【8日目】走る、走る、四万十へ【2016/04/12】

さて、本日は須崎方面を目指します。
明日、海洋堂ホビー館四万十に行きたいので、
できるだけ近づきたいなと。

昨日は、この旅初めてネットカフェを利用したのですが、結構いいですね。
ゆっくり寝ることができました。

預けている駐輪場が開くのが午前8時のため、
ネットカフェを出て少しぶらぶら。
本日は朝から快晴で、嬉しい限り。

高知駅に行ってなかったので、とりあえず向かう。

STY22097
そこには幕末の志士が、交通安全運動させられてました。

8時を過ぎて駐輪場へ自転車を取りに。
とりあえず須崎目指して走り出します。
通勤通学時間帯なので、自転車多くて、走りづらい。
駅から離れるとぐっと少なくなってきましたが。

国道33号から56号へ。
この国道56号が走りやすかった。
ツーリングマップルには交通量多いと書いてあったのですが、
平日だからかそれほど多くはなくて、気持ちいい。

STY22103
途中にあった水車。

黙々と走って、須崎へ到着。
そして向かうは須崎鍋焼きラーメンのお店。

STY22104
駅前食堂です。中はホーロー看板や昔のポスターで、
レトロっぽい雰囲気を出しています。

STY22106
そして鍋焼きラーメンとご飯(並)です。

醤油ベースでアッサリした出汁。
鶏肉が入っているのですが、これがちょっと固め。
麺は固めで出てくるのですが、柔らかくしたい場合は
蓋をしておいて時間をおけば、柔らかくなるとのこと。
あっさりとしていて、美味しい。同じ四国でも、徳島と随分と違うものですね。

そして、次の目的地は道の駅あぐり窪川。
そこへ行くまでには、七子峠という300m弱の峠があります。
果たしてこれをどれくらいで登れるのかが、今日のポイント。

須崎から土佐久礼までは多少のアップダウンを繰り返し、
いよいよ七子峠に。

看板が出ていて七子峠まで約6kmと。
斜度はそれほどきつくないのですが、ダラダラと続くわけです。

旅に出て一週間。だいぶん坂道にも慣れてきました。
ギアを軽くして、ゆっくりとゆっくりと登ります。
ひたすらペダルを漕ぐのみです。

そして残り3km地点で、ちょっと休憩。

STY22110
まだまだ先は長いです。

残り1km地点くらいからは、見晴らしが良くなってくる。
景色に目を取られてバランスを崩しそうになることが、何度か。

そして、到着。

STY22113
七子峠には看板みたいなものがなくて、記念写真が撮れず残念。
約1時間かかりました。時速6kmくらいですね。

STY22112
遠く、海まで見えます。
ここから目的地道の駅あぐり窪川までは、ほぼ下りで。

道の駅あぐり窪川には15時位に到着。思っていたよりは早い。
さてこの後はどうしようかと思案。

STY22116
とりあえず名物の豚まんとジンジャーエールで一息。

海洋堂ホビー館四万十に近い道の駅四万十大正までは、あと25kmくらい。
行くべきかどうか迷う。あぐり窪川は広い道の駅で、テントを張る場所はあります。

しかし、時間が早い。しかもこちら営業時間が20時までと長い。
テントを張るまで、随分と時間を潰さないといけないなと。

タブレットで調べた末、四万十大正まで行くことに。
できるだけ近づきたいのと、基本的に下りなので、
行こうという判断です。

STY22117
途中見かけた、喫茶スーパーインベーダー。

四万十川沿いをひたすら走ります。
今日は立ち寄るポイントはなく、ひたすら走るのみだなぁと、しみじみ思う。

STY22121
四万十川に架かる鉄橋。橋桁の形が良いです。

そして、17時半頃に道の駅四万十大正に到着。
もうお店や情報コーナーは閉まっていたのですが、
道の駅の方がまだいたので、テントの許可をもらいます。

炊事場もあって、そちらを利用してもよいとのこと。
お言葉に甘えてこちらで夕食。相変わらずのパスタを。

食後はテントを張って、このブログを書いてます。

本日の走行距離91.26km/総合距離548.8km
明日は午前中に海洋堂ホビー館四万十に。

午後からは雨が降りそうなので、どこか退避できればと思ってます。
もしくは初めての雨中走行?

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする