【Tips】あぶない!?「自転車 日本一周 おすすめ」記事

STY91967

さて、今回はちょっと批判的な内容になります。
批判的な言動に嫌悪感を感じる方は、読まないでください。

まず、旅に出る前にこんな記事を書きました。

この自転車が見てみたい。
自転車にのるのも好きですが、自転車を見るのも好きです。 自転車で日本一周されている方が、どのような自転車を 使っているか、調べてみました...

この記事はただ単純に、色々な旅用自転車を見てみたいということで、
興味のある自転車を並べただけです。
特にこれらの自転車をすすめているわけではありません。

それでもって旅を終えたあとで、自分なりの経験や知識を伝えたいと思い書いたのが、これ。

【Tips】日本一周用のオススメ自転車 2017 【GIANT グレートジャーニー】追記アリ
お久しぶりです。 写真展も終わりやっと落ち着いた気がします。 そろそろブログも気合を入れていきたいところです。 そんな中、日本一周...

グレジャニはあえてすすめなくても、実際に日本一周用として、たくさん使われております。
ただ、なぜこの自転車が日本一周用に向いているのか、きちんと書かれている記事が
ないようなので、わたくしなりの評価軸をつかって書いてみました。

私にとってこの記事で一番のポイントは、デュアルコントロールレバー(STIレバー)を
おすすめしていることです。
個人的にはランドナーのスタイルが好きだったので、STIレバーは便利だけど、
Wレバーでも問題はないと考えていました。
それが実際の日本一周旅で怖い思いをしたこともあり、STIレバーをすすめるに至りました。

それで次におすすめ自転車だけだと、何と比較してすすめているのかわからないので、
比較対象とした自転車を紹介する記事を書きました。

【Tips】日本一周自転車旅用!ツーリング車15選 2017
先日、「【Tips】日本一周用のオススメ自転車 2017」という記事を書きました。 これを書くために、色々な自転車を調べま...

自転車の紹介とともに、おすすめできないポイントを書いております。
記事自体が長いので、端折っている部分もあるのですが、
スペック表からマイナス面を読み取っていただけるようにしたつもりです。

で、ここからが本題です。
これらの記事を書くために、色々調べました。
他の方がどんな評価軸を使って自転車を勧めているのかを知るためです。
また、似たような内容にならないためでもあります。
もうすでに同じ内容のものがあれば、書く意味もありませんので。

で、「自転車 日本一周 おすすめ」「日本一周 自転車 おすすめ」で検索した結果が、こちら。

osusume02

osusume01

上位には、失礼な言い方をしますが、SEO対策がしっかりされているのであろう、
意識高い系自転車日本一周ブログが並んでおります。
それ以外では「BICYCLE POST」というサイトです。

日本一周中の方の「この自転車を選びました」という記事は置いておきます。
問題は日本一周(したかどうかわからない)後、もしくは日本縦断後のおすすめ自転車の記事です。

「NATURE DRIVE」というブログでは、ランドナー・スポルティーフがおすすめと。

自転車で長期間の旅に出ようというとき、「どのメーカーの自転車に乗っていこうか」が一番の悩みどころ。 選ぶ車種によって半年間〜数年間の旅の快適性が変わってくるので、モデル選択は何よりも重要だと言えます。

「hinata」というサイト(キュレーションメディアでしょうか)の記事では、
ランドナーがおすすめとあります。

ランドナーは、一言で言えば「旅をするための自転車」。日本一周・世界一周をするサイクリストの間では定番の自転車です。それすら知らず、私はロードバイクで日本縦断をしました。私のように旅に出てから後悔して欲しくない!その一心で、今回はランドナーについて徹底解説いたします。

一読すればわかりますが、これらを書かれた方は、自転車のことをよくわかってません。
そもそもランドナーという自転車のこともよくわかってません。
ランドナーというのは、いろいろな意味を含んだ難しいカテゴリーです。
(別の記事を書きたいと思ってます。)
ただのツーリング自転車という意味で使っているとは思うのですが、
先にあげた記事の中で、それなりに適当に語ってくれております。

その中でも「ランドナー」は自転車旅行に特化した車種、「スポルティーフ」は日常でも利用できるようタイヤ経が小さく、車両重量を軽量化することで速度を高めたモデルが多いです。
出典:NATURE DRIVE「自転車旅行専用!ランドナー・スポルティーフのおすすめ15選を紹介します。【日本一周・世界一周】」より

とりあえず、「スポルティーフ」はタイヤ経は小さくありません、タイヤ幅はせまいですが。
ただ、それでも”日常での利用”とはつながりませんので、意味不明です。

【ランドナー・スポルティーフの特徴】

自転車に大量の荷物(30kg?最大80kg程度)を積載できる
剛性が非常に高く、悪路走行でも破損しづらい
フレームからキャリアまで、僻地でも修理可能な素材が採用されている(モデルによって異なる)
パーツの互換性がある
出典:NATURE DRIVE「自転車旅行専用!ランドナー・スポルティーフのおすすめ15選を紹介します。【日本一周・世界一周】」より

そして重要なのが、「パーツの互換性が高い」という点。日本一周・世界一周をするサイクリストにとって、自転車のトラブルはつきもの。タイヤがパンクしたり、パーツが破損した時に近所の自転車屋さんで修理がすぐできるのはかなり大事になってきます!こだわりのロードバイクに乗って旅をしていても、パーツがなくて修理ができない…となってしまってはおしまいです。
出典:hinata「旅の自転車ならランドナー!日本縦断「後」に知って後悔したその魅力【2017最新版】」より

そして、この2つの記事に共通して言われている、「パーツの互換性」がよくわからないです。
自転車は規格の塊なので、それぞれの規格にあった互換性はあります。
ロードバイクだからパーツの互換性がないわけではありません。
世界レベルでいうと入手性の面で問題があるかもしれませんが、
それはパーツの互換性では語れません。規格の普及で語るべきでしょう。

訳のわからないところを挙げだすとキリがないので、この辺にしておきますが、
言わせていただくと

テキトーなこと書くんじゃない!
おすすめ記事を書くのなら、それなりにキチンと調べろということです。

これらの記事を読む限り、自転車旅の経験を活かし、次につなげたいわけではなく、
PVを稼ぎたいだけでしょう。

どちらの記事も、自転車をおすすめする評価軸がありません。
それぞれの自転車のメーカーホームページから、ひっぱてきた文章を書いているだけです。
だからこれらの記事を読んでも、こんな自転車があるんだと分かる程度で、
どの自転車がより自分にあっているかなんてわからないのです。

全く無意味な記事と言っていいでしょう。

ネットの記事なんていうのは、紙メディアのように編集者の目というのがないので、
適当な情報が垂れ流されてしまうのは仕方がありません。
残念ながら、あとは受け取る側次第ということでしょう。

でも、こんな記事が検索の上位に来てしまうのが、悲しいと思うのです。
さらに怒りと悲しみは、ここからです。

「BICYCLE POST」というサイトについてです。

日本一周してみたいと思ったことはありませんか? 車やバイク、電車で一周するのも良いですが、自転車を使って自分の脚で日本一周するのも楽しそうですよね。 しかし自転車といっても、ママチャリやロードバイクなど、種類は様々です。 どのような自転車が、日本一周旅行に向いているのでしょうか。…
自転車で長期間の旅に出ようというとき、「どのメーカーの自転車に乗っていこうか」が一番の悩みどころ。 選ぶ車種によって半年間〜数年間の旅の快適性が変わってくるので、モデル選択は何よりも重要だと言えます。

もうひとつが、これ。

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありません。 ただ、自転車と言ってもママチャリやロードバイク、クロスバイクにランドナーなど様々な種類があります。 種類や各モデルによって、旅にかかる時間も疲労も、快適かどうかも大きく変わります。 そこで今回は、日本一周におすすめの自転車をご紹介します。…
自転車で日本一周すると聞くと、「やたらと費用がかかってしまうのではないか」「自転車を用意するのが大変なのではないか」と心配される方も多いのではないでしょうか。 しかし、今のご時世「ママチャリ」ですら日本一周を達成出来る時代なので、ぶっちゃけ安価なチャリでも日本一周することは出来ます!ただし快適かどうかは別の話。

読んでいただくとわかりますが、丸パクリです。
「NATURE DRIVE」の記事が2016年に書かれているのに対して、
「BICYCLE POST」のものは2017年。

「BICYCLE POST」は”スポーツ自転車専門店POWER KIDSと専属ライターが、
サイクルライフを豊かにするコンテンツを発信するWEBマガジン”とのことです。

昨年末に問題になったDeNAのキュレーションメディア「WELQ(ウェルク)」などと同じように
記事を量産するために、このようなことをしているのでしょうか。

元の記事の内容がいい加減な上に、さらに同じ内容の記事が作られ、拡散されるという…

わからないことや知りたいことがあれば、googleで検索というのが、今や一般的であります。
それがこんな結果が出てくるということです。

「自転車 日本一周 おすすめ」「日本一周 自転車 おすすめ」で検索しても、
正確な情報に、なかなかたどり着けないということです。
これは本当に悲しいことなのです。

さいごに日本一周用にツーリング自転車を探している方に、おすすめのサイトを載せておきます。

・自転車旅行に行こう!

自転車旅行用の自転車の選び方を初心者向けに解説しています。

2013年の記事で少し古くはなりますが、内容としては今でも十分通用します。
自転車のジャンル分けが、きっちりと出来ております。
アラヤのフェデラルを”ランドナーに近い自転車として”と紹介しているところなど、
ランドナーことをよくわかっているなと思わせてくれます。

また、自転車旅行に適した自転車として、タイヤの太さや低ギア比もしっかりと解説してくれてます。
クロスレシオ(正確に書くとクロウスレシオ)に関しては、言いたいことは理解できますが、
市販されている自転車では、難しいと思います。

日本一周用ではなく、自転車旅用の記事なので、そのあたりを勘案して読んでいただければと。

・ツーリングバイクを探してるんですがどう選んだらいいですか?

Y's Road 環八R1店、売り場面積350坪の日本最大級のプロショップです。通常見ることができない超高額車などオールジャンルで展示もしております。ウエア、シューズ、ヘルメットなどの安全・快適アイテムも充実。特にロードに力を入れており、サンデーライドやスピニングスクールなどを随時開催しております。また、さまざまなジャ...

前回も書いたのですが、ツーリング車の選び方を「スピード」←→「積載量」、
「STI」←→「Wレバー」の2軸で解説しております。これがなかなか、わかりやすい。
Y’sRoadというスポーツサイクルショップの店員の方が書いたものです。
2015年の記事なので、例としてあげられている自転車に今は無いものもありますが、
グレジャニやGMT、フェデラルなど現行のモデルもたくさん挙げられています。

・きゅうべえsports

ツーリングバイクの特徴・選び方を図やイラストを用いて詳しく解説。

こちらは、自称”敷居の低い”スポーツサイクル専門店「きゅうべえsports」のホームページです。
ツーリング自転車の特徴・選び方から、更に細かくランドナー/スポルティーフ/ヘビーツーリングの
特徴と選び方を解説しています。

・サイクルショップヨシダ

こちらも自転車の販売で有名なネットショップのホームページです。
自転車に対する説明はないですが、取り扱っているブランドが多いので、
色々なツーリング自転車を見ることが出来ます。

自転車のスペックもメーカーホームページからきっちりと写してありますし、
自転車の写真も大きく表示できます。
下手なまとめサイトのリンクだらけのページよりも、
余計な解説は無しで自転車を探すなら、こちらが最強ではないかと思います。

これらは「ツーリング自転車 おすすめ」で検索したら、でてきます。
それでも上位には、アレやコレがでているのですが。残念。

ではでは。

ブログ村に登録しています。
下のバナーをクリックしていただけると、
ランキングが上がります。

よろしかったらクリックしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

日本一周後のカテゴリーがあったので、こちらも登録しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周後・体験談へ
にほんブログ村

どちらをクリックしていただいても、かまいません。
よろしくお願いします。

もう一つ最後に、この記事が一番、あぶない「自転車 日本一周 おすすめ」記事かもしれません。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする