【21日目】四国最北端でアイを叫んだサイクリスト【2016/04/25】

さて、本日は女木島を回ったあと、男木島へ。その後は、小豆島へ向かう予定でした。

STY52653
松原キャンプ場というところでテントを張ってました。

朝から女木島を一周します。
荷物はテントに置いておき、フロントバーバッグだけの軽装備で出かけます。
一周10kmに満たない島ですが、そこそこアップダウンがあります。

STY52656
鬼ヶ島アピールです。

STY52659
鬼ヶ島の看板のところから少し歩くと、灯台が。
写真は撮りにくい場所でした。

STY52661
オーテと言われる石垣です。
女木島は風が強いので、こういうものを作ったらしいです。

一周を終えたあとは、テントをかたしフェリー乗り場に自転車を置いて、
鬼ヶ島大洞窟へ歩いていきます。

STY52667
入り口にはボス鬼が。

一人で洞窟に入っていこうとすると、係の人が案内してくれるとのこと。

STY52672
入口で写真を撮ってもらいました。

係の人の説明はすごく面白くて。
まず、ここは鬼の洞窟ではありませんと身もふたもないことを。
ここには海賊がいたと。そしてここほど大規模で人工的な洞窟は他にはないと。

鬼の人形が色々なところにおいてあるのですが、
これは子供向けということでとおっしゃってました。
そして、桃太郎の元となった伝説も説明していただきました。

岡山の桃太郎とは元になった伝説が違うそうです。
どちらが本当だとかではなく、色々な征伐話が桃太郎の話になっていったということでしょう。
鬼ヶ島大洞窟を楽しんだあとは、フェリー乗り場へ戻り、男木島に向かいます。

STY52681
来た時と同じフェリーです。

STY52690
男木交流館。屋根がいろいろな文字で出来ているのですが、解読不能。

まずは男木島灯台に向かいます。

STY52683
御影石で作られています。小さいですけど、これは良い灯台。
ちなみに、灯台への道のりは結構な坂でした。

灯台からの帰り道、私がヒィコラと登ってきた坂道を、
電動アシスト自転車に乗った年配のご夫婦が、楽々と登ってきました。
電動アシスト自転車恐るべし。

STY52725
高松へ帰るフェリーが出るまで結構時間があるので、まずは昼食。

STY52693
タコ入りお好み焼き。昔風の懐かしい味のお好み焼きです。
その後は石垣の集落をぶらぶら。

STY52736
山の斜面に密集する集落。細い路地と階段が楽しい。
そして、そこには猫が沢山いました。

STY52713
屋根に集まる猫。男木島はアートの島でもあり、猫の島でもあります。
集落をブラブラすると、沢山の猫に出会うことが出来ます。

猫をながめつつ路地をウロウロしていると、
あっという間にフェリーの時間が来たので、フェリー乗り場へ戻ります。

そして、フェリーで高松へ。
フェリーの中で考えます。
このあとは高松からまたフェリーで小豆島へ行く予定ですが、
どうも天気がよろしくない。
天気予報は明日も晴れということだけど、本当かなと。
小豆島は日本一周の最後に、姫路からいけるから後回しでも良いかなと。

それに4/29・30とサミットの大臣クラスの会合が高松で行われるらしく、
色々なところで警備とか強化されるみたいで。
それなら早い目に香川を離れるほうが良いなと。

ということで、小豆島をとばして四国最北端を目指します。

STY52740
四国最北端の庵治町は映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地のようです。
映画も見てないし、興味が無いのですが、
ちょっと建物がいい感じそうなので、1ヶ所よってみました。

STY52741
写真館の建物が、カフェとして保存されてます。
横には映画の撮影に使われた小道具など、いろいろな展示もあったのですが、
それほど興味がなかったので、さっさと次に向かうことに。

そして、四国最北端へ。

STY52747
これで四国の端っこは全て制覇しました。
この写真を撮った場所に来るためにすごい坂を下ったのですが、
帰りが大変でした。重い自転車を押すのは、ホント大変ですね。

そして、この後がまた大変。ここが岬ということを忘れていました。
久しぶりのアップダウンです。それほど距離を走っていないのですが、
太ももはパンパンになりました。

そしてなんとか道の駅「源平の里むれ」へ。

STY52748
こちらの道の駅は広くて、テントも張れそうだったのですが、
時間がまだ午後4時だったので、もう少し頑張りました。

峠を二つほど超えて、道の駅「津田の松原」へ。
本日はこちらの公園でテントを張ります。

本日の走行距離59.24km/総合距離1479.9km
明日はついに徳島県に戻ります。ついに、四国も終わりに近づいてきました。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする