【43日目】海岸線を離れ内陸に、及位へ【2016/05/24】

さて、本日は内陸に向かうか、海岸線沿いを行くか迷った末に、
内陸に向かい新庄を目指します。

内陸に向かうのは、この旅を計画した当初から
行きたかったところがあるからです。
ただ、この旅の基本である海岸線を走るという
コンセプトからは外れるので、
近づくにつれ、どうしようか迷ってきました。

しかも、明日明後日には雨となりそうです。
海岸線沿いを走るほうが、道の駅は充実してそうで
停滞もしやすそうだし、
なによりコンセプトにもあっています。

そんな思いで昨日は海岸線沿いを走ろうと思っていました。
しかしやっぱり、どうしても見たいものをスルーしては、
ダメだと思い直しました。

そして、もう一つ、先行してほぼ同じ海岸線沿いルートを
走っている方がいて、後追いになり、
ブログの内容が似たようになってしまうと。

同じルートを走り、同じものを見た時に、同じような内容に
なるのは仕方がないのですが、
できるだけ違うルートを行くほうが楽しんでもらえるのではないかと
思った次第であります。

そんなことをずっと考えていました。前置きが長くなりました。

STY43502
こんな感じで、テント張ってました。
こちらの道の駅は横にスーパーマーケットもあり、
少し離れていますが温泉もあり、便利ではありますが、
テントを張るのにいいところがありませんでした。

結局横の公園の芝生にテントをはったのですが、
案の定、結露で大変なことになりました。

テントを拭いて、乾かして、出発です。
後、こちらの道の駅の水は井戸水を使用のため
飲まないでくださいとありました。

STY43505

STY43504
道の駅近くにあった、小学校。宮殿のようでした。

こんな立派な学校に通える子どもたちが羨ましい。
ふと、滋賀で見た豊郷小学校も、当時はそういうあこがれの
対象だったのではないのかな、と。

広い広い庄内平野を抜けて、最上川に近づきます。
そして、最上川沿いの道路に来た時から、ものすごい向かい風が。
海岸線沿いに向かっていれば、追い風だったのに。
ホント、風の神様に嫌われているなと。

最上川沿いを走る、国道47号線はトラックも多く、
道もそれほど広くなく、かつ向かい風という最悪の条件となりました。

STY43506
しばらく走ると松尾芭蕉上陸の碑がありました。
風があまりにも強いので、ここでしばらく待ちますが
あまり変わらず。とりあえずまた走り出します。

STY43507
松尾芭蕉は本当にこんな船に乗ってきたのであろうか。川の駅にて。

少し走って白糸の滝ドライブインというところに、
コンビニがあったので、こちらでサンドイッチとコーヒーで休憩。
風が止むのを待ちます。

少し時間を潰していると、だいぶん風が止んできたので出発です。
風が弱くなってきたため、ペースは次第に上がってきました。

そして道の駅「とざわ」に到着。

STY43508

STY43511

STY43512
こちらの町は韓国と友好関係にあるとのことで、
韓流の道の駅となってます。

こちらで昼食を食べるつもりだったのですが、
ドライブインで食べたのと、思ったより早く着いたため、
昼食は辞めておきます。

STY43514
こちらの道の駅では、韓国製品をたくさん扱ってます。
ざくろジュース、チョコもち、チーズラーメンを購入。
ラーメンは夜に作ることにして、それ以外を食べます。

どちらもおいしかったです。チョコもちは冷やして食べたほうが
美味しいかも。

さて、ここでルートを考えます。
当初の案では新庄に行ってから、線路沿いに
北上するつもりだったのですが、
新庄に行かなくても、うまく線路沿いの道に行けることが判明。

この辺は川沿いを行って、線路沿いにと先入観にとらわれていました。
新庄につく時間によっては、新庄で停滞とまで考えていたのですが、
このルートを取れば道の駅「おがち」まで辿り着けそうです。

ただ、その前に300mの峠があります。この峠越えが私を弱気に
させていたのかもしれません。
海岸線沿いルートに心が揺れたのも、これがあったからかも。

覚悟を決めて、国道47号線を少し戻り、県道に入っていきます。
トラックは少なくなり、多少のアップダウンはあるものの、
走りやすくなりました。

ところどころちょっとした町があり、コンビニもあったので、
補給もできました。

STY43516
ナンバーのないパトカーが飾られていました。

300mの峠とビビっていたのですが、走ってみると
それほど大した坂ではありません。
斜度のきついところはありませんでした。
やはり鉄道沿いに走ったのが良かったようです。

STY43521
そして、最高到達点手前にある及位駅に到着。

「及位」って読めましたか?
正解は「のぞき」です。

STY43522
駅名の由来が書かれていました。

及位駅を過ぎ、雄勝トンネルがこの峠の最高到達点となります。
それを過ぎると後は下りです。

そして、本日の目的地である道の駅「おがち」に到着。

STY43527
思っていたより早く、午後3時半には到着。

とりあえず、昼食です。

STY43523
ここでは稲庭うどんを食べるべきなんだろうけど、
ご飯の誘惑に勝てず、また、ひさしぶりに普通のかつ丼が食べたくなり。

こちらの道の駅では24時間休憩室もあり、
横になれるスペースもあるので、本日はここまでとします。

もう一つ先の道の駅「十文字」あたりに、
私の見たかったものがあります。
それは明日のお楽しみにします。

STY43525
時間はたっぷりあるので、地元のお菓子「かりんとう饅頭」と
仁手古サイダー。

かりんとう饅頭は外のカリカリと中の餡が、違う食感でありながらも、
口の中に入ると一体になり、かりんとうの甘さと餡の甘さが
相乗効果を生み出し非常に美味しいです。
これはオススメ。

サイダーは普通です。

STY43528
辺りをぶらぶらしていると、一台の自転車を発見。
なんと、私の自転車とおなじ、ニシキLTが
停まっているではありませんか。

こちらはマウンテンバイク仕様で、使われているコンポも
私のについていたコンポと全然違います。
ひょっとしたら、パーツは結構付け替えているのかもと
聞いてみたくなり、この自転車の持ち主を探してみます。

結果、こちらの自転車の持ち主は小学生くらいの男の子でした。
ちょっと色々聞いてみたのですが、どう見ても私は不審者風なので、
そそくさと帰られました。
お父さんから受け継いだようです。

STY43529
こちらの道の駅の建物もユニークです。
円盤型というのか、編笠をイメージしたのかな。

本日はテントを張らずに、24時間休憩室で休むこととします。

本日の走行距離94.01km/総合距離3228.0km
明日は朝から雨のようです。
午後には止みそうなので、様子を見て出発予定です。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする