【グルメ】2月9日肉の日に、にくにくにくバーガーを食べてきた。【モスバーガー】

昨年話題になったモスバーガーのメニューに「にくにくにくバーガー」というのがあります。

2017年6月に放送された「有吉弘行のダレトク!?」の「没メニューレストラン」で高評価だったことから商品化。発売されると好評で、当初1週間だった販売期間を2週間に延長し、20万食以上売り上げるヒット商品に。その後、毎月29日肉の日として、販売されています。(12/29のぞく)

うるう年でない今年は29日がないので、2月9日に販売です。そして、今回はハラペーニョ(青唐辛子)を加えた「スパイシーにくにくにくバーガー」も合わせて販売されています。

mos_niku01

ネットには「にくにくにくバーガー」の食レポはあふれかえっており、今さら感はありますが記録として書いておきます。

2/9の仕事帰り、利用している駅近くのモスバーガーに。時刻は午後8時、少し遅い夕食です。注文したのは「にくにくにくバーガー」とオニポテセット。飲み物はコーラで。辛いのは苦手なので「スパイシー」は遠慮しておきます。

本当はもう一つ最近販売開始となったマルデピザも注文しようと思ったのですが、にくにくにくバーガーの850円という価格に怯んでしまい、やめておきました。実は850円もすると店に行くまで知りませんでした。ちょっと高いだろうと思っていたのですが、かなり高かったのです。オニポテとセットで1290円です。

CameraZOOM-20180209201223747

そして、やってきたのがこちらです。包み紙は肉汁対策としてか2重になってました。ハンバーガーパティ、焼肉、チキンと肉づくしです。まずは3種の肉を一口で食べてみようと試みたのですが、無理でした。ボリュームありすぎです。

それならとりあえず、ひとつづつということで焼肉を。こちらはライスバーガーに使われている、甘辛い焼肉。安定の美味しさです。

次にチキンを食べたのですが、これがイマイチ。これは美味しくないわけではなく、ちょっと味気ないというか。焼肉の味が濃い目なので、その後ではちょっと弱いということでしょう。

最後にハンバーガーパティ。これも普通のハンバーガーに使われているパティでしょう。不味くはないのですが、今ひとつ物足りません。通常パティにはソースがかかっています。しかし、このにくにくにくバーガーにはソースという引き立て役がありません。それが原因かと。

その後は焼肉+ハンバーガーパティ、チキン+ハンバーガーパティ、焼肉+チキンという組み合わせで食べてみたのですが、うーんなんだかなぁという感じ。組み合わせの妙というのは無いようです。

ボリュームがあるので、食べ終えた後は満腹感はありましたが、味の感想としては残念としか。結局、3種の肉が主張しあって、引き立て役がないということです。改めてハンバーガーにおけるバンズやソースの重要さが理解できます。

もとはボツメニューですから、期待してはいけません。でも、ネタ的には面白いですよね。
持ち帰りにして、御飯のおかずとしてならいいかも。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする