【66日目】ベアーな一日、苫前へ【2016/06/16】

さて、本日は留萌から北上、天気の具合を見ながら、停滞できる場所を求めて進みます。

本日は曇のち雨の予報。明日は一日雨の予報なので、できるだけ濡れずに済むように、停滞できそうな場所を探しながら進みます。

本日はそれほど進むつもりもないので、ゆっくりのスタート。
午前8時半位のスタートです。

曇り予報だったのですが、空は意外と晴れておりました。

STY64489
少し進むと丘の上に灯台が。

STY64491
小平町は首長竜の化石が見つかったところのようで。
首長竜アピールです。

STY64493
しばらく進みますと、道の駅「おびら鰊番屋」です。

こちらには旧花田家番屋があります。

STY64494
寿都にあった鰊御殿より遥かに大きいです。
こちらは有料施設だったので、入らず。

STY64496

STY64497
道の駅の中には大漁旗がたくさん。賑やかでいいですね。

STY64498
おやつ代わりにコロッケと紫蘇ソーダを。

さらに進みます。
本日も風は強いのですが、またも追い風。気持よく進みます。

STY64499
そして見えてきたのが、とままえだベアー。
自転車日本一周ブログではおなじみですね。

STY64502
反対側にもベアー。

STY64503
横から見るとこんな感じ。

こちらを通り過ぎると道の駅「風Wとままえ」。
こちらの道の駅には温泉があり、情報ラウンジという漫画・書籍コーナーあり、自転車が濡れなくて済む自転車置き場があり、テントも張れそう。

着いた時点ではまだ12時前だったのですが、もうこちらで停滞でいいかなと。

本当は楽しみにしているオロロンライン道道106号線の手前、天塩まで行ければと思っていたのですが、それほどあわてなくても良いかなと。

苫前にはちょっと興味のあることがありまして、郷土資料館へ。

STY64505
こちらにも熊です。

こちらの郷土資料館には日本史上最大の獣害といわれる、「三毛別ヒグマ事件」の資料があるのです。

「三毛別ヒグマ事件」に関しては小説や映画にもなっています。
詳しくはウィキペディアなどで見てください。

STY64512
入り口から熊の剥製が出迎えてくれます。

STY64508
北海太郎と呼ばれた、巨大熊の剥製も。
こんなのが出てきたら、どうしようもないですね。

STY64509
事件の再現シーンも有ります。

この「三毛別ヒグマ事件」の復元現場が約27km先にあるのですが、実際に熊が出た所に自転車で行くのもちょっと怖いので、止めておきました。

こちらの資料館には熊のこと以外にも、民具があったり苫前の歴史があったりと楽しめました。

帰りにセイコーマートによって、昼食を購入。
道の駅近くの東屋で、食事です。

STY64516
北海道に来て、初ナポリンです。

STY64517
道の駅には足湯もあります。

その後は道の駅の情報ラウンジで漫画を読んで過ごします。
夜には温泉に入り、暗くなったところでテントを張り、本日は終了です。

本日の走行距離49.14km/総合距離4907.2km
明日は一日雨の予報。しかも結構な量が降りそう。
明日もこちらにて、停滞予定です。

ではでは。