【116日目】走れども走れども九十九里浜、勝浦へ【2016/08/05】

さて、本日は九十九里浜を南下していきます。

午前3時半ころ起床。朝日を見るためです。
しかし、残念なことに厚い雲が出ており、
見ることが出来ませんでした。

その後はブログの作成して、朝食など。
午前6時半位には、出発です。

STY56611
灯台手前にはマリンパークがあるのですが、何故か恐竜の卵。

灯台はまだオープンしていないので、
残念ながら中を見ることなく、先へ進むことに。

銚子電鉄沿いを走り、外川駅に。

STY56612
逆光が残念。木造のシンプルな駅です。

STY56614
謎のオブジェもあります。

STY56615
列車を博物館として、使っております。
こちらもオープン前なので、中を見れず。

さて、ここからは一応海沿いの道を走るわけですが、
海は殆ど見えません。

STY56620
しばらく進むと飯岡の町に。

STY56617
こちらにも東日本大震災時、津波が来たようです。
防潮堤が嵩上げされ、海が見えなかったのです。

そして、こちらは

STY56618
ちばてつやが育った町ということで、
矢吹ジョーと力石徹のデフォルメ像がありました。

飯岡の町が九十九里浜の東端とのことです。
ここからひたすら九十九里浜沿いを走ります。
九十九里ビーチラインという名前の道ですが、
ほとんど市街地を走ります。

STY56623
途中、蓮沼海浜公園に展望台があったのですが、
修繕が必要とのことで、登ることが出来ませんでした。
ここからなら、九十九里浜を一望できたはずなのですが。

本日はひたすら走るのみで。
途中、あまりの暑さにコンビニにて、かき氷を食べたり、
冷たい飲み物を飲んだりです。

STY56624
九十九里ビーチラインを外れて、上総国一之宮玉前神社へ。

STY56629
こちらでは灯籠流しを行うようで、旧暦の七夕まで、
笹飾りを出しているようです。

STY56625
本殿・拝殿は大改修中でしたので、その手前の鳥居の所を。

STY56626
おみくじはまたも大吉でした。

玉前神社の後はまたひたすら走るのみです。
玉前神社からの道と九十九里ビーチラインの合流するところで、
九十九里浜は終了のようです。

その後は御宿に向かうのですが、ここからが少し坂道となります。
それほど厳しい坂はないのですが、アップダウンが続く、
半島らしい道となりました。

御宿では月の沙漠記念館とらくだの像があるのですが、
こちらはスルーで。
らくだの像の所は、海水浴場のため人がいっぱいでした。

御宿を過ぎた後も、アップダウンが続き、トンネルもいくつか。
そしてなんとか、勝浦に到着。

とりあえず、向かったのは勝浦タンタンメンの食べられるお店。
到着が午後4時半頃と少し早かったので、開いているお店が少なくて。

STY56630
勝浦タンタンメンです。
ごまは使われずに、ひたすらラー油で味付けされているようです。
辛いです。でも、美味しい。暑い中汗をかきながら食べました。
スープまで全部飲みました。辛かったぁ。

満腹になったところで、本日泊まる目星をつけていた公園に。
到着が午後5時と早いのですが、もうここで良いかなと。

STY56632
公園からは海にある鳥居が見えます。

残念なことに、テントの設置は禁止と書かれているので、
東屋で寝袋で本日は寝ることに。

本日の走行距離116.16km/総合距離8475.4km
途中変な電波を拾い、時速144kmで3kmくらい進んでしまったので、
実際の走行距離は113km位だと思われます。

明日も房総半島。
土曜日だから道が混むかも。出来るだけ進みます。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 金子B より:

    SECRET: 0
    PASS:
    勝浦から先は狭くクネクネしたトンネルや洞門が多いので、猛暑も含め、お気をつけください!
    ・道の駅南房パラダイスのドラゴンフルーツソフト(この辺は走ってて気持ちいいです)
    ・富津市「梅乃屋」の竹岡ラーメン(濃いですが)
    ・最近流行りの富津市の「濃溝の滝」(山の中ですが)
    ・木更津・江川海岸の「日本のウユニ」こと海中電柱(夕方が綺麗です)
    あたりがオススメですよ!どこも週末は人わんさかとは思いますが(^_^;)

  2. keta-G(けたじぃ) より:

    SECRET: 0
    PASS:
    たくさん情報ありがとうございます。
    ドラゴンフルーツソフトはありませんでした。残念。
    竹岡ラーメン行ってみます。