【アクションカメラ】4K・2000万画素の中華アクションカメラを比較する。

さて、前回の記事で、自転車とカメラの相性に比べて、バイクとカメラの相性は劣るのではないかと書きました。スーパーカブで旅するのであれば、バイクに装着して動画を撮れる、アクションカメラがあればいいじゃないかと。今回はアクションカメラの購入を検討します。

アクションカメラといえば、GoPro

アクションカメラとは、自転車やバイクに取り付けたりして動画を撮影できる小型ビデオカメラ。もちろん手で持つこともできますが、小型が前提ですので手持ちだとちょっと撮りにくい。ヘルメットや体に装着することから、ウェアラブルカメラなんて呼ばれたりもしますが、今はアクションカメラの方が一般的でしょうか。

そんなアクションカメラの世界で、標準と言えるのがGoPro。テレビの撮影なんかでもよく使われています。芸人がヘルメットにつけて、バンジージャンプに挑戦しているあれです。性能的にはGoProが良いのはわかっているのですが、3万円くらいとなかなか良いお値段です。値段が高いのはそれなりに理由があって、余裕があればGoProを購入するのが良いのはわかっております。でも、無職ニートには手が出ません。

そんな予算のない方の強い味方が、中華製アクションカメラです。Amazonでは、たくさんのメーカーのものが販売されております。スペックだけを見れば、GoProにも劣らないものが、なんと1万円以下。アクションカメラに3万円はだせませんが、1万円ならなんとか。

しかし中華製アクションカメラは、たくさんありすぎてどれが良いのか分かりません。そこでAmazonに掲載されているスペックから、どういう違いがあるのか、調べてみることにしました。

ざっと調べてみたところ、今現在の標準的なスペックが動画4K・2000万画素で、値段が6,000円から10,000円強くらい、どれも手ぶれ補正・Wi-Fi機能あり。これらのアクションカメラを、比較してみることにしてみました。値段の高い順(若干の前後あり)でピックアップしていきます。

AKASO V50 Pro

まずはお値段高めのAKASOから。これを基準にして、比較することにします。

ビデオ解像度:4K/30FPS、2.7K/30FPS、1080P/60FPS・30FPS、720P/120FPS・60FPS
画像解像度:20M/16M/14M/10M/8M/5M/2M
レンズ視角 :170°、(スーパーワイド、ワイド、ミディアム、ナロー)
液晶:2.0インチ タッチスクリーン
タイムラプス動画:1秒 /3秒/5秒/10秒/30秒/60秒
ループ録画:1分/3分/5分
バッテリー容量:1100mAh×2
端子:Mini USB /Micro HDMI
防水:30M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 64GB
動画形式:H.264/H.265
外部マイク対応、リモコン付き、3脚穴あり、充電器付き

AKASO V50 Pro User Manual

液晶がタッチスクリーン、レンズの画角を変更できる、外部マイク対応、リモコン、充電器付きと機能てんこ盛り。意外と画角を変えられるメーカーは少ないので、これはプラスポイントか。マイナス点はバッテリー容量が1100mAhと小さめなところと、本体端子が今では珍しいMini USB。

タイムラプス機能についてAmazonのページでは、「0.1秒 / 0.2秒 / 0.5秒 / 1秒 / 5秒」とありますが、マニュアルでは「1秒 /3秒/5秒/10秒/30秒/60秒」になってます。

マニュアルを読むと、動画設定だけでなく、写真設定もしっかりある。インターバルタイマーや長時間露光もできる。1万円を超えますが、性能・付属品は全部入りといった感じです。予算があればこれを選ぶのが良いかも。

Victure AC900

ビデオ解像度:4K、2.7K、1080P
画像解像度:20M
レンズ視角 :170°
液晶:2.0インチ タッチスクリーン
タイムラプス動画:0.5秒 /1秒 / 3秒/ 5秒/10秒/30秒/60秒
ループ録画:3分/5分/10分
バッテリー容量:1350mAh×2
端子:USB type C
防水:30M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 128GB
動画形式:MP4/H.264 H.265
外部マイクなし、リモコンなし、3脚穴あり、充電器なし

Amazonに掲載されているスペックだけでは、わからないことが多いです。メーカーHPにも、AC900は紹介されておりません。動画撮影時のフレーム数などもわからず。AKASOに比べると、外部マイクに対応してなさそうですし、リモコンもなし。バッテリー容量が1350mAh、端子がtype C、対応メモリが128GBというところが勝っているところか。

ただ、Amazonのレビューを見る限り、4K画像は悪いようです。

APEMAN Trawo A100

ビデオ解像度:4K/30FPS、2.7K/30FPS、1440p 60FPS・30FPS、1080P/60FPS・30FPS、720P/120FPS・60FPS
画像解像度:20M/16M/12M/5M/3M
レンズ視角 :170°/110°/70°
液晶:2.0インチ
タイムラプス動画:1秒 / 2秒/ 5秒/10秒/30秒/60秒
ループ録画:3分/5分/10分/15分
バッテリー容量:1350mAh×2
端子:Micro USB /Micro HDMI
防水:40M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 128GB
動画形式:MP4/H.264
外部マイク非対応、リモコンなし、3脚穴なし、充電器なし

APEMAN Trawo A100 User Manual

詳しい使い方動画が、メーカーHPにあります。

TRAWO Technical Support

上記2製品と違い、液晶がタッチスクリーンではありません。また、外部マイク非対応、リモコンなし、3脚穴なし、充電器なしと、AKASOと比べると見劣る部分があります。しかし、撮影性能としては、見劣りません。また、メーカーのホームページがしっかりしています。使い方説明の動画もあり、購入時の参考になると思います。

Amazonのレビューや紹介ブログでも、しっかりとしたレビューがあり、それらも参考になります。

APEMAN A80

もうひとつAPEMANから。

ビデオ解像度:4K/24FPS、1440/30FPS、1080P/60FPS・30FPS、720P/120FPS・60FPS・30FPS
画像解像度:20M/16M/12M/10M/8M/5M/3M
レンズ視角 :170°/140°/110°/70°
液晶:2.0インチ
タイムラプス動画:0.1秒 / 0.2秒 / 0.5秒 / 1秒 / 5秒(4Kで使用不可)
ループ録画:3分/5分/10分
バッテリー容量:1050mAh×2
端子:Micro USB /Micro HDMI
防水:40M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 64GB
動画形式:MP4/H.264
外部マイク非対応、リモコンなし、3脚穴なし、充電器なし

APEMAN A80 User Manual

詳しい使い方動画が、メーカーHPにあります。

A80 Technical Support

Trawo A100との違いは、4Kが24FPSしかない。高画質を志向するなら、A100を選ぶべきかな。Trawo A100のAmazonのレビューで、詳しく比較している方がいるので、そのレビューが参考になります。こちらもメーカーのホームページ、紹介ブログとも参考になります。

Campark X20

ビデオ解像度:4K/24FPS、2K/30FPS、1080P/60FPS・30FPS、720P/120FPS・60FPS・30FPS、VGA/240FPS
画像解像度:20M/16M/12M/10M/8M/5M/3M/VGA
レンズ視角 :170°/150°/130°
液晶:2.0インチ タッチスクリーン
タイムラプス動画:1秒/2秒/5秒/10秒/30秒/1分
バッテリー容量:1050mAh×2
端子:Mini USB /Micro HDMI
防水:30M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 64GB
動画形式:MP4
外部マイク非対応、リモコン付き、3脚穴あり、充電器なし

なかなかの高性能で、9,000円をきるという高コスパ商品。バッテリー容量が小さいのと、外部マイク非対応、充電器なしの部分は割り切れば、お買い得かも。Amazonのレビューや紹介ブログも多いので、参考になります。

MUSON Pro3

ビデオ解像度:4K/30FPS、2.7K/30FPS、1080P/60FPS・30FPS、720P/120FPS
画像解像度:20M/16M/12M/8M/5M
レンズ視角 :170°
液晶:2.0インチ
タイムラプス動画:1秒/5秒/10秒/30秒/60秒
ループ録画:1分/3分/5分
バッテリー容量:1200mAh×2
端子:Micro USB /Micro HDMI
防水:30M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 32GB
動画形式:MOV
外部マイク対応、リモコン付き、3脚穴あり、充電器付き

MUSON Pro3 User Manual

注目するのは、動画形式。MOVというファイルフォーマット。MACでは標準になりますが、windowsでは標準の「Windows Media Player」では再生できないファイルフォーマットで、別途ソフトが必要です。無料のフリーソフトがあるのですが、ちょっと面倒ですね。

自撮り棒がついていたり、外部マイクにも対応、リモコン付き、3脚穴あり、充電器付きと値段の割にてんこ盛りです。対応メモリが小さいのと、動画形式がマイナスポイントかな。

もうひとつMUSONから、M10というのが販売されているのですが、詳しいスペックがわからず。

メーカーのホームページにも記載されていないので、型落ちモデルでしょうか。

Apexcam Pro

ビデオ解像度:4K/30FPS、2.7K/30FPS、1080P/60FPS・30FPS、720P/120FPS
画像解像度:20M/16M/12M/8M/5M
レンズ視角 :170°
液晶:2.0インチ
バッテリー容量:1200mAh×2
端子:Micro USB /Micro HDMI
防水:40M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 64GB
動画形式:MOV
外部マイク対応、リモコン付き、3脚穴不明、充電器付き

MUSONと同じくらいのスペック。メーカーのホームページも無く、詳しい仕様はわからず。同じスペックでバッテリー容量だけが違う、M80というのもあります。

YDI G80

ビデオ解像度:4K/24FPS、2K/30FPS、1080P/60FPS・30FPS、720P/120FPS・60FPS
画像解像度:20M/16M/12M/8M/5M
レンズ視角 :120°-170°調整可能
液晶:背面2.0インチ、前面0.96インチ
バッテリー容量:1050mAh×2
端子:Micro USB /Micro HDMI
防水:40M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 64GB
動画形式:MP4/H.264
外部マイク非対応、リモコンあり、3脚穴不明、充電器なし

メーカーのホームページには、まだ記載されていません。前面に液晶がついているのが、GoPro風。詳しいスペックはわからず。

AUNEX 進化版

ビデオ解像度:4K/30FPS、2.7K/30FPS、1080P/60FPS・30FPS、720P/120FPS
画像解像度:20M/16M/12M/8M/5M
レンズ視角 :170°
液晶:2.0インチ
バッテリー容量:1150mAh×2
端子:Micro USB /Micro HDMI
防水:30M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 64GB
動画形式:MOV
外部マイク対応、リモコン付き、3脚穴不明、充電器なし

メーカーのホームページも無く、詳しい仕様はわからず。何が違うか良く分からない標準版というのもあります。ひょっとしたらバッテリーが1個しか付属しないだけかも。

VANBAR

ビデオ解像度:4K/30FPS、2.7K/30FPS、1080P/60FPS・30FPS、720P/120FPS・90FPS・60FPS・30FPS
画像解像度:20M/16M/12M/8M/5M/2M
レンズ視角 :170°
液晶:2.0インチ タッチスクリーン
バッテリー容量:1100mAh×1
端子:Mini USB /Micro HDMI
防水:30M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 32GB
動画形式:MP4
外部マイク非対応、リモコン付き、3脚穴不明、充電器なし、microSD 32GB付属

メーカーのホームページも無く、詳しい仕様はわからないが、この値段でタッチスクリーン、microSDカードまで付属とお得感はある。ただ、付属バッテリーが1個と長時間撮影するには心許ない。バッテリーが別売りであるか、互換バッテリーがあれば良いのだが、詳しくはわからず。

COOAU

ビデオ解像度:4K/30FPS、2.7K/30FPS、1080P/60FPS・30FPS、720P/120FPS
画像解像度:20M/16M/12M/8M/5M
レンズ視角 :170°
液晶:2.0インチ
バッテリー容量:1200mAh×2
端子:Micro USB /Micro HDMI
防水:40M(防水ケース使用時)
対応メモリ:microSD 32GB
動画形式:MOV
外部マイク対応、リモコンなし、3脚穴あり、充電器なし

MUSONやApexcamと同じくらいのスペック。Apexcamと型番も似ているので、ひょっとしたら同じものかも。

まとめ

いろいろと調べましたが、疲れました。変な日本語ばかりで、性能の把握が難しいです。

4K2000万画素、手ぶれ補正、Wi-Fiあり、画角170°のもので選んだのですが、値段が6,000円から10,000円強まで、大きく差があります。スペックだけだとわからない、画質や手ぶれ補正の性能差があるかもしれません。

分かり易いところでいえば、バッテリー容量、対応メモリ、外部マイク対応、リモコンや充電器などの付属品、動画形式。

実際に使ってみないと自分にとって何が必要で、何がいらないかはわからない。最終的に予算があるのであれば、AKASO V50 Proを選んでおけば問題ないかなと。機能的にも、付属品的にも問題は無いでしょう。

それ以外ではタッチスクリーンではないが、メーカーのホームページのしっかりしているAPEMANのTrawo A100、タッチスクリーンで低価格のCampark X20も良いかな。

この3機種はAmazonのレビューもたくさんありますし、紹介ブログや動画もあり、購入前チェックの参考になります。

どうしても低価格で1台ということであれば、VANBARが良いかも。microSDカードも付属していますし、安価ながらも全部入りといったところです。

Amazon購入時の注意点

Amazonで購入するときの注意点を2つほど。

販売店に注意

Amazon購入時の注意点ですが、販売店に注意しましょう。レビューを見ていると、中古品が送られてきたとか、不良品が送られてきたと書かれていることがあります。こういうのは公式の販売店でないことも多いと考えられますので、できるだけメーカー公式の販売店から購入するようにしましょう。メーカー公式がないは諦めるしかありません。ただ、返品は可能ですので、少し手間がかかるだけです。

タイムセールを狙え

上の図はAmazonの価格推移を表示してくれる、keepaというWebブラウザ用拡張機能を使ってAKASO V50PROの値段推移を表示したものです。これを見ると、タイムセール時にかなり安く販売されていることがわかります。

こちらはAPEMAN Trawo。AKASOに比べて、5・6月はタイムセールが頻繁に行われていたのがわかります。デジタルガジェットものは、割とタイムセールになることが多いので、そのときが狙い目です。同じ買うなら、できるだけ安く買いたいですものね。

私が買ったのは

最後に私が買ったのは、こちら。

トップの画像で、ネタバレしていますが…

購入のポイントは、タイムセールで安くなっていたこと!通常9,980円がタイムセールで6,789円、約32%オフでした。バッテリー容量が多く、対応メモリが128GBまでと、長時間の撮影に向いているということも。また、画角が変えられるのも、動画に変化を与えられて良いので。

Amazonのレビューで詳しく解説されている方もいて、それを読む限り性能的には問題ないだろうということで決めました。ただ、リモコンがないのだけが、不満点でした。

とりあえず最初の1台としてこれを使ってみてようと。その上で問題点があれば、また違うものを検討します。