【どんぶり編】日本一周で食べたローカルグルメ その4【まとめ】

自転車日本一周中に食べたローカルグルメの紹介です。個人的な記録のまとめという側面もありますので、つまらないかもしれませんが、よろしければおつきあいください。

第4回目はどんぶり編です。

焼豚玉子飯

donburi (1)

愛媛県今治市の道の駅多々羅しまなみ公園で食べた、焼豚玉子飯です。

道の駅のフードコートで食べたので、味はそれなりでした。

この日は雨で風もあって、非常に寒い中で食べたので、味を楽しめる状態ではなかったのです。もっと熱々の状態で提供されていたら、それだけで美味しく感じたかもしれないのですが。

ヨーロッパ軒のソースカツ丼

donburi (2)

福井県敦賀市”ヨーロッパ軒”で食べた、ソースカツ丼です。

以前もう一つのソースカツ丼の本場、駒ヶ根で食べたものは、キャベツが乗っていたのですが、こちらはカツだけです。

3枚は多いかなと思ったのですが、ペロリと平らげてしまいました。

白えび天丼

donburi (3)

富山市”白えび亭”で食べた、白えび天丼です。旅に出る前から、食べたいと思っていたものです。

ただ、期待しすぎたのか、それほど美味しいとは思えず。上品な味でしたが、物足りなさも。海老としては普通の海老のほうが、美味しいのでは思ったのでした。

ブリの子かつ丼

donburi (4)

新潟県佐渡市フェリーターミナルで食べた、ブリの子かつ丼です。

佐渡ヶ島ではご当地グルメとしてブリカツ丼を売り出しているのですが、こちらはそれとは違うもののようでした。本当はそちらが食べたかったのですが。

でも、これも美味しかったです。どう美味しかったのかは覚えていないのですが….

タレカツ丼

donburi (5)

新潟市”とんかつ太郎 ”で食べた、タレカツ丼です。こちらのお店がタレかつ丼発祥の店とのことです。

ソースカツ丼と違って、醤油ベースのタレを使っています。こちらは標準で肉が5枚です。薄い目の肉なので、これもあっさりと食べられました。

ソースカツ丼よりこちらのほうが好きです。

ハタあげ丼

donburi (6)

秋田県男鹿市入道崎”灯台そう”で食べた、ハタあげ丼です。

ハタハタは癖のない味で美味しくて、しょっつるをベースにしたタレが効いています。ご飯のタレがかかっているところが、また美味しいのです。

豚丼のぶたはげの豚丼

donburi (7)

北海道帯広市”豚丼のぶたはげ”で食べた、豚丼です。

帯広の豚丼は、吉野家などで提供される豚丼とは違います。豚肉を甘辛いタレで焼いています。このタレはうなぎの蒲焼を参考にして開発されたようです。

美味しいのですが、ちょっと値段が高いかなと。

道の駅ウトナイ湖のかに玉丼の男盛り

donburi (8)

北海道苫小牧市の道の駅ウトナイ湖で食べた、かに玉丼の男盛りです。これで少ない目にしてもらっております。

量が多いのは良いのですが、まずかったらどうしようと思い、少ない目にしてもらったのです。実は人工的な酢の味が苦手で、それが心配だったのです。

そんな心配は杞憂に終わり、玉子はふわふわで、酢もくどくなく美味しいかったのでした。

桜えびのかき揚げ丼

donburi (9)

静岡市清水区”スマル亭2号店”で食べた、桜えびのかき揚げ丼です。

国道脇のドライバー向けの食堂で、そばかうどんのセットのみでした。駅の立ち食いそば的な感じです。

桜えびのかき揚げも、それほど美味しいとは思えませんでした。白えび天丼もですが、普通の天丼のほうが美味しいと思うのです。

トルコ丼

donburi (10)

和歌山県串本町潮岬タワーで食べた、トルコ丼です。こちらのお店の創作料理ですが、全く印象に残ってません。

「トルコ丼は、白ご飯にタンドリーチキンソースをかけており、バーベキューソースに漬けた鶏肉を焼いてのせている。」とのことです。

イノブタ丼

donburi (11)

和歌山県すさみ町の道の駅すさみで食べた、イノブタ丼です。

イノブタはイノシシと豚を掛け合わせたもので、猪肉の柔らかいものだそうです。食べた感じはちょっと固めの野性味あふれる豚肉といったところです。

豚肉で良いのじゃないかなと、身も蓋も無いことを思ったのでした。

ヨーロッパ軒のパリ丼

donburi (12)

福井県敦賀市”ヨーロッパ軒”で食べた、パリ丼です。前回来た時にメニューで見て、気になっていたものです。

ソースカツ丼のとんかつをメンチカツにしたものです。このメンチカツがジューシーで美味しかったです。

わっぜえか丼

donburi (14)

鹿児島市天文館”むじゃき”で食べた、わっぜえか丼です。黒豚を使った、只今売り出し中?のローカルグルメです。

黒豚を使っていれば、あとはそのお店ごとでアレンジして良いようです。ちなみに「わっぜえか」とは「すごい」という意味。

食べた感想はちょっとイマイチでした。ちょっと油っぽかったのです。

かつおの大トロ蒲焼き丼

donburi (15)

鹿児島県指宿市の道の駅山川港活お海道で食べた、かつおの大トロ蒲焼き丼です。

どっしりとした、カツオの身と蒲焼のタレが絡み合い、なかなか美味しい。蒲焼のタレっていうのは、ご飯と合いますね。それだけでも美味しいのです。

やまとのデミカツ丼

donburi (16)

岡山市”やまと”で食べた、デミカツ丼です。

ハヤシライス的なものを想像していたのですが、ちょっと違っておりました。ちょっとケチャップぽいソースで、ご飯との相性が今ひとつかなと思いました。

デミカツ丼はお店によってかなり違いがあるようです。

以上、ローカルグルメ、どんぶり編でした。

こうやってまとめてみると、色々食べているなぁと。地域によってカツ丼が、違っていて面白いと思いました。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする