【159日目】萩の町を楽しみ、三見へ【2016/09/30】

さて、本日はまずは萩の町を目指します。

日の駅「ゆとりパークたまがわ」にて、午前5時起床。
外を見ると雨は降ってなさそう。

朝食を食べ、天気のチェックなど。本日も曇りのち雨の予報。
どうやら午後くらいから雨雲がやって来そう。
雨が降り出す前に、出来るだけ進みたいところです。

一応、本日は油谷という所まで行けたら良いなと思っていました。
準備をして、午前6時過ぎ出発です。

STY09098
曇り予報ですが、いつ雨が降り出してもおかしくない空模様。
レインウェアの上着のみ着て走ります。

STY09100
ボウリング場改め洗車屋?

この後、なかなか手ごわい坂が。
登坂車線があって登りきった先にトンネルが。
トンネルを抜けるとさらに登坂車線が!

出雲から西は結構厳しいという情報はもらっていたのですが、
甘く見ていました。
ただ、めちゃめちゃ厳しいかというとそれほどでもない。

STY09104
本日も曇り空での、海。

STY09112
自転車日本一周では有名な39mの峠をクリア。

この看板が出雲から西のイメージを象徴しているのではないかと。
それほどきつくないんです。ひとつひとつは。
言ってしまえば地味なんですよね。じみ~にキツイと。

STY09114
道の駅「阿武町」に到着。
いくつかある最初に出来た道の駅のひとつ。
発祥の駅アピールがスゴイです。

時間が早かったので、お店はどこも開いておらず。
クルッと回って、通り過ぎました。
ここも宿泊には良さそうなところです。

この後、コンビニで第2朝食をとって、萩までひた走ります。
時々、小雨がぱらつく程度で、なかなか快調です。

STY09116

STY09122
このあたりの岩は茶色だなと。

走っていると、世界遺産アピールの看板が。

STY09124
萩反射炉です。
ここでガイドのおじさんに色々とお話を聞くことに。
萩の町の見どころなどを教えていただきました。

とりあえず、道の駅「萩しーまーと」に到着。
ここは漁港と直結した道の駅で、海産物などが売られています。

お弁当屋さんもあって、美味しそうなものも売っていたのですが、
先程食べたばかりなので、ここはパス。
先に進むことにします。

STY09126
東萩駅の前には萩城が。1/6ですが。

そして、萩の市街地である三角州の部分に突入です。

STY09128
なかなか立派な灯台風の建物が。

反射炉の所で聞いたガイドさんのおすすめに従って、三角州沿いを走ります。
そして、萩市街地に着いたころは、天気が若干良くなってきて、
ほんの少しですが、日がさすことも。

STY09130
カトリック教会の建物。
十字架が建物と一体に成っているデザインが良いですね。

STY09134
ガイドさん一押しの藍場川沿いの旧湯川家屋敷。
このあたりの川沿いの風景はいい感じ。

STY09144
特に観光名所ではないのですが、普通にある石の橋。

萩の町は明治維新の偉人に関する場所がたくさんあるのですが、
そういうの以外にも、古い建物や町並みがたくさんあって。
自転車でブラブラと廻るのに最適の町ではないかと。

STY09148
左手側が萩高校、右手側が北門屋敷の通り。
高校も歴史のある感じで、こんな高校に通えたら、
さぞかし誇らしいだろうなと思うのです。

STY09152
萩はレンタサイクルも盛んのようで、すごい数の自転車が並んでいました。
同じ形の自転車がこれだけ並んでいるのを見たのは初めてかも。

STY09154
萩といえば焼き物の町というイメージが強いかもしれません。
登り窯もありました。実際に使っているのかな。

STY09162
遊覧船乗り場の風景。

STY09168
萩商港にあったクレーン船。かっこいい。

STY09182
通りかかった商店街。方言を書いた幟が面白くて。

ひと通り萩の町を楽しみ、昼食です。

STY09184
通りかかったうどん・そば屋にて。
うどんもしくはそばプラスご飯・惣菜食べ放題で650円となかなかお得で。
お味はそれなりですけど、この値段で食べ放題は嬉しい。

最初の方で書いた通り、本日は油谷までいけたらと思っていました。
というのも、昨日油谷にある青少年自然の家という所に、
本日泊まる予約を入れていたのです。
ただ、天気の状況などがあるので、明日になるかもということも伝えてありました。

ご飯を食べた時点で12時過ぎ。
萩の町をブラブラするのが楽しすぎて、予定以上に時間を取ってしまいました。
これでは油谷まで行くのは難しいかなと。
本日はいけない旨を連絡して、明日油谷で泊まることにしました。

これで、本日の目的地は萩の町から10km程先にある道の駅「さんさん三見」とすることに。
時間的に余裕があるので、もう少し萩の町を楽しみます。

STY09186
ガイドさんは、バスツアーの人たちがよく来る普通の観光地と、
辛口で言っていた旧町人地と呼ばれるところ。
こちらの通りもなかなか良いです。

萩の町はホント一日居ても良いくらいです。
これで天気が良かった、もっと楽しかったでしょうね。

最後に萩の町を少し離れて萩駅へ。

STY09204
旧萩駅駅舎。大正時代の建物です。
今は建物の左側部分だけがひっそりとした駅となっており、
中央部分は博物館として運用されております。
ちなみに無人駅です。

STY09196
この写真に写る5人、ロンドンでは長州ファイブと呼ばれているそうです。
初めて知りました。

井上聞多(井上馨)、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤俊輔(伊藤博文)、
野村弥吉(井上勝)の5人。
調べたところ映画も作られているようです。

存分に萩の町を楽しみ、道の駅「さんさん三見」に向けて出発です。

三見に行くには国道191号線を行く山の道と、県道を行く海沿いの道があるのですが、
やはり海沿いを走ろうと。
それに線路と並走するようなので、それほどきつくないかと。

県道を進むべく向かっていると、通行止めの看板が。
地名で書いてあるので、それが三見より先なのか手前なのかわからず。
地元の人に聞いたところ、三見の手前で通行止めのよう。
仕方がないので、国道を使うことに。これがまた結構な坂道で。

登って下って、また登って、そして雨に降られながら、道の駅に到着です。
この道の駅は自動車道のサービスエリア的な位置にあって、結構な高台にあります。
そして、周りには何もありません。

STY09208
景色は最高です。

雨も凌げる軒先もあり、犬の散歩やポケモンの人もこないだろうから、
ゆっくり寝られそうです。

到着したのが午後4時ころだったので、ちょっと休憩をして、あたりをぶらぶら。
もちろんなにもないので、少し遠いですが三見の町まで歩きます。
先程登ってきた坂を下って、三見の町へ。

STY09230

STY09244

STY09250
なかなか興味深い漁業の町でした。
その後は道の駅に戻り、暗くなるのを待って、テントを張って本日は終了です。

本日の走行距離74.08km/総合距離11727km
本日も雨が降ったり止んだりでしたが、うまく雨をしのぎながら移動できました。
明日は今話題のあの神社に行きます。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする