九州編まとめ

九州編まとめです。

九州編ルート

期間:2016年10月04日~11月11日(39日間)
走行距離 2667km

使ったお金

食費:71,758円
住居費:46,234円
医療・衛生費:8,315円
交通・通信費:10,300円
教養娯楽費:2,986円
交際費:10,273円
水道・光熱費:108円
衣服・履物:999円
家具・生活用品:321円
保険・税金:183円
その他支出:1,690円
———————————-
合計 153,167円

kakei_1111
39日間で153千円、1日平均3,927円となりました。

住居費が非常に多くなりました。ネットカフェを利用しすぎました。
九州編の途中から、疲れがとれなくなってきて、
ネットカフェの快適さに甘えてしまうことが多くなりました。

おみくじ

q_omikuji
以上のような結果となりました。

大吉3回、中吉3回、小吉3回、末吉2回、吉2回、凶0回。

相変わらず、凶が出ないですね。

九州四端

鶴御崎 九州最東端

q_matome02
なかなか厳しい坂を登ったところにある最東端でした。
旧要塞の上に建つ鶴御埼灯台が印象的でした。

佐多岬 九州最南端、本土最南端

q_matome04
佐多岬は絶賛工事中で、最南端の展望台には行くことが出来ず。
このモニュメントがあるところまででした。
今年の6月に出来たばかりのモニュメントです。

神崎鼻 九州最西端、本土最西端

q_matome31
思ってたより簡単にたどり着けました。
このあとがずっとアップダウンの連続で、かなりバテてしまいました。
ただ、この旅のクライマックスは間違いなく長崎だったと思います。

九州最北端 太刀浦埠頭

q_matome35
わかっていたことですが、コンテナターミナルが九州最北端の地。
一般人が立ち入ることが出来るのがここまでです。
先に訪れておけば、最西端で全て達成!という感慨に耽ることにできたのに….

天草四郎像

天草・島原の乱のリーダー天草四郎時貞。
謎の多い人物ですが、天草・島原ではたくさんの像がありました。

q_matome10
藍のあまくさ村にて。
日本一の天草四郎像とのことです。

q_matome11
天草四郎メモリアルホール近くにある像です。
ライトアップされている時に撮ったものです。

q_matome14
鬼池港にて。
雨の中撮ったもので、イマイチな写真で申し訳ないのです。

q_matome15
天草キリシタン館にて。
こちらも雨の中撮ったものです。こういった像のうまい撮り方を教えてほしいものです。
だいたい逆光で、像自体が暗く写ってしまうのです。

q_matome16
パールセンターにて。
この像の写真がよくパンフレットに載っていたのですが、
どこにあるかわからなかったのです。
サンタマリア館でこの場所にあるとわかりました。

q_matome19
島原城にて。
一番うまく取れた、天草四郎像です。個人的にはこの像がいちばん好きです。

q_matome22
原城跡にて。
島原城にあるものと同じポーズですが、同じ方が作られたものでしょうか。

以上、7体の天草四郎でした。
ちなみに私にとっての天草四郎のイメージは角川映画「魔界転生」における、
沢田研二演ずるところのものです。

灯台

九州でもたくさんの灯台を見ました。印象に残る灯台がたくさんありました。

q_matome01
鶴御埼灯台は旧軍事施設の上に建つ灯台。
灯台自体よりも、その下にある廃墟的な施設に目が向きます。

q_matome03
都井岬灯台は九州で唯一の参観灯台。
都井岬は通行止めもあり、たどり着くのが大変でした。

q_matome05
佐多岬灯台は岬から見るだけです。

q_matome23
大瀬埼灯台は絶景灯台NO.1です。
これを見るために五島列島福江島に渡ったのですが、もう最高でした。
たどり着くのは大変ですが、オススメです。

q_matome32
大バエ灯台もなかなかの絶景灯台です。
平戸から生月島までが大変でした。また、風にも悩まされました。
でも、行ってよかった灯台です。

九州編も思っていたよりも時間がかかりました。
台風による停滞あり、疲れて進めない時もありました。
腰痛あり、風邪気味ありと、後半になるにつれ、疲れが溜まり、厳しくなってきました。
お陰でネットカフェを多用するようになり、出費もかさむことに。

ただ、天草以降、島原、五島列島福江島、長崎は本当に楽しかったです。
以上、九州編のまとめでした。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする