【88日目】道内最長黄金トンネルを抜け、襟裳岬へ【2016/07/08】

さて、本日は襟裳岬に向かい、その後は浦河にあるライダーハウスを目指します。

STY85643
シーサイドパーク広尾、森の中のキャンプ場にて。
夜露は殆ど無く、撤収は楽でした。

こういった手入れされていない感じのキャンプ場も良いものですね。
炊事場、トイレはもちろん有りますよ。しかも、結構キレイ。

今日のルートも100kmくらい。
それほど慌てず、午前8時45分くらいに出発です。

しばらく走ると黄金道路のスタートです。

STY85644
広尾から庶野までの約30km、黄金を敷き詰めたのか、というくらいお金がかかったそうで、この名前がついています。

最初、揶揄する意味で呼ばれていると思ったのですが、正式な名前というか、こういう碑があるということは、良い意味でつけられた名前なんでしょう。

この辺りは霧が発生していて、ひょっとしたら襟裳岬も霧でよく見えないのではという不安が。

STY85646
覆道にはきちんと歩道があり、走りやすい。
等間隔に並ぶ柱と、光が美しい。

STY85649
岩盤から水が噴き出る、フンベの滝。
結構水の量が多くて、驚きです。

STY85650
またも覆道。等間隔に並ぶ柱が壁のよう。
S字カーブと合わせて、人工的な美しさ。

STY85653
そして、黄金トンネル入口に。
ここで、作業服を着た方に呼び止められました。
安全啓発のために、反射リストバンドを配っているとのこと。

腕に巻いている黄色のものです。
ついでにシャッターを押してもらいました。

約5kmのトンネルはやはり長かったです。
ただ、交通量はそれほどでもないので、怖い目を見ることはありませんでした。
寒いだけです。

STY85656
黄金トンネルを抜け、あと2つほどのトンネルを抜けると、黄金道路も終了。こちら側にも碑があるので撮影。
来た方向は、見事に霧に包まれています。

黄金道路を終えると庶野の町。
霧はなくなったのですが、かわりに風が。しかも、向かい風。
風があるから霧がないのか。

岬なのでアップダウンを覚悟していたのですが、それほどアップダウンはなくて。
敵は向かい風だけです。

南に行くのに向かい風なら、襟裳岬を過ぎて北上する時は、追い風になってくれるかなと、甘い考えを抱いておりました。

STY85658
振り返れば山が綺麗に見えておりました。

そして、襟裳岬に到着です。

STY85660
襟裳岬の辺りは曇り気味で。

STY85664
ちょっとだけ青空が見える時も。すぐに、曇ってしまいましたが。

STY85667

STY85668
岬からの風景は、気持ちが良いですね。

DSC_0018
スマホのパノラマでも撮ります。

STY85670
突端まで行くことができるので、行ってみます。

STY85676
突端から見る岩礁。

DSC_0020
突端でもパノラマ撮影。

完全な青空のもとではなかったのですが、そこそこ青空が見える中で、気持ちが良かったです。
ただ、風が強かったのですけど。
霧多布岬の時よりはマシだったかな。

風の館というのがあったのですが、有料なのでパス。
北海道に来てから、あまり有料施設に入らなくなりました。

岬にあるお土産屋で食事でもと考えたのですが、お値段が高かったのでやめました。

ここからは浦河目指して走ります。
風は追い風になるだろうと思っていたのですが、走りだすと最初横風、そのうち向かい風。

結局、昨日に続き、強い向かい風の中走ることに。
後で調べたら風速4~5mでした。

向かい風の中走るのは、本当に体力が消耗します。

STY85677
昼食は、結局セイコーマートのお弁当で。
気温は高めですが、風を浴びて寒くなり、温かいお茶が欲しくなりました。

その後もひたすら風に逆らいながら走り続けます。

STY85678
なんかすごい道が見えてきました。

STY85679
ひょっとして、上まで自転車で上がれるのかと。

こちらはエンルム岬というところ。
鉄塔より向こうは階段になっているとのことでした。

エンルム岬を横目に通り過ぎると、親子岩ふれ愛ビーチにキャンプ場があります。
浦河のライダーハウスまではあと10kmほど。
もうちょっと頑張るつもりだったのですが、キャンプ場を見てみるとすごく気持ちよさそう。

海に面していて、一体が芝生。正面には親子岩が見えます。
2日連続で向かい風を浴び続け、今日はもういいだろうと、キャンプ場に泊まることに。
料金は600円かかりますが、ここならそれだけ払ってもいいかなと。

STY85683
午後5時前とまだ早かったのですが、本日はここで終了です。

本日の走行距離90.33km/総合距離6526.7km
明日はいよいよサラブレッド街道に突入。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする