【リッジランナー】出来上がりを妄想する!【再生 その2】

さて、今回はリッジランナーの再生第2回目です。前回の記事はこちら。

【リッジランナー】フレームの素性を調べる!【再生 その1】
さて、今回はリッジランナーの再生に向けての第一歩です。 とりあえず、キレイにしました。まずはこのリッジランナーの素性を調べます...

この記事を書いた後に、フレームをいただいた方よりくわしい情報をいただきました。フレームはクロモリ、Fフォークはハイテンで、F3R7速、コンポはMTB用の一番安いタイプでオールシマノだったとのことです。また、購入も93年11月とのことで、フレーム刻印からの推測も正しかったようです。

それで今回はどんな自転車に仕上げるか、妄想してみました。といっても、大体は決めているのですが。

CameraZOOM-20180118231718526

というわけで、ちょっと絵に書いてみました。フレームのジオメトリは実際のものと違っております。フレームサイズはもっと小さいので、実際はスローピングがもっと激しいのです。

で、どんな自転車にしたいか一言で言えば、ツーリング自転車です。ただ、クラシックテイストのフェデラルと違って、現代的ツーリング車にしたいと思ってます。また、年々衰えていくであろう脚力に合わせて、フロントギアはMTB用の22-32-42Tにしようかなと。まぁ、貧脚仕様です。

現代的ツーリング車の特徴として、STIレバーを導入。8sクラリスがいいのでしょうが、ここはあえて7sターニー。フロントディレイラーはカラーの関係で、クラリスにしたいと思ってます。そして、ブレーキはVブレーキにしてみようかと。BR-R353というコンパクトVブレーキにしてみようと思っているのですが、Vブレーキは使ったことがないので、色々と不安要素もあるかな。

ステムやシートポストはシムを使うことで、従来のものを使うつもりです。

車種番号:RSN-364
フレームサイズ:360
フロントハブ シマノ DEORE LX DH-T675シルバー
リアハブ シマノ DEORE DX FH-M650
リム(前/後) アラヤ VP-20 36H
タイヤ(前/後) 未定 26X1.25が使えたらいいな

ハンドルバー サカエ 420mm
ステム ニットー 詳細不明 100mm
クランク SRサンツアー 型番不明 170mm
スプロケット 42T-32T-22T

STIレバー シマノ TOURNEY ST-A073
フロントディレイラー シマノ FD-2403
リアディレイラー シマノ DEORE DX RD-M650-SGS
カセットスプロケット シマノ CS-HG50-7  13-28T

シートポスト シマノ DEORE DX
サドル ブルックス B17 STANDARD
ブレーキ(前/後) シマノ BR-R353(コンパクトVブレーキ)

ということで、こんな自転車を組もうと思ってます!

ではでは。

ブログ村に登録しています。
下のバナーをクリックしていただけると、
ランキングが上がります。

よろしかったらクリックしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

よろしくお願いします。

【リッジランナー】フレームの素性を調べる!【再生 その1】>>

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする