【20日目】金毘羅さん、そして、女木島へ【2016/04/24】

さて、本日は金毘羅さんと呼ばれる金刀比羅宮へ向かいます。

STY42576
昨日、同じ所にテントを張っていた島さんです。
御年63歳。自転車でお遍路をしています。
色々とお話させていただきました。

午前7時スタートです。
今までは海沿いを走ってきましたが、本日は内陸を走ります。

それほど激しい坂はなく、午前9時ころには琴平に到着。

STY42581
まずは鞘橋というのが現れました。
渡れないのですが、立派な作りの橋です。

そして、金毘羅さんといえば、階段です。

STY42588

STY42596
こちらは五人百姓と呼ばれる、特別に境内で商売を許可された飴屋さんです。

STY42599

STY42601

STY42604

STY42608
786段の階段を登って、ついに到着です。

本殿に祀られているのは大物主大神ですが、相殿には崇徳天皇も祀られています。
崇徳天皇というと怨霊として有名ですが、四国では神ということでしょうか。

P4240106
狗みくじをひきます。

P4240110
末吉でした。小吉とか吉に比べて、どっちが上なんでしょうかね。
良くも悪くもなくといったところでしょうか。

P4240111

P4240118
金毘羅さんは海の神様でもありますので、ソーラーボートやスクリューも奉納されています。

奥社には行かずに本殿までで、終わりとしました。
それでも1時間位はかかりました。

その後は高松に向けて走ります。
お腹が空いてきたので、どこでも良いからうどんを食べようと。

STY42613
途中にあったお店。本店となっているからチェーン店もあるのでしょう。
中は人でいっぱいでした。地元の人が来るところでしょうか。

STY42612
温ぶっかけうどんとかきあげ、おにぎり。
讃岐うどんでまずいものはないと思う。安定の美味しさ。

その後、道の駅滝宮に立ち寄ります。こちらの横にコインランドリーがあったので、
そのついでです。

道の駅には”うそかえまつり”と書かれたのぼりが立っていたので、
何かなと思って近くの神社に行くと、

STY42623

STY42615

STY42617
“うそ”と言われるものを交換しあうお祭りだそうです。
全国の天満宮の中で40ヶ所くらいでしか行われていない神事だそうです。

偶然立ち寄ったところで、こういう珍しい神事に出会えるなんて!

STY42622
うそは800円だったので、ちょっと遠慮して、ミニチュアのうそがついた
おみくじを引いてみました。
大吉でした。この旅2回目です。

道の駅では、うどんアイスというのを売ってました。

STY42624
アイスの中に短いうどんが入ってます。ちょっと面白いアイスでした。
うどんの出汁も入っているとのことですが、そちらはあまり感じませんでした。

コインランドリーで、洗濯が終わるまで1時間位、時間を潰しました。
またここからは、走るのみ。
それまではわりと走りやすかったのに、高松の市街地に入ると一気に走りにくくなる。

特に交差点に自転車を侵入させないよう、地下道を通るよう誘導する作りには
非常に腹が立ちます。
大阪の陸橋を渡らせる作りもそうでしたが、なぜ自転車を降りて押せというのか
こういうシステムを考えた人に、聞いてみたいものです。

そんなこんなで高松に到着です。
特に高松の街には用がないので、フェリー乗り場を目指します。

次の目的地は女木島です。
フェリーの出発までに時間があったので、こちらでもうどんを。

STY42626
連絡船うどんです。いわゆる駅の立ち食いうどんですね。

STY42627
こちらでもうどんセットで。ぶっかけではないので、普通のうどんです。

STY42632
女木島・男木島へのフェリー。結構大きい船です。

STY42637
女木島に到着。モアイ像と記念写真。
この近くで車を使った屋台があり、まけてくれるということで、

STY42641
香川名物、骨付鳥を購入。ジューシーです。
普通こんなのクリスマスの時くらいしか食べないよな、とか思う。

とりあえず島を回るのは明日ということで、キャンプ場に。
本日はここまで。

本日の走行距離62.89km/総合距離1420.6km
走行距離は少ないのですが、階段を登ったので、結構疲れました。
明日は女木島を回り、男木島に渡る予定です。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする