【Tips】自転車日本一周ブログについてアレコレ その2 【毎日更新の秘訣!?】

さて、今回はブログについてのアレコレ第2弾、毎日更新の秘訣を紹介したいと思います。トンデモ理論が爆発しておりますので、 心して読んで下さい。

なお、文章が長いです。後、写真と内容は関係ありません。

neko (1)

その前に前回のその1では、前提条件を書いていなかったので、わかりにくい文章だったかもしれません。申し訳ないです。ブログを書く=ブログ村に登録するのが当然と言った文章になってました。

私はブログ村を中心に自転車日本一周のブログを読んでいたので、こんなことになってしまいました。前回も今回もブログ村でのランキングアップを考えてのこととなります。

まずブログを書くことが、自分のためという方は、特に毎日更新しなくても良いと思います。と言うか、この記事を読む必要はないです。

あくまでも、読者の期待に答えるために、そして結果としてランキングアップさせるための毎日更新です。

自分を認めてほしいからブログを書くのであって、ランキングなんか興味ないという人は少ないと思います。興味のない人はブログ村に登録しないはずです。

そして、やるからには徹底的に取り組むほうが、旅を終えた時に納得できるのではないかと思うのです。

以下が、私の考える毎日更新の秘訣です。

ブログを何ととらえるか

neko (2)

まず、ブログを何ととらえるかです。ブログは日記でしょうか、それとも作品でしょうか?
一般的には、ウェブ上の日記ととらえている方が多いかと思われます。

私の場合は、ブログを業務日報ととらえておりました。とらえ方なんかどうでもいいと思われるかもしれません。しかし、このとらえ方次第で、負担が変わってきます。

具体的に説明したいと思います。

ブログ=作品?

まず、ブログを作品ととらえている人は少ないと思います。しかし、本人は作品ととらえていなくても、作品のように仕上げようとしている人をよく見かけます。

特に写真・カメラにこだわりのある人はこの傾向が強いです。毎日の記事を作品を作るかのように、時間をかけて作っているように思えるのです。

写真はRAWで撮って、パソコンで仕上げる。それを何枚も何枚も。これでは時間がいくらあっても足りません。

疲れた体で、更に心血注いで写真を編集するというのは、更に疲れるだけです。そして睡眠時間を削ることになります。

もちろん、きれいな写真を見せたい、自分なりの表現を見せたいというのはわかります。

ただ、結果としてブログの更新がストップしてしまったり、一日の走行距離が極端に短くなったりでは、本末転倒です。しかし、これを乗り越えることが出来る方もいます。そういう人はこんな記事なんかを読まずとも、毎日更新できる、強い精神力・体力を持っている方です。

今年で言うと、この前お会いした、さたちゃんです。

212日目 徳島で旅人に会い、自分を再確認した話 : さたちゃんのジパング見聞録
こんちゃ!寒くなり、いろいろとピンチ!、さたちゃんです。さて、ここ数日めっきり寒くなりました。とくに風がひどく冷たくなり、朝などは外に出たくない病が発生しております。(*´Д`)なにせ寒さでやる気がガンガン削られていますので・・・。というわけで今朝は徳島のネ

独特の写真です。ご本人に聞いたところによると、50mm単焦点レンズで開放で撮るというストロングスタイルです。

こだわりを持ちつつ、日々更新されております。ブログ更新中に寝落ちすることも多いようですが(笑)しかし、こだわりを持ちつつ、毎日更新できる人は、見ている限り少ないです。

写真の編集だけではなく、写真のセレクトや文章の出来や美しさ(これは少ないです)に、こだわりすぎるのも、時間がかかり、ブログの更新が辛いものになると思います。

こうなると更新が途絶えがちになり、そのままフェードアウトというパターンになります。

これを回避する方法は、こだわりをある程度は捨てることです。

こだわりの写真や文章を見せるよりは、その日に見たものや思ったことを、発信し続けることを第一に考えたほうが良いかと思うのです。

こだわりの写真は、旅を終えたあとで写真を差し替えるなり、写真を中心とした記事を書くなり、写真展を開くなりして、見てもらえばよいかと思います。とりあえずJPEG+RAWで撮って、JPEGでブログを書くのがおすすめです。

ブログ=日記?

次にブログを日記ととらえると、どうなるかです。

日記というものは基本的に人に見せることを前提としておりません。自分の感じたことや思いをぶちまけるものだと思います。(私が日記を書くとそんな感じです。)

この辺は人によって違うので、絶対ではありませんが。日々の記録として、手帳につけているようなものは除きます。

これをブログでやると、どうなるか。自分をさらけ出すことになります。そして、自分をさらけ出すのを避けようと考えると今度は筆が進まなくなると思うのです。

思いを書きたいのに、そこまで書いてしまっていいのか、そんな葛藤が生まれてくるのではないかと。これが自分を苦しめることになっていくのだと思います。

自転車日本一周中は色々なものを見ますし、色々なことが起こります。その一つ一つに思い入れたっぷりに書かなくても、良いのです。

また、日記では腹の立ったことなんかを書いてスッキリすることがありますが、これをやってしまうと角が立つので避けたほうが良いでしょう。

逆にブログが書けないという人は、こういった思いを書かないといけないと思っているのかもしれません。

思い入れたっぷりの日記を書く感覚で始めると、心理的な負担が大きくなると思うのです。思い入れはそこそこにして、書き続けることを優先するべきだと思うのです。

ちなみに日々の記録としてブログを書くのは、私のとらえ方である業務日報に近い感覚です。

ブログ=作業日報!

最後に業務日報として、ブログをとらえるということについてです。

業務日報とは何かというと、毎日の仕事の報告書です。その日に何をしたか、どういった問題点があったか、どういった対処をしたかなどを、上司や職場の人に伝えるために書くものです。

ここで重要なのは人に読んでもらうということを、前提としていることです。そのための正確さが必要ですし、自分の考えを述べる必要もあったりします。文章的にもわかりやすさが必要です。内容に過度の思い入れを書く必要はなく、起こったことに対する考えや対処を述べるだけです。

そして、業務日報はその日の終わりに必ず書かなくてはならない、仕事なのです。ここが重要です。私はブログをその日最後の仕事と、とらえていたということです。要はブログを書かないと、その日は終わらないということです。

もちろん疲れていた時は、翌朝に持ち越すことも多々ありましたが、一日の終わりのひと仕事として、私はブログを書いておりました。

せっかく自由になって旅に出たのに、毎日仕事をするように書くというのは、嫌だと思われるかもしれません。ただ、仕事をしていた時と同じようなリズムで、ブログを書けばよいということです。

お酒を飲まれる方は、最後の仕事をやっつけた後に、飲むのが良いのではないかと思うのです。仕事を残して飲むよりも、仕事を終えた後の一杯のほうが美味しく感じませんか?

内容的にも過度のこだわりや思い入れは必要はありません。ただ、本当にこだわりたい時や思い入れたっぷりに、書きたい時は書けばよいのです。

そうするとそうでない時とのメリハリがつき、より一層こだわりや思い入れが伝わります。これはとらえ方、意識の問題です。必ずしもこうでないといけないというわけでもないですが、
こういう風に考えておくと、気が楽になるのではないかなと思うだけです。

どういったとらえ方をしても良いのですが、最終的に自身の負担にならないようにということです。負担にならなければ、毎日更新し続けるのは容易いことだと思います。

簡単に記事をつくる方法

neko (5)

毎日ブログを書いていると、スラスラと書けるときもあれば、なかなか書けない時もあります。書けなくて更新ができなくなるというのは、避けなければなりません。

特に雨で停滞した時などは、書くことがなかったりします。また、書くとしても”停滞のため何もありませんでした。”で、済ませたくなる時もあります。

これは【Tips】ブログについてアレコレ その1【ブログ村ランキングアップの秘訣!?】で書いたように、ブログの記事が極端に短くなるので、避けねばなりません。

それではどうしたら良いのか、そんなの時のための方法です。

仮に雨で停滞、テントの中で1日を過ごすこととなったとします。

ある意味手抜きの方法ですが、朝起きてあたりの景色を1枚、朝・昼・夜の食事をそれぞれ1枚、暗くなる前にあたりの景色を1枚、それぞれ写真に撮って、これを文章でつなぎます。

これで簡単に出来上がりです。まず朝と日暮れ前のあたりの写真で状況は説明できます。朝は雨でも夜には雨が上がったとか、朝から夜までずっと雨でした、とかです。

食事に関しては外食が多い人の場合は、テントの中で普段どんな食事をしているのか、伝えられますし、自炊派の人はどんな料理を作ったかで記事を作れます。

食事のあいだに何をしていたかは文章でつなげばいいですし、ちょっとネタのような記事にしても良いです。

本を読んでいたのなら、どんな本なのかとか、どんな作家が好きかとかです。ちなみに只今、自転車日本一周中のぺぺぺぺくんは、こんな記事を書いております。

 

Day115.(鹿児島市→曽於市) 独断と偏見で選ぶ!自転車日本一周旅に合う10曲! : むしょくチャリダーZ〜おら、日本一周した教員さなりてぇ!〜
〇前回までのあらすじ沖縄から戻ってまいりましたペペペペ!溜まったブログと洗濯物を消化し、有難いことに差し入れをいただいたのであった...あとMr.bicycleさんに手紙もようやく出せました!マスターに届きますように...本日三度目のブログ更新になります。前回の

これは停滞している時の記事ではないのですが、尺が余っているからということで書いておられます。本当はずっと書きたかったネタのようですが。

時間が有り余っているのなら、こういうのを書くのも面白いと思います。読者は意外と普段どんなもの食べてるのかとか、テントの中ではどんなことをしているのかも、知りたいかもしれません。

とりあえず寝ていただけとしても、朝と夜の写真、途中食べたものの写真を撮っておけば、なんとか記事は書けるということです。

応用として、移動しただけの日というのがあります。途中に観光スポットもなく、心惹かれるものもなかった時です。こういう時は走ったけど、心が動かなかったということで、ブログを書く手もなかなか動きません。

ただ、”今日は移動しただけで、何もありませんでした。”で済ませてはいけません。スタート地点とゴール地点、食べたものを写真に撮っておけばよいのです。くわえて新しい県に突入した時は、その看板でも撮っておけば充分です。

それをつなぐように、文章を書けばよいのです。これでとりあえずはブログを更新することが出来ます。こういった時はとりあえず更新することを第一に、内容にこだわりは要りません。

ブログを更新し続けることが重要なのです。ただ、これが続くと駄目です。手抜きブログと見破られてしまいます。これはあくまでも書くことがない時、心が動かなかった時の最終手段です。

文章を書くのが苦手な方に

neko (6)

文章を書くのが苦手な方もいると思います。でも、ブログはやりたい。そんな方はまず、文章作成のノウハウを、書いた本を読むのがいいと思います。もちろん旅に出る前にです。

図書館が近くにある方は図書館に行けば、結構その手の本はたくさんあります。

何冊か読んで自分にしっくりと来る本を、探すのが良いと思います。小学校の頃を思い出してください。国語の授業で、本を読み、漢字を覚え、熟語を覚え、詩も覚えさせられます。

そして、夏休みを迎え、宿題は読書感想文。普通書けますか?才能ある人は書けるかも知れません。でも、その前に書き方を教えろよって思いませんか。

要は文章もそれなりに書く方法があるのです。それをとりあえず、勉強しておけばよいのです。ここで気をつけるのはエッセイの書き方とか、旅行記の書き方の本を選んではいけません。それは文章が書ける人向けのものです。

どちらかと言うとビジネス文書の書き方とか、作文の書き方とかが良いと思います。

とりあえず苦手意識がある人はそれを払拭しないと、毎日のブログ更新は苦痛以外の何物でもありません。そうなると毎日の更新は辛いものとなります。

実は私も少なからず文章作成についての本を読んでおります。今手元を探したら、7冊ありました。図書館で借りていたりもするので、読んだのは10冊以上あるかと思います。

実際にそれらが役に立っているかどうかは、わかりませんが、それなりに文章は書けるようになったと思っています。

最後にとっておきの方法を。これは疲れてブログが書けないという時に、やっていた方法です。文章を書くのが苦手な方は、とりあえずこういった方法もあるということで。

心が動かなかった時と違い、写真はいっぱい撮った。でも、疲れて文章を書く気が起きない。こういう時は、まず写真を貼って、その下に1行くらいのコメントを書くのです。これを繰り返して、ブログを作るのです。書いているうちに、気分が乗ってきて、文章が書けるようになる時もあります。

最悪、写真の連続で見せることもありです。この方法の欠点は写真が多くなることと、ブログ自体が単調になってしまい、盛り上がりに欠けてしまうところです。

そしてこういう記事ばかりだと、やはり手抜きブログと思われてしまいます。適度な量の文章はそれなりに必要です。

ただ、こういう時もあるものです。たまにはこういうのがあってもいいじゃないかと、開き直るのもいいのではないかと思うのです。

最後は気合

neko (4)

これを言ってしまえば、終わりですが、あえていいますと、最後は気合です。

疲れた体で書くのです。書こうという気合がないと書けません。疲れて書けないという時も、自分のブログを楽しみに待っている人がたくさんいるんだと、自分に言い聞かせ、パソコンの電源をいれるのです。

ホント最後はそれだけです。

以上が、毎日更新の秘訣というか、ノウハウというか、思い考えたことです。

書いていてなんだか独りよがりな考え方だなとか、こんなこと書いていいのかなとか、色々思ったのですが、こういう考え方もあるということで。参考になるようでしたら。

更新が滞ってしまったら

もう一つ最後に更新が滞ってしまった時のことを。

neko (3)

もし更新が滞ってしまった時は、ブログの更新を辞めてしまうのが良いと思ってます。

何日分も溜まってしまったら、もう無理だと思うのです。ブログを書かなければという、後ろめたい気持ちを持ちながら、旅をするのは、もったいないと思うのです。

ブログを続けるのは無理でした!と潔く宣言して、更新を辞めてしまうほうが、スッキリすると思うのです。

人を楽しませるよりも、自分の楽しみを優先するのが良いかなと。どうしても書きたい時は、旅を終えた時のお楽しみとして、とっておけばよいだけです。

ではでは。

コメント

  1. 正統派ブログ愛好家 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    んー、今回も大変勉強になりました
    (>_<)/~~
    確かに、あまりに感情的なブログや自己満足なブログ、自己主張が激しいブログは最初はもの珍しさから読んでみますが、段々と読んでいて飽きが来てしまいます。
    報告書のような記事の方が断然読みやすいですよね。
    納得です。