北海道編まとめ

北海道編まとめです。

走行ルート
北海道編ルート
期間:2016年6月5日~7月17日(43日間)
走行距離 3080.2km

使ったお金

食費:87,902円
住居費:12,840円
医療・衛生費:6,944円
交通・通信費:13,590円
教養娯楽費:7,649円
交際費:32,658円
水道・光熱費:482円
衣服・履物:0円
家具・生活用品:2,409円
保険・税金:0円
その他支出:784円
———————————-
合計 165,258円

cats-crop
43日間で165千円、1日平均3,843円とかなりの金額となりました。

日本海側北上編のまとめで食費をおさえてとか書いていたのに、
食費は全く減らずに増えました。
これは美味しいものや独特の料理(B級グルメ)が多いためです。

2番めに多かった交際費、これはおみやげを送ったからです。
これは想定内。

交通・通信費はフェリー代です。大間から函館、
利尻島・礼文島と結構かかりました。

住居費はライダーハウスやキャンプ場の料金です。
北海道へ渡るまでは有料施設はあまり使わなかったのですが、
北海道はキャンプ場も安く、ライダーハウスも楽しいということで、
景気良く使いすぎました。

ただ、キャンプ場は気分的に楽なので、
これからも安い場合は利用していきたいと思いました。

今まで比率の高かった教養娯楽費ですが、
北海道ではあまり有料施設には入らず。
有料の施設に入らなくても、自然あふれる北海道は十分楽しめました。
また、旧鉄道施設などが宿泊所になっていたり、
無料で展示されていたりと、無料で楽しめました。

医療・衛生費は入浴料とコインランドリー代です。
ライダーハウスでは無料で洗濯できる場合もあったので、
日数に比べてかかっておりません。

おみくじ

cats-crop2
以上のような結果となりました。

大吉2回、中吉1回、小吉2回、末吉1回、吉1回、凶0回。

北海道の神社は雪対策のため、ちょっと見た目が好みでなくて。
あまり訪れなかったです。

今回も凶は出ませんでした。

北海道四端

白神岬 北海道最南端

STY64065
北海道上陸翌日に訪れたこの時は快晴で。
この後はなかなか天気に恵まれなかったかと。

北海道最西端あたり

STY94122
最西端の場所には行けないので、その付近で。
ここより少し手前の太田トンネルの出口辺りが、
最西端に近いかもしれません。

宗谷岬 北海道最北端、日本最北端

STY44941
楽しみにしていた最北端も、霧雨が降る中向かいました。
風も強く気温も低い状態で、この写真を撮っている時も、寒くて寒くて。

青いシャツはMr.Bycicleでいただいたものです。

納沙布岬 北海道最東端、本土最東端

STY35437
この日も生憎の天気で。
このあと少し晴れたのですが、北方四島の方は晴れず。

手に持っているのは本土最東端ガラナです。

ラッキーピエロ

函館を代表する飲食店でもあるラッキーピエロ。
多彩なメニューに、コンセプチュアルなお店達。
たくさん食べました。

北海道初日の記事

【55日目】北海道編スタート、函館へ。本日はラッピDAY【2016/06/05】
さて、本日は大間から函館へ。そして、函館観光です。 大間のテントサイトにて。 こちらはおっとっとくんのテントと自転車です。 ...

大変好評だったようで、
ブログ村の自転車日本一周カテゴリーの
注目記事ランキングの1位になったのは、
この記事が初めてだったと思います。

ラッキーピエロを取り上げるとアクセスが増えると思うのです。

STY54001
五稜郭公園前店で、チャイニーズチキンバーガー。

STY54027
ベイエリア本店で、ラッキーエッグバーガーとラッキーチーズバーガー。

STY54037
港北大前店で、かつ丼。

STY45893
函館駅前店で、チャイニーズチキンバーガーとラキポテ。

STY55937
十字街銀座店で、キャラメルナッツシルク。

STY55946

STY55944
人見店でスペシャル生ベーコンエッグバーガーとトンカツバーガー。
店内が学生さんでいっぱいで、残念ながら持ち帰り。

ラッキーピエロは店内が面白いので、それを楽しめなかったのが残念です。
ちょっと写真がひどいですね、申し訳ないです。

STY75980
最後に峠下総本店で函館スノーバーガーーとエビチリバーガー。

改めて見ると、たくさん食べてますね。
本当はハンバーガー全種類(巨大なのは除く)制覇も考えたのですが、
予算的な問題と流石にハンバーガーばかりは考えものかということで、
断念しました。

江差にあるのを知らずに訪れなかったのが、後悔のするところです。
しかも、江差のお店のテーマがオードリー・ヘップバーンということで、
「ローマの休日」が好きな私としては、行ってみたかったなぁと。

ライダーハウス

北海道は本当にライダーハウスがたくさんありました。
無料のものもたくさんあって、懐にも優しく、
また、出会いの場でもあります。

私としては、同じ自転車乗りよりもバイク乗りの方と話をすることが多く、
たくさん北海道の情報をもらいました。

STY34376
初めてのライダーハウス、三笠にある旧萱野駅。
駅舎をそのまま利用しており、駅員気分になれます。

STY84551
天塩にある鏡沼海浜公園のライダーハウス。
キャンプ場にテントを張るより、ライダーハウスのほうが安いのです。

落書き帳に書き込むと、後に送ってきてくれるとのことなので、
楽しみにしております。

STY04621
稚内の有名ライダーハウス、みどり湯。

5人以上で自己紹介タイムや唄を歌うなど
ちょっとユースホステル的な部分も。
それもまた、楽しかったです。

STY75025
道の駅「おこっぺ」のルゴーサ・エキスプレス。
この時は雨で気温が低くて、寒かったです。
宿泊しているみんな、震えていました。

STY85155
計呂地交通公園では2種類にライダーハウスが。

駅長の家500円と客車300円、快適さでは駅長の家ですが、
泊まったのは客車です。もちろん。

STY05323
斜里にあるクリオネ。

ライダーハウスは利用せずに、キャンプ場にテント泊。
ただ、ライダーハウスにおじゃまして、話はしました。

STY35482
根室のインディアンサマーカンパニー。
カニを食べると泊まることができるシステムです。

みどり湯もそうだったのですが、
経営するお母さんの人柄がこのライダーハウスの魅力です。

STY55567
釧路の銀鱗荘。
ライダーハウスというよりは民宿の一室、雑魚寝部屋です。

STY65591
帯広のヤドカリの家。

色々ありまして、ライダーハウスの方々には、
失礼な態度をとったかもと思ってます。
それが私の心の狭い所、これからの課題でしょうか。

ただ、何が正しいのかなんて、解りはしません。

STY65948
最後に函館のゲストハウス自遊旅。ほんとうに大変お世話になりました。
壊れたフロントキャリアを補修していただきました。

毛利さんとはかなり話し込みました。毛利さんの探究心と行動力に、
私もこういう年のとり方をしたいなと思ったのです。

以上のライダーハウスに泊まりました。
落書き帳のあるところには、キチンと文章を残しましたので、
このブログを見て訪れる方はよろしかったら読んでみてください。

北海道は本当に旅人にとって、天国のようなところでありました。
毎年来る人や長期滞在する人、越冬する人がたくさんいるのもうなずけます。

自転車だと走行距離や坂の問題で、廻るのは大変なので、
今度はオートバイで来たいと思うのです。
スーパーカブの110とかが、いいかなと。

以上、北海道編のまとめでした。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よっすぃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    北海道お疲れ様でした。斜里のクリオネでは楽しい一時を共有できたことを嬉しく、そしてすでに懐かしく思います。どうぞ安全に最後まで旅を楽しんでくださいね^^
    追伸、本州は普通に夏です。

  2. keta-G(けたじぃ) より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >よっすぃ様
    バイクは大丈夫でしたでしょうか。
    謎の美少女チャリダーには会えませんでした(T_T)
    色々楽しかった北海道。
    今、大間で停滞中ですが、ちょっと気が抜けた状態です。
    まだまだ先は長いので、気をつけて行きます。
    ありがとうございました。