【ドローン】amazonプライムセールでトイドローンを購入!Holy Stone F180W-FPV

さて、今回はドローンを買ったよ、という話です。

STY54669

ブログ村の自転車日本一周のカテゴリに、
「ライダーハウス蜂の宿」の管理人さんのブログが登録されています。

なぜかオネエ言葉になります、ご利用案内→ 

時々、ドローンのことが書かれています。
使われているのが「DJI Mavic Pro」。
値段は13万円くらいの本格的なものです。

それらの記事を読んで、ドローン欲しいなぁと思っていたのです。
ただ、やはり値段がネックです。なかなか手が出せない値段です。

それならと安いドローンを調べてみました。
安いものとしては、家電量販店で3,000円くらいで売られているのは知ってました。
ただ、いかにもおもちゃって感じで、ちょっと違うかなと。

それでもう少し本格的なものが良いかなと思ってました。
それで色々とネットで情報を探して、見つけたのがこちらです。

Holy Stone F180W FPV

Holy Stoneというメーカーはあまり聞いたことがなかったのですが、
トイドローンで検索すると、結構このメーカーの名前がでてきます。

Amazonでトイドローンを販売している「Holy Stone toys」という会社。 トイドローンを販売する…

この記事を読むと、中国の会社のようですが、
サポートに力を入れているようですね。
中国の会社としては、珍しいと思ってしまうのは偏見でしょうか。

いくつかのトイドローンの記事を読んだのですが、
このメーカーの商品はどれもコストパフォーマンスが良さそう。

F180W FPVも、もちろんコストパフォーマンスが良さそうで、
ドローン入門用としても、amazonでの評価はなかなか良いようです。

それでこのドローンを選んだポイントとしては、
価格が1万円くらい
練習のため、部屋の中で飛ばすことができるサイズ
そこそこの性能のカメラがついている
予備バッテリーがついている
FPV機能がある
スマホで操作可能
こんなところです。

まずはカメラがついていることが必須です。
200万画素とトイカメラレベルですが、
スマホで見るレベルだとこれくらいで良いかもと。
ここは求めだすとキリがないので。

同じF180Wでも、FPV機能のないF180Cもあります。
このFPV機能って何?と思ったので、調べました。

FPVはFirst Person Viewの略で、訳すると一人称視点とのこと。
自分の手元のスマホ画面で、ドローンについているカメラからの映像が見られる機能です。
ドローンで撮影している映像を、飛ばしながら手元で確認できるので
空撮をするには絶対にあったほうが良さそうです。

ドローンを飛ばして遊びたいのではなくて、あくまでも空撮したいという
考えがありましたので、このFPV機能は必須かなと思ったのでした。
また、FPV機能のないF180Cは、スマホでの操作もできないようだったので、
F180Wが良いかなと。

これをamazonのほしいものリストに入れて、購入時期を探っていたのですが、
先日(7/10~11)行われたamazonプライムセールで、安くなっていたので、購入しました。
通常、10,820円なのですが、このときは8,095円で販売されておりました。
約25%OFFの大特価です。

そして、ついに届きました。

STY54661

比較対象物がないのでわかりづらいですが、そこそこの大きさ。

STY54662

開けるとこんな感じです。

STY54664

箱から出して並べてみました。

セット内容は本体、コントローラ(プロポ)、
上段左から、USB充電ケーブル、モバイルバッテリー、スマホ取付けアダプタ、
2in1充電器、バッテリー(本体に一個装着済み)、予備プロペラなど。
本体には4GBのMicroSDカードもセットされてました。

STY54672

予備プロペラなどが入った袋には、
プロペラ以外に、USBアダプタ(microSD→USB)やドライバー、
充電器用コード、使い方の分からない工具などが入っていました。

早速飛ばしたいところですが、まずは説明書を読みます。

STY74676

前半は英語マニュアルで、後半部分が日本語マニュアルとなってます。

読んだところ、まずは充電をしないといけないようです。
とりあえず充電します。

STY54671

付属の充電器は充電が完了すると、ランプが付きます。
過充電防止機能がないようで、充電が完了したら、すぐに外してくださいと
マニュアルに書いてあります。

そして、プロポには、単3電池4本が必要です。

STY74677

手近にあった、amazonが販売する充電池、通称アマループをセットします。
マニュアルには1.5Vx4本と書いてありますが、
1.2vで試してみます。
なお、スマホでの操作も可能ですが、まずはプロポを使ってみます。

充電している間に、本体チェックです。

STY74675

手のひらに乗るサイズです。

STY54666

これがカメラのレンズです。
マニュアルを見ても撮像素子サイズやレンズのF値は載っておりませんでした。

STY54668

後ろ側には尻尾があります。アンテナでしょうか。
空洞になっているところに、バッテリーを入れます。

充電は約50分位で終わりました。
さて、いよいよフライトです。

充電池をドローン本体にセットします。(コネクタはまだつなぎません。)
まずはドローンとプロポをリンクさせます。これをバインドと呼ぶそうです。

まずはプロポの左スティックを一番下にして、プロポの電源を入れます。
そしてドローンにセットした充電池のコネクタをつなぐと、
LEDが点滅して、バインド待ち状態になります。

STY74680

プロポの左スティックを一度一番上まで動かし、次に一番下まで戻します。
そうするとピッと音がなり、バインド完了です。
ドローンのLEDは点灯状態となります。

バインドを行うときの注意点としては、
ドローンを平らなところに置き、動かさないこと。
そして20秒以内でバインドを完了させることです。

で、早速飛ばしてみましたが…

ゴン、バタン、ガタン…

いや、難しいです。狭い部屋で飛ばすのは難しいかなと。
上昇させるとすぐに天井に当たっちゃいますし、
動きも結構速くて、なかなかコントロールできません。

ただ、色々とぶつけたのですが、プロペラが折れたり、
落ちたショックで動かなくなることはありませんでした。

とりあえず電池ひとつで約10分間くらいでしょうか。
2個使って20分位飛ばしてみたのですが、なかなかうまく行きませんでした。

狭い部屋では無理だと思うので、次回は外で飛ばしてみようと思います。

ではでは。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする