かれていることもあります。しかし、ときは大晦日。ほとんどのお医者さんはお休みです。かといって、緊急病院へ行くほどのものなのかといわれると、それほど日常生活に支障があるわけではありません。

ネットでとりあえずの対処方法を調べてみました。

知っておくと便利な豆知識 「耳鳴り」を両手だけで治すテクニック - ライブドアニュース
原因の特定が難しい「耳鳴り」。睡眠の妨げとなったり、日常生活に支障が出たりと、大きな苦痛に悩まされる人も少なくありません。「理由はわからないけど、両手を使って治す方法」が海外掲示板に紹介され、多くの人

簡単に治す方法として、こういう物がありました。しかし、私の場合は治らず。不安だけが残りました。

とりあえずどの医者に行ったら良いの?

お正月の期間は諦めるとして、正月休み明け、どこの病院に行けばよいでのでしょうか。「耳鳴り 奈良」で調べたところ、「つるはら耳鼻科」と「奈良県立医科大学附属病院」が耳鳴りに対して、きっちりとした設備もあるようです。

ただ、奈良県立医科大学附属病院は紹介が必要とのこと。最初は近隣の医者で見てもらってねということです。

つるはら耳鼻科は自転車でも通える距離、しかも正月明けは1月6日の日曜日から診察を行っているようです。他の耳鼻科は7日からが多いのですが、これは嬉しい。とりあえず6日は仕事は休みなので、6日に行く予定にしました。

耳鳴りは治らないと医者にはいわれることが多いようですが、逆にこれをしたら耳鳴りが治ったという情報もあります。奈良では整体、カイロプラクティック、鍼灸を行っているところで、こういった事例が紹介されていました。

とりあえずは耳鼻科にいって、それで治らなければ、順番にいろいろと受けてみようと思うのでした。

不安なまま過ごす

いろいろと調べたのですが、とりあえずは耳鳴りはしたままの状態です。不安なまま新年を迎えました。ここで困ったのが、耳鳴りが気になって眠れないということです。テレビやラジオを消すと、耳鳴りの音だけが大きく聞こえます。しかも、不安感が増します。

助かったのは、大晦日ということで、朝までTV番組があったこと。しかも、お笑い番組には救われました。朝の4時くらいには、自然と寝ていました。

翌朝、耳鳴りがなくなっていることを期待したのですが、残念ながら耳鳴りはします。新年を迎えたということで、元日はほとんど親の家で過ごしました。(徒歩5分くらいのところです。)

おせちを食べたり、テレビを見たり、母と話したりしていると、気はまぎれます。やはり、静寂の空間でいることが、つらいようです。

翌日は仕事。ひょっとしたら、仕事に行けば、変化があるのではという淡い期待も、かなわず。ただ、人が多いところにいると、それほど気にはなりません。それだけが少し救われました。

とりあえず本を買ってみた

1月3日は奈良市の春日大社へ初詣。JR奈良駅から春日大社東大寺方面へと歩き回る。体を動かすことによっての変化があるかと期待するも、それほど効果はなく。

初詣の帰りに、本屋さんで耳鳴りに関する本を物色。とりあえず購入した本は、こちら。

タイトルには1分で良くなるとありますが、これは鼓室内注入療法を利用した場合のことであり、これを読んだから1分で良くなるわけではありません。

この本には耳鳴りの原因について、耳鳴りを小さくするセルフケア、耳鳴り治療の各種方法、改善した体験者の手記、Q&Aとわかりやすく解説してあります。

これを読むことで、不安が少し減りました。

また、同時にこちらも購入しました。耳鳴りが気になって眠れなかったので、これを聞くことによって、眠れるのではないかと。こちらに関しては、成功でした。それまではテレビをつけっぱなしにして、自然と眠るのを待っていたのですが、それよりも早く眠りにつけました。

今後について

とりあえず1月6日に耳鼻科に行くことに。あとは、本に書いてあったセルフケアを行う。また、大好きなコーヒーを飲むのをやめる、毎日湯船に使って、体を温めるなど。

あとは仕事によるストレスも考えられるため、旅行にいったり、仕事をやめれば、また変わるかもと期待しています。

つづく

コメント

  1. 通りすがりの耳鳴り持ち より:

    自分と全く同じすぎてびっくりしました。
    私の場合も年末に突然耳鳴りのようなものに気づき、ネットで調べると不安が募るばかりで、結局年明けに耳鼻科を受診しましたが、中耳炎になっていたようです。中耳炎は治りましたが、耳鳴りは治っていません。
    主様のご様態は如何でございましょうか。

    • keta-G keta-G より:

      >通りすがりの耳鳴り持ちさま
      同じように耳鳴りに苦しんでおられるんですね。
      私も、今現在治っておりません。私の場合は原因不明で、とりあえず投薬で様子を見ている状態です。
      色々と不安ばかりで、ちょっと精神的にも苦しいですが、なんとか頑張っていくつもりです。
      耳鳴りに関することは、ブログに書いていくつもりです。
      苦しんでいるのは自分だけではないと、思うだけでも救われます。